ポール・ウォーカー ポール・ウォーカー

  • 出身地:アメリカ・カリフォルニア州
  • 生年月日:1973年9月12日
  • 没年月日:2013年11月30日

ポール・ウォーカーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ワイルド・スピード SKY MISSION

    大迫力のカーアクションシリーズ第7弾。本作では東京、アブダビ、ロサンゼルス、さらに空を舞台に駆け廻り、前作「ワイルド・スピード EURO MISSION」で一行が衝突した国際犯罪組織を率いるオーウェン・ショウの復讐に燃える兄イアンとの戦いが描かれる。監督は「ソウ」のジェームズ・ワン。撮影期間中の2013年11月に亡くなったポール・ウォーカーの収録済みの映像を活かし、ポールの弟らを代役に立て追加撮影がされた。ほか「リディック」のヴィン・ディーゼル、「ヘラクレス」のドウェイン・ジョンソン、「マチェーテ」のミシェル・ロドリゲスらお馴染みのメンバーに加え、敵役として「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムが出演している。
    80
  • フルスロットル

    リュック・ベッソン製作・脚本の「アルティメット」を英語リメイクしたアクション。2013年に急逝したポール・ウォーカー(「ワイルド・スピード」シリーズ)最後の主演作。「アルティメット」にも出演したパルクールの創始者ダヴィッド・ベルが共演。監督は「96時間/リベンジ」などで編集を担当したカミーユ・ドゥラマーレ。
    70
  • ハリケーンアワー

    2005年8月、ハリケーン“カトリーナ”に襲われたニューオーリンズを舞台に、生まれたばかりの我が子を守ろうとする父親の姿を描いたドラマ。主演は2013年11月に事故死したポール・ウォーカー(「ワイルド・スピード」シリーズ)。「遊星からの物体X ファーストコンタクト」の脚本家エリック・ハイセラーの初監督作品。
    70
  • スティーラーズ(2013)

    「ワイルド・バレット」のポール・ウォーカーとウェイン・クラマー監督が再びタッグを組んだ異色アクション。1軒の質屋を舞台に、運命を狂わされていく男たちを描く。出演は、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのイライジャ・ウッド、「ワイルド・シングス」のマット・ディロン、「処刑人」のノーマン・リーダス。
    70
  • ワイルド・スピード EURO MISSION

    世界中で大ヒットした人気カーアクションシリーズ第6弾。ヨーロッパを舞台にした巨大犯罪組織とFBIの戦いを、スケールアップしたアクションとともに描く。出演は「リディック」のヴィン・ディーゼル、「G.I.ジョー バック2リベンジ」のドウェイン・ジョンソン、「南極物語」(06)のポール・ウォーカー。
    80
  • 逃走車

    全編“車載カメラ”の視点で構成されたカーアクション。ヨハネスブルグを舞台に、国家ぐるみの犯罪に巻き込まれた男の逃走を描く。監督・脚本は、南アフリカで多くのCMを手掛けたムクンダ・デュウィル。出演は「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー、歌手・詩人としても活躍するナイマ・マクリーン。
    60
  • テイカーズ

    ゴージャスな若き犯罪者グループの姿を描くサスペンス・アクション。監督は『ロックダウン』のジョン・ラッセンホップ。出演は「ストンプ・ザ・ヤード」のクリス・ブラウン、「リセット」のヘイデン・クリステンセン、「アーマード 武装地帯」のマット・ディロン、「セントアンナの奇跡」のマイケル・イーリー、「マイティ・ソー」のイドリス・エルバ。
    70
  • ワイルド・スピード MEGA MAX

    前作「ワイルド・スピード MAX」の後日談を描くシリーズ第5作。お尋ね者の二人の男が裏社会を牛耳る黒幕から大金を奪う計画を実行する。監督は「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のジャスティン・リン。出演は「ワイルド・スピード MAX」のヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、「ファースター 怒りの銃弾」のドウェイン・ジョンソン。
    80
  • ワイルド・スピード MAX

    ストリートレースを舞台に、ドライバーたちの戦いと友情を描いたカーアクションシリーズ第四弾。「リディック」のヴィン・ディーゼル、「父親たちの星条旗」のポール・ウォーカー、「アバター」のミシェル・ロドリゲス、「テキサス・チェーンソー ビギニング」のジョーダナ・ブリュースターら、第一作のキャストが再集結した。
    80
  • ワイルド・バレット

    殺人に使われた1丁の銃と失踪した少年を巡って、マフィアや警官が入り乱れてバトルロイヤルを繰り広げるサスペンス・アクション。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー、「ディパーテッド」のヴェラ・ファミーガ、「ウルトラヴァイオレット」のキャメロン・ブライト。監督は、「The Cooler」のウェイン・クラマー。
  • ボビーZ

    元海兵隊員の囚人が伝説のサーファーになりすまし、次々と襲いかかる罠に立ち向かうアクション映画。マリン・スポーツの醍醐味も満載。監督は「2 days トゥー・デイズ」のジョン・ハーツフェルド。出演は「ワイルド・スピード」のポール・ウォーカー、「マトリックス」のローレンス・フィッシュバーン。
    80
  • 父親たちの星条旗

    一枚の戦場写真が人々の運命を翻弄していく悲劇を描いた戦争人間ドラマ。監督は「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド。キャストはライアン・フィリップ(「クルーエル・インテンションズ」)、ジェシー・ブラッドフォード(「プール」)、アダム・ビーチ(「スモーク・シグナルズ」)と若手実力派が揃った。同じ戦闘を日本軍の側から描いた「硫黄島からの手紙」(イーストウッド監督)と共に“硫黄島二部作”となる。
    80
  • 南極物語(2006)

    1983年に公開され、当時の映画興行記録を塗り替える一大ブームを巻き起こした高倉健主演の「南極物語」をディズニーがリメイク。南極に取り残された8匹の犬が大自然と闘いながら生き延びる姿を描く動物ドラマ。監督は「生きてこそ」のフランク・マーシャル。出演は「イントゥ・ザ・ブルー」のポール・ウォーカー。
    80
  • NOEL ノエル(2004)

    クリスマス・イヴという特別な日に、それぞれの事情で孤独を抱えた人々にささやかな奇跡が訪れるさまを描いた心暖まるアンサンブル劇。何かとうまくいかない人生のなかで他人への思いやりを忘れないローズには、アカデミー賞女優スーザン・サランドン。婚約者からの嫉妬に悩むニーナには、今やハリウッドを代表する若手女優に成長したペネロペ・クルス。
  • イントゥ・ザ・ブルー

    美しいカリブの海を舞台に欲望とロマンがスリリングに交錯するアドベンチャー・サスペンス。 「ファンタスティック・フォー」「シン・シティ」で日本でも人気急上昇、ハリウッドで今一番ホットな若手女優ジェシカ・アルバの主演作。共演に「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカーを迎え、過酷な水中アクションやサメとの絡みシーンなど、できるだけスタントを使わずに迫力ある演技を見せる。
  • タイムライン

    『ジュラシック・パーク』『ライジング・サン』のベストセラー作家マイケル・クライトンの、全米で150万部を売り上げたメガヒット小説を映像化。最先端のハイテク理論と血湧き肉躍るスペクタクルを融合した、SFエンターテインメント。監督は、「リーサル・ウェポン」シリーズの名匠リチャード・ドナー。「ワイルド・スピード」の新人ポール・ウォーカーが主人公を演じる。
    70
  • ワイルド・スピードX2

    ストリート・レースに燃える若者たちを描いたカー・アクション映画の第2弾。監督は「シャフト」のジョン・シングルトン。撮影は「ラッシュアワー2」のマシュー・F・レオネッティ。音楽は「シャフト」「イナフ」のデイヴィッド・アーノルド。出演は前作に続きポール・ウォーカー、シンガー出身のタイリース、「トレーニング・デイ」のエヴァ・メンデス、「ジャスティス」のコール・ハウザー、モデル出身のデヴォン青木ほか。
    80
  • ロードキラー

    恐怖のドライヴ・ツアーを描くロード・スリラー。監督は「ラウンダーズ」のジョン・ダール。製作・脚本は「アルマゲドン」などの脚本家J・J・エイブラムズ。撮影は「アンフォゲタブル」のジェフリー・ジュア。音楽は「ザ・ウォッチャー」のマルコ・ベルトラミ。出演は「ハムレット」(00年)のスティーヴ・ザーン、「ワイルド・スピード」のポール・ウォーカー、「愛ここにありて」のリリー・ソビエスキーほか。
    70
  • ワイルド・スピード

    スピードの限界に命を賭ける若者たちを描いたカー・アクション。監督は「ザ・スカルズ/髑髏〈ドクロ〉の誓い」のロブ・コーエン。音楽は「ドリヴン」のBT。出演は「ザ・スカルズ/髑髏〈ドクロ〉の誓い」のポール・ウォーカー、「ピッチブラック」のヴィン・ディーゼル、「ガールファイト」のミシェル・ロドリゲス、「姉のいた夏、いない夏」のジョーダナ・ブリュースター、「ヒマラヤ杉に降る雪」のリック・ユーン、「遠い空の向こうに」のチャド・リンドバーグ、「追撃者」のジョニー・ストロングほか。
    80
  • ザ・スカルズ 髑髏の誓い

    国をも動かす巨大秘密結社にたった一人立ち向かう青年の戦いを描いたサスペンス・スリラー。ジョシュア・ジャクソン、ポール・ウォーカーら若手スター候補が多数出演。
    80
  • シーズ・オール・ザット

    黒縁メガネの冴えない女の子が美しく変身していく様を描いたラブコメディ。監督はロバート・イスコーヴ。出演は、レイチェル・リー・クック、「ラストサマー」のフレディ・プリンツJr.。
  • バーシティ・ブルース

    『陽だまりのグラウンド』のブライアン・ロビンス監督による青春ドラマ。高校のアメフトチームの鬼コーチと、彼に反発する選手たちの人間群像をロックミュージックと共に描く。出演はジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、ジョン・ボイトほか。
    80
  • 殺人サイボーグ リタリエーター

    「禁断の惑星エグザビア」のアラン・ホルツマン監督のアクション映画。
  • L project

    「ワイルド・スピード」シリーズのポール・ウォーカー主演によるサイコロジカル・スリラー。犯罪から足を洗い、突然解雇を言い渡されたことから強盗の誘いに乗ってしまったベンは、死刑を執行される。だが、目覚めると第二の人生を与えられていて…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ジョン・グレン 原作:エヴァン・アストロスキー 音楽:ブライアン・タイラー 出演:ポール・ウォーカー/パイパー・ペラーボ/ランベール・ウィルソン/ボブ・ガントン

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません