ウィリアム・シャトナー

ウィリアム・シャトナーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 侵入者(1962)

    ロジャー・コーマン監督が、社会的な題材に真っ向から挑戦したドラマ。出演はウィリアム・シャトナー、フランク・マックスウェルほか。2013年3月23日より、東京・オーディトリウム渋谷にて開催された「コーマン・スクール 2013 ~春のスパルタ集中講義!」にてデジタル上映。
  • ファンボーイズ

    「スター・ウォーズ」ファンを自認するスタッフ・キャストによって制作されたコメディ。「スーパーマン リターンズ」のサム・ハンティントン、「ビッグ・バグズ・パニック」のクリス・マークエットらが出演。「スター・ウォーズ」シリーズのキャリー・フィッシャー、レイ・パーク、ビリー・ディー・ウィリアムスや、「スター・トレック」シリーズのウィリアム・シャトナーがカメオ出演している。
  • ライアンを探せ!

    動物園からさらわれた子ライオンを取り戻すため、父親と仲間たちがニューヨーク中を探し回る冒険アニメーション。声の出演は「テイキング・ライブス」のキーファー・サザーランド、「リーマン・ジョー!」のジム・ベルーシ。監督はこれが長編デビューとなるステーヴ・“スパッツ”・ウィリアムズ。
    70
  • 森のリトル・ギャング

    孤独なアライグマが、森の仲間たちとの触れ合いを通して温かい感情に目覚めていく様を描いた冒険アニメーション。声の出演は「シン・シティ」のブルース・ウィリス、「キャスティング・ディレクター」のギャリー・シャンドレング、「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレル。監督は「アンツ」のティム・ジョンソンと、これがデビューとなるキャリー・カークパトリックの共同。
    80
  • デンジャラス・ビューティー2

    男勝りで色気ゼロの女性FBI捜査官グレイシー・ハートの活躍を描いた「デンジャラス ビューティー」の続編。監督は「サンタクローズ」「ジャングル2ジャングル」のジョン・パスキン。主演は引き続きサンドラ・ブロック。共演に「Ray/レイ」のレジーナ・キング。
    80
  • ショウタイム

    TVの捜査実況番組に出演することになった堅物のベテラン刑事と俳優志望の警官のアクション・エンターテインメント。製作総指揮はウィル・スミス。監督は、「シャンハイ・ヌーン」のトム・デイ。出演は「15ミニッツ」のロバート・デ・ニーロ、「48時間」のエディ・マーフィほか。
    80
  • デンジャラス・ビューティー

    サンドラ・ブロック演じる男勝りな主人公がひょんなことからメキメキ女を上げていく。王道シンデレラ・ストーリー。コミカルな笑いどころもたっぷりで、かつてない個性的な美女像が描かれる。
    80
  • ジェネレーションズ STAR TREK

    テレビ、映画の人気SFシリーズ「スター・トレック」の劇場公開版第7作。今回はテレビ「ザ・ネクスト・ジェネレーションズ」を基にした、旧「スター・トレック」の主人公たちの次の世代の人々の活躍を描く。監督はイギリス出身で、アメリカのテレビ・シリーズ版『エイリアン・ネイション』などで知られるデイヴィッド・カーソンで本作が劇場映画デビュー作。製作は「ザ・ネクスト・ジェネレーションズ」のリック・バーマン。エグゼクティヴ・プロデューサーはバーニー・ウィリアムズ、脚本はロナルド・D・ムーア、ブラノン・ブラガの共同。撮影は「チャイナタウン」のベテラン、ジョン・A・アロンゾ、音楽はデニス・マッカーシー、編集はピーター・E・バーガー、特殊メイクは「2010年」のマイケル・ウェストモアが担当。出演はロイヤル・シェイクスピア劇場に25年所属していた「L.A.ストーリー 恋が降る街」のパトリック・スチュワート、テレビ・シリーズ『ヒル・ストリート・ブルース』のジョナサン・フレークス、テレビのミニ・シリーズ「ルーツ」のレヴァー・バートン、「北斗の拳」のマルコム・マクドウェル。「天使にラブソングを…」のウーピー・ゴールドバーグがリスナーと呼ばれる謎の女性ガイナン役で特別出演するほか、旧シリーズのチェコフ役ウォルター・ケーニッグ、スコッティ役のジェームズ・ドゥーハン、そしてカーク提督役のウィリアム・シャトナーが顔を見せている。
    80
  • ローデッド・ウェポン1

    「リーサル・ウェポン」をベースに、「羊たちの沈黙」「氷の微笑」「ダイ・ハード」などの映画をパロディーにしたもの。監督・脚本は「ポリスアカデミー」シリーズの脚本を担当したジーン・クインターノ。製作は「リーサル・ウェポン2 炎の約束」を手掛けたスザンヌ・トッド。撮影は「いとこのビニー」のピーター・デミング。主題歌には一昨年エイズで死去したフレディ・マーキュリーのラブ・キルズが起用された。
  • スター・トレック6 未知の世界

    人気SFシリーズの第6弾。今回は地球連邦と宿敵クリンゴンとの和解交渉を描く。監督は「ロシアン・ルーレット」のニコラス・メイヤー。彼はシリーズ第2作の監督と第4作の脚本も務めている。脚本はメイヤーとデニー・マティン・フリン。原案はレナード・ニモイ、ローレンス・コナー、マーク・ローゼンタール。ニモイは今回、エグゼクティヴ・プロデューサーも兼任している。撮影は「ロケッティア」のヒロ・ナリタ、音楽はクリフ・エイデルマンが担当。シリーズ生みの親ジーン・ロッデンベリー昨年の死去を悼み、冒頭“For Gene_Roddenberry”とオマージュが捧げられている。視覚効果はILMが担当。
    90
  • スター・トレック5 新たなる未知へ

    中立惑星での反乱がきっかけとなって未知の世界に旅立つことになった「エンタープライズ号」のクルーたちの姿を描くSFシリーズの第5弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはラルフ・ウィンター、製作はハーヴ・ベネット、監督は主演のウィリアム・シャトナー。シャトナーとベネット、デイヴィッド・ローリーの原案を基に、脚本はローリー、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はジュリー・ゴールドスミスが担当。出演はほかにレナード・ニモイなど。
    60
  • スター・トレック4 故郷への長い道

    地球の危機を救うカーク船長以下エンタープライズ号のクルーの活躍を描くシリーズ第4弾。エグゼクティブ・プロデューサーはラルフ・ウィンター、製作はハーヴ・ベネット、監督はシリーズ第3作「スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!」のレナード・ニモイ。ニモイとベネットのストーリーをベネット、スティーヴ・メアソン、ピーター・クリークス、ニコラス・メイヤーの4人が脚本化、撮影はドン・ピーターマン、音楽はレナード・ローゼンマンがそれぞれ担当。出演はウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、キャサリン・ヒックスほか。
    90
  • ハンドガン

    暴行されたヒロインが復讐のために内気な女から強い女へと変わってゆく姿を描いたアクション映画。製作・監督・脚本はトニー・ガーネット、撮影はチャールズ・スチュワート、音楽はマイク・ポスト、編集はウィリアム・シャプターが担当。出演はカレン・ヤング、クレイトン・デイほか。
  • スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!

    恐るべき破壊兵器となるジェネシス計画をめぐるクリンゴンとエンタープライズ・クルーの戦いを描くSF映画。「スター・トレック」(79)「スタートレック2/カーンの逆襲」(82)につづくシリーズ第3弾。製作・脚本はハーヴ・ベネット、エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・ナーディノ。監督はスポック役を演じているレナード・ニモイで、TVや舞台の演出は数多く手がけているが、劇場映画はこれがデビュー作に当る。撮影はチャールズ・コレル、音楽は前作に引き続いてジェームズ・ホーナーが担当。特殊効果監修はボブ・ドーソン。特殊ヴィジュアル効果はILMで製作された。シリーズの創造者ジーン・ロッデンベリーは総顧問とクレジットされている。出演は二ーモイの他に、ウィリアム・シャトナー、デフォレスト・ケリー、ジョージ・タケイ、ジェームズ・ドゥーアン、クリストファー・ロイドなど。
    80
  • スター・トレック2 カーンの逆襲

    カークに積年の恨みをはらそうと、悪玉カーンが襲いかかって来た。「スター・トレック」(79)に続くシリーズ第2作。エクゼクティヴ・プロデューサーは、TVから転向したハーヴ・ベネット。製作はロバート・サリン、監督は作家出身で「タイム・アフター・タイム」のニコラス・メイヤー。ハーヴ・ベネットとジャック・ソワーズが、TVシリーズの一挿話「宇宙の帝王」に基づいて練った原案をソワーズが脚本化。撮影はゲイン・レシャー、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。特殊視覚効果はジム・ヴェイルとケン・ラルストンの指揮の下に、ルーカスフィルムの傍系インダストリアル・ライト&マジックで撮影された。TVシリーズのクリエイターで、第一作の製作者であるジーン・ロッデンベリーが、特別コンサルタントとして参加している。出演はウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、ジョージ・タケイらのシリーズ・レギュラーに加えて、リカルド・モンタルバン、カースティ・アレイ、ビビ・ベシュらが出演している。
    80
  • フライングハイ2 危険がいっぱい月への旅

    人類初の月観光旅行に向かったスペース・シャトル内でおきる珍妙な騒動を描く喜劇。82年の「フライングハイ」の続編で、「スター・ウォーズ」「E.T.」「2001年宇宙の旅」、TVの「スパイ大作戦」などのパロディをちりばめてある。製作はハワード・W・コッチ。TV出身のケン・フィンクルマンが脚本を書き、監督にあたっている。撮影はジョセフ・バイロック、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演はロバート・ヘイズ、ジュリー・ハガティ、ピーター・グレイヴス、ロイド・ブリッジス、ウィリアム・シャトナーなど。アメリカでの題名はAirplane II: The Sequel
    90
  • 面会時間

    病院に入院する患者を正体わからぬ殺人鬼が狙うというサスペンス映画。製作総指揮はピエール・デイヴィッドとヴィクター・ソルニッキー、製作はクロード・エロー、監督は日本では初登場のジャン・クロード・ロード、脚本はブライアン・タガート、撮影はルネ・ヴェルジェ、音楽はジョナサン・ゴールドスミス、編集はジャン・クロード・ロードとライズ・サウイン、美術はミシェル・プルールが各々担当。出演はマイケル・アイアンサイド、リー・グラント、リンダ・パール、ウィリアム・シャトナー、レノア・ザン、ハーヴェイ・アトキン、ヘレン・ヒューズなど。
  • スター・トレック(1979)

    時は23世紀、謎のエイリアンの襲撃に立ち向うスター・シップ“エンタープライズ号”の乗組員の必死の防衛を描くSF映画。製作はジーン・ロッデンベリー、監督は「オードリー・ローズ」のロバート・ワイズ。ジーン・ロッデンベリーの創作を基にしたアラン・ディーン・フォスターの原案を基にハロルド・リビングストンが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はトッド・ラムゼイ、製作デザインはハロルド・マイケルソン、衣裳はボブ・フレッチャー、メーク・アップはフレッド・フィリップス、ハンナ・フィリップスとヴィー・ニール、特殊効果はダグラス・トランブル、ジョン・ダイクストラ(当初はロバート・エイブルだったが、前述2人に変更)が各々担当。出演はウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、デフォレスト・ケリー、ジェームズ・ドゥーハン、ジョージ・タケイ、メイジェル・バレット、ウォルター・ケーニッグ、ニシェル・ニコルス、パーシス・カンバータなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。メトロカラー、パナビジョン。1979年作品。
    90
  • 魔鬼雨

    悪魔の血判書を所有するがために邪教の集団に呪われる一家の恐怖を描いたオカルト映画。製作総指揮はサンディ・ハワード、製作はジェームズ・V・カレンとマイケル・S・グリック、監督は「嵐が丘」のロバート・フュースト、脚本はゲイブ・エッソー,ジェームズ・アシュトン、ジェラルド・ホップマン、撮影はアレックス・フィリップス Jr.、音楽はアルデ・ロリイ、編集はマイケル・カーン、特殊効果はクリフ・ウェンジャーとトーマス・フィッシャーとフレデリコ・ファーファンがそれぞれ担当。出演はアーネスト・ボーグナイン、エディ・アルバート、アイダ・ルピノ、ウィリアム・シャトナー、キーナン・ウィン、トム・スケリット、ジョーン・プラザー、ウッドロウ・チャンブリスなど。
  • ビッグ・バッド・ママ

    アメリカのテキサス州の各都市をマシンガン片手に暴れ廻った母娘3人組の生きざまを描く。製作はロジャー・コーマン、監督は26歳のスティーヴ・カーヴァー、脚本はウィリアム・ノートンとフランセス・ドエルの共同、撮影はブルース・ローガン、音楽はデイヴィッド・グリスマンが各々担当。出演はアンジー・ディッキンソン、ウィリアム・シャトナー、トム・スケリット、スーザン・セネット、ロビー・リー、ノーブル・ウィリンガムなど。
  • 暴行(1964)

    芥川龍之介の短編より、黒澤明と橋本忍が書いた「羅生門」を「先生のお気に入り」のマイケル・カニン、フェイ夫妻が共作した舞台劇からカニンが脚色、「ハッド」のマーティン・リットが演出した人間ドラマ。撮影は「ハッド」のジェームズ・ウォン・ホウ、音楽は「クレオパトラ(1963)」のアレックス・ノースが担当した。出演は「逆転」のポールニューマン、「不思議な世界の物語」のクレア・ブルーム、「人間の絆」のローレンス・ハーヴェイ、「サミー南へ行く」のエドワード・G・ロビンソン、「ニュールンベルグ裁判」のウィリアム・シャトナー、「リサの瞳のなかに」のハワード・ダ・シルヴァ、「無頼の群」のアルバート・サルミほか。
  • ニュールンベルグ裁判

    アビー・マンの原作のテレビ・ドラマを原作者自身と「渚にて」のスタンリー・クレイマーが共同脚色し、クレイマーが製作監督した異色の法廷劇。撮影は「ガン・ファイター」のアーネスト・ラズロ、音楽は「栄光への脱出」のアーネスト・ゴールドが担当。出演者はスペンサー・トレイシー、バート・ランカスター、リチャード・ウィドマーク、モンゴメリー・クリフト、マレーネ・ディートリッヒ、ジュディ・ガーランド、マクシミリアン・シェルなど。
  • スペースガーディアン

    兄弟のデコボココンビが大活躍するアクションアドベンチャーアニメ。弟のスコーチと兄のゲイリーは、宇宙のどこかで困っている人がいれば、すぐに助けに向かうスペース・レンジャーズ。ある日、意地悪上司・リナが地球からSOSの信号をキャッチし…。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:ボブ・ワインスタイン 監督・脚本:カル・ブランカー 脚本:ボブ・バーレン 制作:キャサリン・ワインダー 出演(声):ロブ・コードリー/ブレンダン・フレイザー/サラ・ジェシカ・パーカー/ウィリアム・シャトナー
  • トレッキーズ スター・トレック万歳!

    “トレッキー”と呼ばれる熱狂的な「スター・トレック」ファンたちの姿を追ったドキュメンタリー。『新スター・トレック』出演者たちへのインタビューも収録。
    90
  • 巨大クモ軍団の襲撃

    巨大毒グモ軍団が人々に襲い掛かるホラーパニック。農薬の影響で小昆虫が激減し、食物連鎖を絶たれた大量の毒グモが餌を求めて街に現れる。クモの糸で覆われた街では、毒に倒れた人々が次々とクモ軍団の餌食となり…。ウィリアム・シャトナー主演。【スタッフ&キャスト】監督:ジョン・バッド・カードス 製作:イゴー・カンター 脚本:リチャード・ロビンソン 撮影:ジョン・モリル 出演:ウィリアム・シャトナー/ティファニー・ボーリング/ウディ・ストロード/アルトバス・ディヴィス
  • ファントム・ファイアー

    『ケルベロス』のジョン・ターレスキー監督が手掛けたSFパニック。太陽の爆発が生んだ宇宙生命体“炎の竜”。消防士のジェイクは、炎の竜の力を利用して黙示録の預言を実現しようと画策する政府機関のエージェントに、絶望的な戦いを挑むが…。【スタッフ&キャスト】監督:ジョン・ターレスキー 原案・製作総指揮:ウィリアム・シャトナー 脚本:ジュディス&ガーフィールド・リーブス・スティーヴンス 音楽:チャック・シリノ 出演:ニコラス・ブレンドン/サンドリーヌ・ホルト/ランドルフ・マントゥース/ロバート・ベルトラン
  • カラマゾフの兄弟(1957)

    ドフトエフスキー最後の作品である同名原作を、「真昼の暴動」の脚本、「黒い牙」の監督を担当したリチャード・ブルックスが、シナリオ化し監督する大作。「八月十五夜の茶屋」のジョン・アルトンが撮影、「Z旗あげて」のプラニスラウ・ケイパーが音楽を各々担当。「追想」のユル・ブリンナー、「白夜」のマリア・シェル、「リチャード三世」のクレア・ブルーム、「崖」のリチャード・ベースハート等の異色のキャストを揃えている。
  • ザ・コンタクト

    「スター・トレック」シリーズのウィリアム・シャトナーが原案・監督・主演を務めるSFファンタジー。UFO目撃多発地帯“グルーム・レイク”へ何かに導かれるように集う人々。アメリカ政府の陰謀が次第に明かされる中、人類はかつてない次元に突入する。【スタッフ&キャスト】原案・監督・出演:ウィリアム・シャトナー 脚本:マーライズ・ハーレー 撮影:マック・アールバーグ 音楽:リチャード・ベーカー 出演:ダン・ゴーシャ/エイミー・アッカー/トム・トールズ/ディック・ヴァン・パタン
  • ルディ 億万長者な14歳?

    天才少年と野球少年の入れ替わりを描いたコメディ。父親を亡くし、突如IT企業の社長に就任することになった少年・ルディ。だがそれをよく思わない叔父のマイケルは彼を誘拐。幹部たちは株主総会を切り抜けるため、慌ててルディの代役を探し始めるが…。【スタッフ&キャスト】監督:ステファン・スケイニ 脚本:リチャード・クラーク/ロドマン・グレッグ 出演:ジョナサン・ジャクソン/リチャード・リー・ジャクソン/ウィリアム・シャトナー/ジェイ・ブラゾー/ドン・S・デイヴィス
  • アメリカン・サイコ2

    前作の首脳制作陣が再現するサイコスリラー第2弾。ベイクマンの惨劇から唯一生き残った少女・レイチェルはFBI心理捜査官を目指して全米屈指の大学に入学する。しかし、FBIになることを渇望する彼女は本性を現し、次々とライバルたちを殺戮していく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:マイケル・パセオネック/クリス・ハンリー/クリスチャン・ハルシー・ソロモン 監督:モーガン・J・フリーマン 脚本:アレックス・サンガー 製作:アーニー・バーバラッシュ 出演:ミラ・キュニス/ウィリアム・シャトナー

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/6

キャサリン・ヒックス(1951)

乱気流 タービュランス

凶悪犯にハイジャックされたジャンボ・ジェット機を舞台に、スチュワーデスの決死の活躍を描いたパニック・サスペンス。航空パニックものにサイコ・サスペンスの要素を加えた趣向がおもしろい。キビキビした演出を見せた監督は「ジャグラー/ニューヨーク25時」のロバート・バトラー。脚本はジョナサン・ブレット、製作は「ギルティ/罪深き罪」のマーティン・ランソホフと「パーフェクト・ワールド」のディヴィッド・ヴァルデス、製作総指揮はキース・サンプルズ。撮影はロイド・アハーン、音楽はシャーリー・ウォーカー、美術はメイリン・チェン、編集はジョン・ダフィ、衣裳はロバート・ターテュリス、特殊視覚効果と第二班の監督は「アウトブレイク」のマーク・ヴァーゴが担当。主演は「ビューティフル・ガールズ」のローレン・ホリーと「アンフォゲタブル」のレイ・リオッタ。共演は「トゥルーナイト」のベン・クロス、「ザ・ファン」のヘクター・エリゾンドほか。

テンプテーション15才

娘のヴァージンを守ろうとする父親の獅子奮戦ぶりを描くコメディ。製作はスティーブン・ドイッチ、監督は「ミスター・マム」のスタン・ドラゴッティ、脚本はセス・ウィンストンとマイケル・J・ナサンソン、撮影はドナルド・ピーターマン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はトニー・ダンザ、アミー・ドレンツほか。
中田花奈(1994)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

デスブログ 劇場版

“そのブログで扱われた人物や国、団体には必ず不幸が訪れる”と噂される都市伝説“デスブログ”を題材にしたホラー。ある女子高生が始めたブログをきっかけに、周囲の人々に不幸が訪れる様子を描く。出演はアイドルグループ“乃木坂46”の中田花奈、「風切羽 かざきりば」の秋月三佳、「ハイキック・エンジェルス」の宮原華音。

NEW今日命日の映画人 8/6

該当する人物がいません