ヒース・レジャー

  • 生年月日:1979年4月4日
  • 没年月日:2008年1月22日

略歴 / Brief history

オーストラリア・西オーストラリア州バース生まれ。10歳より地元の劇団に所属し、国内の舞台やTVドラマに出演。97年「ブラックロック」(未)で本格映画デビュー。同年、全米放送のTVシリーズ“Roar”で注目を集め、99年「恋のからさわぎ」でハリウッド映画デビュー。「パトリオット」(00)「チョコレート」「ROCK YOU!」(01)で若き演技派として認められ、さらに05年「ブロークバック・マウンテン」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど順風満帆の中、2008年1月22日、「ダークナイト」(08)の完成を待たずして28歳で死去。不眠症とインフルエンザの薬の併用摂取からきた事故死であった。

ヒース・レジャーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • Dr.パルナサスの鏡

    「ダークナイト」でアカデミー助演男優賞を受賞したヒース・レジャーの遺作にして、撮影中に急逝した彼の穴をジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが埋めることで完成を見たファンタジー。監督は「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム。豪華キャストを迎えて、ギリアム独特の映像世界がスクリーンに展開する。
    70
  • ダークナイト

    「バットマン ビギンズ」に続く新たな「バットマン」シリーズの第2弾。「正義と悪」の相克を、バットマンの宿敵であるジョーカー、そして正義から悪へ堕ちていくトゥーフェイスの3人の対立で描いていく。監督は、前作に続いて「メメント」「プレステージ」のクリストファー・ノーラン。バットマンとブルース・ウェインの二役には、「バットマン ビギンズ」からのクリスチャン・ベール。「ブローバック・マウンテン」でアカデミー主演男優賞にもノミネートされたヒース・レジャーがジョーカー役を熱演しているが、完成後に惜しくも急逝し、本作は彼に捧げられている。
    90
  • アイム・ノット・ゼア

    ボブ・ディランをモデルとした6つのストーリーを、6人の俳優が演じる。2007年ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞、主演女優賞受賞。監督は「ベルベット・ゴールドマイン」のトッド・ヘインズ。出演は「エリザベス」のケイト・ブランシェット、「バットマン ビギンズ」のクリスチャン・ベール、「シカゴ」のリチャード・ギア。
    70
  • CANDY(2005)

    ドラッグとセックスに溺れる恋人同士の転落と再生を繊細に描く恋愛ドラマ。出演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャーとオーストラリア出身の新星アビー・コーニッシュ、「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」のジェフリー・ラッシュ。監督は舞台演出家として活躍するニール・アームフィールド。
  • カサノバ(2005)

    恋に生き、愛に殉じ、生涯“恋愛至上主義”を貫いた歴史に残るプレイボーイ、ジャコモ・カサノバの若き日々を描いた恋愛映画。監督は「ショコラ」のラッセ・ハルストレム。出演は「ブロークバック・マウンテン」のヒース・レジャーと、「アルフィー」のシエナ・ミラー
    80
  • ブロークバック・マウンテン

    米西部で出会った男2人の20年に及ぶ秘密の恋愛関係を描いたラヴ・ストーリー。監督は「ハルク」のアン・リー。製作総指揮・脚本は「ラスト・ショー」のラリー・マクマートリー。原作は『シッピング・ニュース』のアニー・プルーによる短編小説。撮影は「アレキサンダー」のロドリゴ・プリエト。音楽は「スタンドアップ」のグスターヴォ・サンタオラヤ。編集は「バレエ・カンパニー」のジェラルディン・ペローニと、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のディラン・ティチェナー。衣裳は「ハルク」「サンダーバード」のマリット・アレン。出演は「ロード・オブ・ドッグタウン」のヒース・レジャー、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のジェイク・ギレンホール、「プリティ・プリンセス」シリーズのアン・ハサウェイ、「ランド・オブ・プレンティ」のミシェル・ウィリアムズ、「プルート・ナッシュ」のランディ・クエイド、「スクービー・ドゥー」シリーズのリンダ・カーデリーニ、「ロスト・イン・トランスレーション」のアンナ・ファリス、「ランダム・ハーツ」のケイト・マーラ。2005年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、2006年ゴールデン・グローブ賞4部門(ドラマ部門作品賞、監督賞、脚本賞、歌曲賞)、同年アカデミー賞3部門(監督賞、脚色賞、作曲賞)など多数受賞。
    87
    • 感動的な
    • 泣ける
    • 重厚感のある
  • ロード・オブ・ドッグ・タウン

    1970年代にスケートボードの革新的なスタイルを生み出した実在の伝説的チーム”Z・BOYS“を描いた青春映画。監督は「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」のキャサリン・ハードウィック。製作総指揮は「パニック・ルーム」などの監督として知られるデイヴィッド・フィンチャーほか。脚本は”Z・BOYS“のオリジナル・メンバーでもある「ライディング・ジャイアンツ」(監督)のステイシー・ペラルタ(出演も)。撮影は「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」のエリオット・デイヴィス。音楽は「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」「ライフ・アクアティック」のマーク・マザースボウ。音楽監修は「天国の口、終りの楽園。」のリザ・リチャードソン。衣裳は「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」「フォーガットン」のシンディ・エヴァンス。出演は「卒業の朝」のエミール・ハーシュ、新鋭のヴィクター・ラサック、「サラ、いつわりの祈り」のジョン・ロビンソン、「シービスケット」のマイケル・アンガラノ、「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」のニッキー・リード、「ブラザーズ・グリム」のヒース・レジャー、「”アイデンティティー“」のレベッカ・デモーネイ、「ワイルド・タウン/英雄伝説」のジョニー・ノックスヴィルほか。
    90
  • ブラザーズ・グリム

    グリム童話をモチーフに、作者のグリム兄弟の不思議な冒険を描くファンタジー。監督は「ラスベガスをやっつけろ」のテリー・ギリアム。脚本は「ザ・リング」シリーズのアーレン・クルーガー。撮影は「X―メン」シリーズのニュートン・トーマス・シーゲル。音楽は「イン・ディス・ワールド」のダリオ・マリアネッリ。美術は「X―MEN2」のガイ・ヘンドリクス・ディアス。衣裳は「チャーリーとチョコレート工場」のガブリエッラ・ペスクッチ。「ボーン・スプレマシー」のマット・デイモン、「悪霊喰」のヒース・レジャー、「スパイ・バウンド」のモニカ・ベルッチ、「五線譜のラブレター」のジョナサン・プライス、「抱擁」のレナ・ヘディ、「バッドボーイズ2バッド」のピーター・ストーメア、「ネバーランド」のマッケンジー・クルックほか。
  • 悪霊喰

    監督、脚本は「L.A.コンフィデンシャル」(97)でアカデミー脚本賞を受賞、「ペイバック」(97)で監督デビューを果たしたブライアン・ヘルゲランドの監督&脚本作。本国アメリカで、完成から2年以上の公開延期を受けたという話題のオカルト・ホラー。主演は「チョコレート」「サハラに舞う羽根」のヒース・レジャー。
    70
  • サハラに舞う羽根

    これまで6度も映像化された英国文学の古典を原作に、「エリザベス」で歴史ドラマの新時代を切り開いたシェカール・カプールが監督したスペクタクル・ロマン。運命の絆で結ばれた主人公たちを演じるのは、「パトリオット」のヒース・レジャー、「あのころペニー・レインと」のケイト・ハドソン、「アメリカン・ビューティー」のウェス・ベントリー。
  • チョコレート

    孤独な白人の男と黒人の女が、深い喪失の淵から人生を取り戻そうとするラヴ・ストーリー。監督はこれが日本初公開作となるマーク・フォスター。脚本は俳優出身のミロ・アディカとウィル・ロコス。撮影は「ドッグ・ショウ!」のロバート・シェイファー。美術は「ドラキュリア」のモンロー・ケリー。出演は「ソードフィッシュ」のハル・ベリー、「バーバー」のビリー・ボブ・ソーントン、「ROCK YOU!」のヒース・レジャー、「ドクター・ドリトル」のピーター・ボイル、パフ・ダディの名でも知られるミュージシャンのショーン・コムズ、「フライショック」のモス・デフほか。2001年ナショナル・ボード・オブ・レビュー最優秀主演女優賞、最優秀主演男優賞、2002年アカデミー賞最優秀主演女優賞、同年ベルリン国際映画祭銀熊賞、最優秀主演女優賞などを受賞。
    80
  • ROCK YOU! ロック・ユー!

    中世ヨーロッパの若者たちを、ロック・ミュージックをバックに描いた活劇。監督・製作・脚本は「ペイバック」のブライアン・ヘルゲランド。撮影は「あなたのために」のリチャード・グレイトレックス。音楽は「オー・ブラザー!」のカーター・バーウェル。出演は「パトリオット」のヒース・レジャー、「マーサ・ミーツ・ボーイズ」のルーファス・シーウェル、これがデビューとなるシャニン・ソサモン、「スカートの翼ひろげて」のポール・ベタニー、「タイタス」のローラ・フレイザー、「フル・モンティ」のマーク・アディ、「ワンダー・ボーイズ」のアラン・テュディックほか。
    90
  • パトリオット

    アメリカ独立戦争を勝利に導いた愛国者の戦士の死闘を描くアクション・ロマン大作。監督は「インディペンデンス・デイ」「GODZILLA ゴジラ」のローランド・エメリッヒ。脚本は「プライベート・ライアン」のロバート・ロダット。撮影は「アンナと王様」のケイレブ・デシャネル。音楽は「スター・ウォーズ:エピソード1 ファントム・メナス」のジョン・ウィリアムズ。出演は「ペイバック」のメル・ギブソン、新鋭ヒース・レジャー、「101」のジョエリー・リチャードソン、「アルマゲドン」のジェイソン・アイザックほか。
    100
  • ヒース・レジャーの恋のからさわぎ

    2008年、世界中から惜しまれつつこの世を去ったヒース・レジャーの初主演作。パディア高校に転校してきたキャメロンは、登校初日に学園のアイドル・ビアンカにひと目惚れしてしまう。彼女をデートに誘うが、ビアンカの父はデートを禁止していて…。【スタッフ&キャスト】監督:ジル・ジュンガー 脚本:カレン・マックラー・ラッツ 製作:アンドリュー・ラザー 製作総指揮:ジェフリー・チャーノフ 出演:ヒース・レジャー/ジュリア・スタイルズ/ジョセフ・ゴードン=レヴィッド/ラリサ・オレイニク
  • ケリー・ザ・ギャング

    ハリウッドを代表する豪華スターが共演、オーストラリアに実在したアウトロー、ネッド・ケリーの生涯を綴ったアクション巨編。19世紀のオーストラリア。アイルランド移民のネッドは犯罪者の息子というレッテル故に馬泥棒の冤罪で投獄されてしまい…。【スタッフ&キャスト】監督:グレゴール・ジョーダン 脚本:ジョン・F・マクドナフ 原作:ロバート・ドリュー 音楽:クラウス・バデルト 出演:ヒース・レジャー/オーランド・ブルーム/ナオミ・ワッツ/ジェフリー・ラッシュ

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。