柴咲コウ シバサキコウ

  • 出身地:東京都豊島区
  • 生年月日:1981/08/05

略歴 / Brief history

東京都豊島区の生まれ。本名・山村幸恵。14歳の時に池袋でスカウトされたのをきっかけに、高校入学後の16歳から芸能活動を始める。かわかみじゅんこの漫画『ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット』に登場するキャラクター・柴崎紅からとった“柴咲コウ”を芸名として、1998年にTBSの番宣番組『倶楽部6』でデビュー。99年に日本リーバ(現・ユニリーバ・ジャパン)の『ポンズ・ダブルホワイト』のCMに出演して、その凛とした美貌で注目される。女優デビューは、同年の日本テレビの深夜ドラマ『出歯カメ』。さらにTBS『L×I×V×E』『コワイ童話/ラプンツェル』99に出演後、同局『悪いオンナ/地獄へのカクテル』99の女バーテンダー役でドラマ初主演も果たした。翌2000年には廣木隆一監督「東京ゴミ女」の、中村麻美演じる主人公の同僚で尻軽なウエイトレス・京子役で映画初出演。続いてトニー・レオン主演の香港映画「東京攻略」00を経て、深作欣二監督「バトル・ロワイアル」00に出演して脚光を浴びる。無人島に送り込まれたクラスメイトを平然と殺戮する不良グループのリーダー・相馬光子役を演じて、圧倒的な存在感を放った。翌01年には行定勲監督「GO」に出演。金城一紀の直木賞小説の映画化で、アイデンティティに目覚めてゆく在日韓国人三世の高校生(窪塚洋介)と恋をする美少女・桜井を好演。キネマ旬報賞をはじめ4つの助演女優賞と、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞など7つの新人賞を獲得した。この年は大森一樹監督のコメディ「走れ!イチロー」、鶴田法男監督のホラー「案山子/KAKASHI」にも助演。02年にも田中光敏監督「化粧師」、SABU監督「DRIVE」、二階健監督「Soundtrack」と3本の出演作が公開されるなど好調が続き、03年の塩田明彦監督「黄泉がえり」では、カリスマ的な人気を誇る歌手・RUI役で出演。作品自体も興行収入32億円のヒットとなったほか、劇中の“RUI”名義でリリースした主題歌『月のしずく』も売上げ100万枚を突破し、歌手としてもブレイクする。この時期はテレビドラマでも活躍し、日本テレビ『レッツ・ゴー!永田町』01をはじめ、TBS『夢のカリフォルニア』02、フジテレビ『空から降る一億の星』『恋愛偏差値/第3章・彼女の嫌いな彼女』02にレギュラー出演。03年のTBS『GOOD LUCK!!』では男勝りの航空整備士を演じて木村拓哉と共演し、最高視聴率37%を記録するヒットとなった。また同年のフジテレビ『Dr.コトー診療所』に、沖縄の離島の診療所に派遣された医師(吉岡秀隆)の片腕となる看護師・星野彩佳役で出演。こちらも04年にスペシャル版、06年に続編が作られる人気作となる。聴覚障害を持つ女子大生を演じたTBS『オレンジデイズ』04もヒットし、お茶の間での認知度も飛躍的に高まった。映画では、04年に三池崇史監督のホラー「着信アリ」で主演。また、再び行定監督と組んだ片山恭一のベストセラー小説の映画化「世界の中心で、愛をさけぶ」04では、今は亡き初恋の人を忘れられない主人公(大沢たかお)を一途に想う映画オリジナルのヒロイン役で出演し、こちらも興収85億円の大ヒットに貢献した。山田孝之主演による同じ原作のテレビドラマ版(TBS、05年)では主題歌『かたちあるもの』を担当し、60万枚のセールスを記録。以後も女優業と並行して、自身の出演作品やその他の映画・ドラマで主題歌を多数手がけ、歌手としても安定した人気を誇っている。05年の犬童一心監督「メゾン・ド・ヒミコ」では、お金目当てでゲイのための老人ホームで働くことになる無愛想な女事務員役に、持ち前の美貌を封印したノーメイクで挑み、自分を捨てた父親(田中泯)への反発や、ホームで暮らす男性たちとの触れ合い、父の恋人(オダギリジョー)への淡い恋心などの繊細な感情をリアルに表現。山路ふみ子映画賞の最優秀女優賞を受賞した。西谷弘監督「県庁の星」06では織田裕二演じるエリート公務員の派遣先となるスーパーのパート店員、樋口真嗣監督「日本沈没」06ではハイパーレスキューの隊員、中島哲也監督「嫌われ松子の一生」06では、恋人とともに主人公・松子(中谷美紀)の波乱万丈な一生を追う女性・明日香をそれぞれ演じて印象を残す。07年は手塚治虫原作、塩田明彦監督の「どろろ」で、主人公・百鬼丸(妻夫木聡)につきまとう男装の野盗・どろろ役。水田伸生監督「舞妓Haaaan!!!」では、舞妓マニアの男(阿部サダヲ)に振られた腹いせに舞妓を目指すヒロインをコミカルに演じた。また同年のフジテレビ『ガリレオ』では新人女刑事・内海薫役で福山雅治と共演したほか、福山とのユニット“KOH+”名義の主題歌『KISSして』もヒット。翌08年公開の映画版「容疑者Xの献身」でも引き続き内海薫を演じた。本広克行監督「少林少女」08では、少林寺拳法がベースの激しいアクションをスタントなしでこなす熱演を披露。富永まい監督「食堂かたつむり」10を経て、男女の役割が逆転した世界を描く金子文紀監督の異色の時代劇「大奥」10では、男装の女将軍・徳川吉宗に扮した。11年には織田裕二主演のフジテレビ『外交官・黒田康作』にレギュラー出演するなど、同時代の女優陣のトップを走る活躍を続けている。

柴咲コウの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 燃えよ剣

    新選組副長・土方歳三を軸に激動の幕末を描いた司馬遼太郎による歴史小説を、「関ヶ原」の原田眞人監督・岡田准一主演のコンビで映画化。武州多摩のならず者だった土方は同志と共に京都に向かい、市中を警護する新選組を結成。しかし時代は倒幕へと傾き……。新選組局長近藤勇を鈴木亮平が、土方の思い人・お雪を柴咲コウが、新選組一番隊組長・沖田総司を山田涼介が演じる。また、衣装デザインを原田作品はじめ数々の日本映画・ドラマに携わってきた宮本まさ江が、ヘアー&メイクアップを「沈黙-サイレンス-」などハリウッドで活躍するノリコ・ワタナベが担当。
  • 神在月のこども

    “島国の根”と書く神話の地、島根・出雲を目指して駆ける少女の成長を描いた劇場オリジナルアニメ。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議“神議り(かみはかり)”の云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして“ご縁”という価値観が描かれる。主人公は走ることが大好きな12歳の少女カンナ。母の死をきっかけに走ることが嫌いになってしまった彼女だったが、在る月、一羽のうさぎと一人の少年に誘われ、まわりはじめた神々の歯車によって、出雲へ向けて走り出す。声の出演は、主人公カンナに蒔田彩珠、神使の兎に坂本真綾、鬼の少年に入野自由。日本各地で『神無月(かんなづき)』と呼ばれる10月が、出雲地方では『神在月(かみありづき)』と呼ばれる由縁である八百万(やおよろず)の神々の会合がファンタスティックに描かれるなど、新しくも懐かしいロードムービーが誕生した。
  • クルエラ

    ディズニーアニメ「101匹わんちゃん」の悪役クルエラの誕生秘話を「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン主演で実写映画化。70年代のロンドンでデザイナーを目指す少女エステラ。カリスマ的デザイナー、バネロスとの出会いが彼女の運命を大きく変えていく。出演は、「ウォルト・ディズニーの約束」のエマ・トンプソン、「リチャード・ジュエル」のポール・ウォルター・ハウザー、「キングスマン」のマーク・ストロング。監督は、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のクレイグ・ギレスビー。
  • ねことじいちゃん

    動物写真家の岩合光昭が、落語家・立川志の輔を主演に迎え、同名人気コミックを実写映画化。猫と老人ばかりの小さな島。飼い猫タマと暮らす70歳の大吉は、幼なじみの巌や気心知れた友人たちと共にのんびり毎日を過ごしていたが、ある日、突然倒れてしまい……。共演は「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の柴咲コウ、「きみの鳥はうたえる」の柄本佑、「ぼくのおじさん」の銀粉蝶、「菊とギロチン」の山中崇、「恋は雨上がりのように」の葉山奨之、「家路」の田中裕子、「深夜食堂」シリーズの小林薫。脚本を「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の坪田文、音楽を「孤狼の血」の安川午朗が務める。
    90
    • 可愛い
    • ほのぼのとした
  • 信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)

    2014年にテレビドラマ化された石井あゆみ原作漫画の劇場版。タイムスリップしてしまった高校生サブローが、織田信長と入れ替わり戦国時代を生き抜いていく。安土城を築いたサブローは、“本能寺の変”が起きるその日が近付いていることに気付き……。
  • 喰女 クイメ

    舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。
  • 青天の霹靂

    「陰日向に咲く」の原作者でマルチタレントとして活躍する劇団ひとりが、自らの小説を映画化。天涯孤独で売れないマジシャンが40年前の浅草にタイムスリップし、若き日の両親と出会い自分の出生の秘密を知る。出演は「探偵はBARにいる」の大泉洋、「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の柴咲コウ、「八日目の蝉」の劇団ひとり。
    90
  • 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

    1994年より『週刊少年サンデー』(小学館・刊)に連載され、1996年からはテレビアニメが放送開始、長きに渡り人気を博す『名探偵コナン』のアニメ映画第18作目。本作ではコナンらがアメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズの絡んだ狙撃事件に遭遇する。監督は第15作目「沈黙の15分(クォーター)」、第16作目「11人目のストライカー」および第17作目「絶海の探偵(プライベート・アイ)」に続き静野孔文。脚本は、『太陽にほえろ!』など数々の名作ドラマを手がけ、アニメ版『名探偵コナン』のメインライターを務める古内一成。声の出演は「魔女の宅急便」の高山みなみ、「ママレード・ボーイ」の山崎和佳奈、「ワンダフルワールド」の小山力也ほか。「名探偵コナン」連載20周年記念作品。
  • 47RONIN

    忠臣蔵をベースにした3Dアクション超大作。監督は、本作がハリウッド初監督となるカール・リンシュ。脚本は、「ワイルド・スピード」シリーズのクリス・モーガン。出演は、「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーヴス、「ラストサムライ」の真田広之、「バトルシップ」の浅野忠信、「パシフィック・リム」の菊地凛子。2D/3D同時公開。
    50
  • 名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)

    『週刊少年サンデー』(小学館・刊)に長年連載されている青山剛昌・作『名探偵コナン』。テレビアニメも人気を博している同作の劇場版第17作目。本作ではコナンらが体験乗船する海上自衛隊のイージス艦に某国のスパイが潜入する。製作には防衛省・海上自衛隊が全面協力している。監督は第15作目「沈黙の15分(クォーター)」、第16作目「11人目のストライカー」に続き静野孔文。脚本はTVドラマ『ATARU』や『相棒』シリーズの数々の回を担当した櫻井武晴。「魔女の宅急便」の高山みなみ、「ママレード・ボーイ」の山崎和佳奈、「ワンダフルワールド」の小山力也らテレビアニメ版おなじみの声優陣が集結。TMS/V1Studioがアニメーション制作にあたった。読売テレビ放送開局55周年記念作品。
  • すーちゃん まいちゃん さわ子さん

    ほのぼのとした絵柄ながらハッとさせられる言葉で女性に人気の作家・益田ミリの四コマ漫画『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎・刊)が実写映画化。介護や仕事、恋愛などそれぞれに事情を抱え、淡々と過ぎゆく日常にふと不安をよぎらせながら、それでも小さな幸せを見つける女性3人組を描く。監督はドキュメンタリー「SOUL RED 松田優作」や徳島の女性たちが葉っぱをビジネスに昇華させた実話を基にした劇映画「人生、いろどり」の御法川修。「食堂かたつむり」の柴咲コウ、「源氏物語 千年の恋」の真木よう子、「キャタピラー」の寺島しのぶが自然体で親近感のわく3人組を演じる。他、「ヒミズ」の染谷将太、「かぞくのくに」の井浦新らが出演。
    90
  • 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

    入間人間の同名ライトノベルを原作に、「桃まつり presents kiss! 弐のkiss あとのまつり」の瀬田なつきが監督するラブストーリー。かつて誘拐監禁事件の被害者同士だった幼なじみの男女の純粋で残酷な恋愛模様を綴る。出演は「ニュータイプ ただ、愛のために」の大政絢、「東京島」の染谷将太、「さんかく」の田畑智子、「FLOWERS フラワーズ」の鈴木京香など。
    60
  • バトル・ロワイアル3D

    高見広春の同題小説を映画化し、2000年に大ヒットしたバイオレンス・アクションを3D化。無人島で殺し合いをすることになった中学生たちの死闘と運命を描く。監督は「おもちゃ」の深作欣二。出演は、「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の藤原竜也、「最終兵器彼女」の前田亜季、「アウトレイジ」のビートたけし。
  • 大奥(2010)

    一人の女将軍に3000人の美しき男たちが仕える男女逆転の大奥を描いたよしながふみの同名コミックを原作に、「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の金子文紀監督が映画化。出演は「ヘブンズ・ドア」の二宮和也、「食堂かたつむり」の柴咲コウ、「誰かが私にキスをした」の堀北真希、「ひゃくはち」の中村蒼、「のんちゃんのり弁」の倍賞美津子など。
  • 食堂かたつむり

    女性読者の支持を集め、26万部を超えるベストセラーとなった小川糸の同題小説を映画化。母と娘の確執と和解を中心に、人々に幸せをもたらす不思議な食堂をファンタジックなタッチで描いたヒューマン・ドラマ。監督は、「ウール100%」の富永まい。出演は、「容疑者Xの献身」の柴咲コウ、「おくりびと」の余貴美子。
  • 映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

    1980年から続く「映画ドラえもん」シリーズ第29作で、1981年公開の第2作「のび太の宇宙開拓史」のリメイク。ドラえもん役の水田わさび、のび太役の大原めぐみらレギュラー声優陣に加え、「しゃべれども しゃべれども」の香里奈、「パコと魔法の絵本」のアヤカ・ウィルソンがゲスト出演。主題歌を柴崎コウが歌う。
  • 容疑者Xの献身

    天才物理学者が、元同級生の天才数学者が考案した殺人事件のトリックに挑む。直木賞を受賞した東野圭吾の本格ミステリー小説を映画化。先行して「ガリレオ」としてテレビドラマ化されていたキャスティングがそのまま踏襲され、「ガリレオ」こと天才物理学者の湯川学に映画の主演は「ほんの5g」以来20年ぶりとなる福山雅治、女刑事の内山薫に「日本沈没」「どろろ」の柴咲コウが演じる。映画版のオリジナル・キャストに「クライマーズ・ハイ」の堤真一と、「フラガール」の松雪泰子。脚本は「海猿」シリーズの福田靖、監督は「県庁の星」の西谷弘。
    90
  • 少林少女

    「踊る大捜査線」シリーズの亀山千広プロデューサーと本広克行監督のコンビが、「少林サッカー」の製作・脚本・監督・主演を務めたチャウ・シンチーとタッグを組んだアクション・エンターテインメント。少林拳の普及を目指す少女がラクロスに出会い、チームプレイの重要さを知って成長するまでの姿を描く。ヒロインは、「県庁の星」「どろろ」の柴咲コウ。そして、「戦国自衛隊1549」の江口洋介、「あぶない刑事」シリーズの仲村トオル、「妖怪大戦争」の岡村隆史に加え、香港映画界からキティ・チャン、ラム・チーチョン、ティン・カイマンらが参加している。
    0
  • 舞妓Haaaan!!!

    舞妓に夢中の男が、京都で引き起こす珍騒動を描いたコメディ。出演は「木更津キャッツアイ」シリーズの阿部サダヲ、「地下鉄(メトロ)に乗って」の堤真一、「どろろ」の柴咲コウ。監督は「花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~」の水田伸生。脚本は「木更津キャッツアイ」シリーズの宮藤官九郎。
    80
  • そのときは彼によろしく

    幼馴染だった3人の男女が、それぞれの夢の途上で再会するも、ある運命が待ち受けているラブストーリー。『いま、会いにゆきます』『ただ、君を愛してる』の市川拓司の原作をドラマ『セーラー服と機関銃』(06)の平川雄一朗監督が映画化。出演は「涙そうそう」の長澤まさみ、「手紙」の山田孝之、「タイヨウのうた」の塚本高史ほか。
    80
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

    人気漫画「北斗の拳」の劇場版アニメーション作品。北斗ワールドには数々の謎が存在するがその謎を解き明かし、より壮大なサーガとするのが「真救世主伝説 北斗の拳」五部作で、本作はその第三部となる。声の出演者として、阿部寛、宇梶剛士、石田ゆり子らが名を連ねている。監督は「レイアース」の平野俊貴。
  • どろろ

    実の父によってその身体を魔物への捧げものとされてしまった青年・百鬼丸が、身体を取り戻すべく魔物退治の旅をする。ワイヤーアクションやVFXを駆使して描かれる冒険活劇。監督は塩田明彦。原作は手塚治虫の同名漫画。脚本はNAKA雅MURA。主演は妻夫木聡、柴咲コウ。
    60
  • 日本沈没(2006)

    空前のベストセラーとなり、映画版も大ヒットした小松左京の近未来パニックSFを33年ぶりにリメイク。最新CG映像が駆使された本作は、特技監督として「平成ガメラ」シリーズなどに関わ り、「ローレライ」で監督デビューを果たした樋口真嗣が手掛けた。主演は、「黄泉がえり」の草なぎ剛と「県庁の星」の柴咲コウ。
  • 嫌われ松子の一生

    山田宗樹のベストセラー小説を、「下妻物語」の中島哲也が映画化。 愛情を求め続けた松子の波乱万丈の生涯を、CG、アニメ、ミュージカルなどの映像テクニックと音楽を駆使して描く。松子に「電車男」 の中谷美紀、甥の笙に「サマータイムマシーン・ブルース」の瑛太、松子の運命を狂わせる龍に「雪に願うこと」の伊勢谷友介。
  • 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

    非業な宿命を背負う三兄弟の葛藤と闘いを描いた人気漫画『北斗の拳』が、凄絶で深い愛に彩られたエピソードを加え新たに生まれ変わったバトル・アニメーション。監督は「デジモンフロンティア」の今村隆寛。声優は、「劇場版トリック2」の阿部寛、「お父さんのバックドロップ」の宇梶剛士、「メゾン・ド・ヒミコ」の柴咲コウ。
  • 県庁の星

    キャリアも立場も異なるエリート公務員とスーパーの女性パート店員が、衝突を繰り返しつつも、やがて心を通わせていく姿を描いた青春コメディ。監督は、本作が初の劇場用作品となる『エンジン』の西谷弘。桂望実による同名小説を基に、「春の雪」の佐藤信介と西谷監督が共同で脚色。撮影を「THE 有頂天ホテル THE WOW-CHOTEN HOTEL」の山本英夫が担当している。主演は、「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の織田裕二と「メゾン・ド・ヒミコ」の柴咲コウ。
    80
  • この胸いっぱいの愛を

    20年前にタイムスリップした世界で、かつて難病で他界した憧れの女性の命を救おうと腐心する若者の姿を描いたラヴ・ファンタジー。監督は「カナリア」の塩田明彦。梶尾真治による『クロノス・ジョウンターの伝説』に収められた『鈴谷樹里の軌跡』ほかの原作短篇を基に、「@ベイビーメール」の鈴木謙一、「さよならみどりちゃん」の渡辺千穂、塩田監督が共同で脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「海猿 UMIZARU」の伊藤英明と「着信アリ2」のミムラ。
    75
    • 感動的な
    • 泣ける
    • 可愛い
  • メゾン・ド・ヒミコ

    ファンタジックな世界観と普遍的でリアルな恋愛を描き、絶賛された「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督×渡辺あや脚本コンビの第2弾。癌に冒されている父親とその恋人である若い男、そしてゲイである父を嫌う娘が織り成す交流を描く。出演は、舞踏家・田中泯、人気俳優のオダギリ ジョーと柴咲コウ。音楽を細野晴臣が担当する。
    80
  • 着信アリ2

    携帯電話を通じて広がる呪いの恐怖を描いたホラーの第2作。監督は「ゴーストシャウト」の塚本連平。秋元康の原作を下敷きに、「着信アリ」の大良美波子が脚本を執筆。撮影を「雨鱒の川 River of first love」の喜久村徳章が担当している。主演は、「海猫」のミムラと「Believer」の吉沢悠、「とらばいゆ」の瀬戸朝香。
    60
  • 世界の中心で、愛をさけぶ

    高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛ドラマ。監督は「きょうのできごと a day on the planet」の行定勲。片山恭一による同名小説を基に、「ユーリ」の坂元裕二と「Seventh Anniversary」の伊藤ちひろ、行定監督が共同で脚色。撮影を「hana & alice 〈花とアリス〉」の篠田昇が担当している。主演は、「hana & alice 〈花とアリス〉」の大沢たかおと「伝説のワニ ジェイク」の柴咲コウ、「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の長澤まさみ、映画初出演の森山未來。
    70
  • 伝説のワニ ジェイク

    2001年に放映された、心にエアポケットが出来た時に現れると言うワニを目撃した世界各地の人々の証言をルポルタージュ風に綴ったテレビ・シリーズを、劇場用に再編集したドラマ。監督は「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心。シャノン・K・イヌヤマ(犬童一心、山草鶉子)による同名絵本を基に、犬童監督自身が脚色。撮影を「ジョゼと虎と魚たち」の蔦井孝洋が担当している。主演は「この世の外へ クラブ進駐軍」の村上淳。
  • 着信アリ

    携帯電話で聞き覚えの無い着信音を聞いた人物が次々と謎の怪死を遂げる謎を追う女子大生を描く心霊ホラー。秋元康の原作を三池崇史が監督。出演は柴咲コウ、堤真一、吹石一恵、岸谷五朗ほか。
    70
  • 黄泉がえり

    死者が蘇る不思議な現象の顛末を描いたヒューマン・ファンタジー。監督は「害虫」の塩田明彦。梶尾真治による同名小説を基に、「金髪の草原」の犬童一心と「RED SHADOW 赤影」の斉藤ひろし、塩田監督が共同で脚色。撮影を「害虫」の喜久村徳章が担当している。主演は「降霊」の草なぎ剛と「ビッグ・ショー!ハワイに唄えば」の竹内結子。
  • DRIVE

    前作「MONDAY」でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞し、一躍世界の注目の的となったSABU監督の第5作目。出演は、SABU映画常連の堤真一、大杉漣、寺島進、安藤政信に加え、柴咲コウ、筧利夫。
  • Soundtrack

    最愛の妹を亡くしたヴァイオリニストと、彼の前に現れた謎めいた美少女の魂の交流を描いたファンタジー。監督・脚本は、ラルク・アン・シエルなどのプロモーション・ヴィデオなどを手がけてきた二階健で、本作が初の劇場用作品となる。撮影は「すばらしき臨終」の中山光一。主演は、元LUNA SEAのSUGIZOと「化粧師 KEWAISHI」の柴咲コウ。HD24Pからのキネコ。
  • 化粧師 KEWAISHI

    女性解放の予感に満ちた大正時代を背景に、人生の一歩を踏み出そうとする女性たちと、化粧を通して彼女たちを後押しした化粧師の交流を描いた人間ドラマ。監督は、本作が初の劇場用作品となる『三国志の大地』の田中光敏。石ノ森章太郎による原作漫画を基に、「セイリング 海にはばたく」の横田与志が脚色。撮影を「大河の一滴」の浜田毅が担当している。主演は「冷静と情熱のあいだ」の椎名桔平。第14回東京国際映画祭最優秀脚本賞受賞作品。
  • GO

    在日韓国人三世の高校生が、恋に友情に悩みながらもアイデンティティに目覚めていく姿を活写した青春ドラマ。監督は「贅沢な骨」の行定勲。金城一紀による第123回直木賞受賞の同名小説を基に、『ロケット・ボーイ』の宮藤官九郎が脚色。撮影を「走れ!イチロー」の柳島克己が担当している。主演は「溺れる魚」の窪塚洋介。第75回キネマ旬報日本映画ベスト・テン第1位、監督賞、脚本賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)、新人男優賞(窪塚洋介)受賞、第56回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、脚本賞、スポニチグランプリ新人賞(窪塚洋介、柴咲コウ)受賞、第44回ブルーリボン賞監督賞、助演男優賞(山崎努)、新人賞(柴咲コウ)受賞、第26回報知映画賞作品賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)受賞、第14回日刊スポーツ映画大賞監督賞、助演男優賞(山崎努)、新人賞(柴咲コウ)、石原裕次郎賞(窪塚洋介)受賞、日本映画ペンクラブ会員選出日本映画ベスト1、第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)、脚本賞、撮影賞、照明賞、編集賞、新人賞(窪塚洋介、柴咲コウ)受賞(ほかに優秀助演女優賞(大竹しのぶ)、録音賞、美術賞、音楽賞)、映画芸術2001年度日本映画ベストテン第1位、第16回高崎映画祭若手監督グランプリ、主演男優賞(窪塚洋介)、新人女優賞(柴咲コウ)受賞、第44回朝日ベストテン映画祭日本映画第1位、第53回読売文学賞戯曲・シナリオ賞受賞、第11回日本映画批評家大賞監督賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山本太郎)、新人賞(柴咲コウ)受賞、第23回ヨコハマ映画祭作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)、最優秀新人賞(細山田隆人)受賞作品。
    80
  • 案山子 KAKASHI

    行方不明の兄を探し、案山子に死者の魂を宿らせ蘇らせるという風習のある村に迷い込んだ妹が体験する恐怖を描いたホラー。監督は「リング0~バースデイ~」の鶴田法男。伊藤潤二による原作コミックを基に、「NAGISA なぎさ」の村上修、「富江 replay」の玉城悟、鶴田監督、三宅隆太が共同で脚色。撮影を「修羅がゆく4 東京大戦争」の菊池亘が担当している。主演は「ekiden」の野波麻帆。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2001・ファンタランド国王賞受賞、日本・香港合作作品。スーパー16ミリからのブローアップ。
    40
  • 走れ!イチロー

    神戸を舞台に、イチロー選手の活躍に励まされる3人の“イチロー”たちの奮闘を描いたハートウォーミング・コメディ。監督は「NATTU ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説」の大森一樹。村上龍の原作を基に、「甦る優作『探偵物語』特別篇/夜汽車で来たあいつ」の丸山昇一と大森監督が共同脚色。撮影を「BROTHER」の柳島克己が担当している。出演は、「オサムの朝」の中村雅俊、「どら平太」の浅野ゆう子、「死びとの恋わずらい」の松田龍平、「秘祭」の石原良純、「ISOLA 多重人格少女」の木村佳乃ら。一部キネコ。
  • バトル・ロワイアル 特別篇

    様々な話題を呼び、興行収入25億円、180万人以上を動員した大ヒット作「バトル・ロワイアル」に、未公開シーンと追加撮影されたシーンを加えた特別篇。主人公・七原の友情や哀しみ、光子の過去などが、より深く描かれている。
    70
  • バトル・ロワイアル

    新法の下、無人島で殺し合いをさせられることになった中学生たちの混乱と、やがてそこから生まれる生きる力を、メッセージ色豊かに描いたバイオレンス・アクション。監督は「おもちゃ」の深作欣二。高見広春による同名小説を、深作健太が脚色。撮影を「菊次郎の夏」の柳島克己が担当している。主演は、「仮面学園」の藤原竜也と「風を見た少年」の前田亜希、「御法度」のビートたけし。第24回日本アカデミー賞最優秀編集賞、第74回キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、第43回ブルーリボン賞作品賞、新人賞(藤原竜也)受賞作品。
    70
  • 東京ゴミ女

    片想いの相手の全てを知りたくて、彼のゴミを盗んでは収集する女性の歪んだ恋愛の顛末を描いたドラマ。監督は「不貞の季節」の廣木隆一。脚本は「歯科医」の及川章太郎。撮影を「不貞の季節」の鈴木一博と「喪服妻 湿恥の香り」の飯岡聖英が担当している。主演は「御法度」の中村麻美と「発狂する唇」の鈴木一真。尚、本作は日本映画の枠を越えて活躍する6人の監督が、デジタル・ヴィデオを使用して描く恋愛ドラマ企画『ラヴシネマ』の第一弾作品として、製作・公開された。DV作品。ビデオプロジェクターによる上映。
  • 髪からはじまる物語 三部作

    インターネット上でのみ限定配信された、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督と柴咲コウのコンビが贈る、髪にまつわる男女の恋愛物語が展開する3つのオムニバスショートムービー。第1話「復讐劇」、第2話「あこがれ」、第3話「懺悔」を収録。【スタッフ&キャスト】監督:行定勲 出演:柴咲コウ/奥貫薫/津田寛治/伊藤高史/米谷真一/山崎一/菅原円