スパイク・ジョーンズ スパイク・ジョーンズ

  • 出身地:メリーランド州ロックヴィル
  • 生年月日:1969/10/22

略歴 / Brief history

【ミュージックビデオ出身の新世代アメリカ映画の寵児】アメリカ、メリーランド州ロックヴィルの生まれ。本名アダム・スピーゲル。高校卒業後にロサンゼルスへ移り、スケボーの写真・ビデオの撮影を始める。ソニック・ユースのビデオクリップ『100%』に出演したことから、同クリップを監督した映像作家のタマラ・デイヴィス(ビースティー・ボーイズのフロントマン、マイク・Dの妻)より映像の基礎を学んだ。その親交からビースティー・ボーイズの主宰するレコード・レーベル“グランド・ロイアル”で仕事をするようになり、70年代の刑事ドラマ『スタスキー&ハッチ』をパロディ化したビースティー・ボーイズのミュージックビデオ『サボタージュ』(94)で注目を浴びる。翌1995年の『Buddy Holly』でMTVアワードのベスト・ディレクター賞を受賞。並行してコマーシャル業界へも進出し、ナイキのCM『Guerrilla Tennis』で95年のカンヌ国際広告映画祭でパルムドールを受賞するなど、映像作家として不動の地位を確立する。99年、初監督作「マルコヴィッチの穴」を発表。脚本を手がけたチャーリー・カウフマンとともにアカデミー監督賞、オリジナル脚本賞にノミネートされ華々しいデビューを飾る。2002年にはカウフマンと再び組んで第2作「アダプテーション」を監督。俳優として活動していた時期もあり、デイヴィッド・フィンチャー監督「ゲーム」(97)やデイヴィッド・O・ラッセル監督「スリー・キングス」(99)に出演している。近年では製作側に回ることも多く、自身と同じミュージックビデオ出身のミシェル・ゴンドリーや盟友カウフマンの監督デビュー作のプロデュースのほか、大ヒットテレビ番組『ジャッカス』とその映画版も手がける。映画監督のソフィア・コッポラと結婚していた時期があり、デビューが相前後した90年代後半から2000年代にかけては、夫婦揃って新世代アメリカ映画界の寵児として一世を風靡した。【映画では手作り感を強調】大学の映画学科や映画学校で学んだ経験はなく、スケボー雑誌のライター、写真家、ミュージックビデオ出演を経て映像制作を身につけた現場主義の異業種監督。少年時代に影響を受けたストリートの若者文化、B級映画、70年代の人気テレビ番組やCMなどポップカルチャーの引用に始まり独自の演出法へと発展させ、20代前半よりMTV界気鋭の監督として高く評価される。一方、映画ではむしろオーソドックスな演出を好み、CGやデジタル処理は極力使わない手作り感を強調する。虚構と現実が交錯する浮遊感ある画作りも特徴で、それらの傾向は「かいじゅうたちのいるところ」(09)で際立って見られる。ミュージックビデオやCM監督としての華々しい業績から“映像優先主義者”というイメージを抱かれがちだが、チャーリー・カウフマンの奇抜な脚本を、破綻させず完成に導いたストーリーテリングの力こそ評価すべきという声も多い。

スパイク・ジョーンズの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • her 世界でひとつの彼女

    デビュー作「マルコヴィッチの穴」で第72回アカデミー賞監督賞にノミネートされ、その後も「アダプテーション」「かいじゅうたちのいるところ」など独自の視点から現代にアプローチするスパイク・ジョーンズ監督が、主演に「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスを迎え、傷心の男と人工知能型OSとの恋を描いたラブストーリー。ほか、「アメリカン・ハッスル」のエイミー・アダムス、「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラらが出演。「マッチポイント」のスカーレット・ヨハンソンが主人公が恋する人工知能型OSの声を担う。第71回ゴールデングローブ賞脚本賞受賞。第86回アカデミー賞作品賞、脚本賞、美術賞、歌曲賞、作曲賞にノミネート。
    80
  • ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中

    大の大人が身体を張って過激なパフォーマンスやいたずらを繰り広げる人気番組『ジャッカス』から、中心メンバーで「メン・イン・ブラック2」などに出演したジョニー・ノックスヴィルが扮する型破りなアーヴィングじいさんを主軸に据えたコメディ。父親を探す8歳の孫と86歳の祖父の旅をベースに、二人が行く先々でドッキリを仕掛け騒動を巻き起こす様を映す。監督は「ジャッカス・ザ・ムービー 日本特別版」「ジャッカス3D」など同シリーズを多く手がけるジェフ・トレメイン。「かいじゅうたちのいるところ」「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ監督が製作に加わっている。第86回アカデミー賞メイキャップ&スタイリング賞ノミネート。
    70
  • アイム・ヒア

    「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督による2作品を同時公開。「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールド主演で、ロボットの恋を描く短編「アイム・ヒア」と、「かいじゅうたちのいるところ」原作のモーリス・センダックに迫るドキュメンタリー「みんなの知らないセンダック」の2本。
  • みんなの知らないセンダック

    「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督による2作品を同時公開。「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールド主演で、ロボットの恋を描く短編「アイム・ヒア」と、「かいじゅうたちのいるところ」原作のモーリス・センダックに迫るドキュメンタリー「みんなの知らないセンダック」の2本。
  • モーリス 万博に行く

    センダック幼少時のエピソードを冗談混じりに再現したスパイク主演の愛らしい小作品。「みんなの知らないセンダック」との併映特別プログラムとして上映。
  • ジャッカス3D

    2000年にMTVの番組として誕生、アメリカで史上最高の視聴率を獲得し、TVをみた若者達がマネをして大怪我し社会問題にまで発展するなど、無茶苦茶な内容で世界中の話題をさらった超大問題番組『ジャッカス Jackass』の劇場版第3弾。監督は前2作同様、ジェフ・トレメイン。製作に「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズが参加。
    70
  • かいじゅうたちのいるところ

    モーリス・センダックの同題絵本を実写映画化。家族との諍いから家を飛び出した8歳の少年と、かいじゅうたちの触れ合いを描くファンタジー。監督は、「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ。出演は、「The Brothers Bloom」のマックス・レコーズ、「カポーティ」のキャサリン・キーナー。
    60
  • 脳内ニューヨーク

    「マルコヴィッチの穴」、「エターナル・サンシャイン」など、奇抜な脚本で注目を集めるチャーリー・カウフマン初監督作。人生に行き詰った劇作家が、自分の頭の中にあるニューヨークを舞台に芝居を作っていくうちに、実生活との間で人間関係が混乱していく。主演は「カポーティ」でオスカー受賞のフィリップ・シーモア・ホフマン。
  • jackass number two

    アメリカでは全米CS放送史上最高視聴率を獲得し、TV放送を見た多くの若者がマネをして大怪我を負い社会問題にまで発展した問題番組『ジャッカス』。映画化第1作目となる前作「ジャッカス・ザ・ムービー」の続編となる。製作はスパイク・ジョーンズ。
    70
  • ジャッカス・ザ・ムービー

    アメリカのスラングで、「バカ、アホ、マヌケ、役立たず」の、とにかくどうしようもない奴を意味する言葉、それがjackass。全米CS史上最高視聴率を獲得し、TVを観た多くのよい子やクソガキ、または精神年齢の若い大人たちがマネをして大怪我を負い、社会問題にまで発展した超問題番組『ジャッカス』。「悶絶 尻ピアス」「狼男アメリカン」「ウンコで激ヤセ」など、クルーたちが挑戦するありえないほどバカなストリート系ハードコア・パフォーマンスは観る者をあ然とさせ、同時に熱狂的なファンを生み出した。2002年に映画化された「ジャッカス・ザ・ムービー」の<日本特別版>。
    80
  • アダプテーション

    創作に悩む脚本家を中心に、虚構と現実が交錯していく異色コメディ。監督は「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ。製作総指揮・脚本は「マルコヴィッチの穴」「コンフェッション」のチャーリー・カウフマン。共同脚本に、劇中チャーリーの双子の弟役として登場するドナルド・カウフマンがクレジットされている。原作はスーザン・オーリアンのノンフィクション「蘭に魅せられた男」。撮影は「イノセント・ボーイズ」のランス・アコード、音楽は「オールド・ルーキー」のカーター・バーウェル、美術は「ヒューマンネイチュア」のK・K・バーレットで、いずれも「マルコヴィッチの穴」に続いての起用。出演は「ウインドトーカーズ」のニコラス・ケイジ、「めぐりあう時間たち」のメリル・ストリープ、「ボーン・アイデンティティ」のクリス・クーパー、「バニラ・スカイ」のティルダ・スウィントン、「コンフェッション」のマギー・ギレンホール、「X―メン2」のブライアン・コックス、「ギャング・オブ・ニューヨーク」のカーラ・シーモアほか。2003年アカデミー賞最優秀助演男優賞、ゴールデングローブ賞最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞、ベルリン国際映画祭審査員特別賞ほか多数受賞。
  • ヒューマンネイチュア

    人間と自然の関係をひねった笑いで描いた異色コメディ。監督はミュージック・ヴィデオ界の鬼才で、これが初映画作品となるミシェル・ゴンドリー。製作・脚本は「マルコヴィッチの穴」のチャーリー・カウフマン。撮影は「スナッチ」のティム・モーリス・ジョーンズ。音楽は「レッド・プラネット」のグレーム・レヴェル。美術は「マルコヴィッチの穴」のK・K・バーレット。衣裳は「ミリオンダラー・ホテル」のナンシー・スタイナー。出演は「リトル・ニッキー」のパトリシア・アークェット、「サベイランス/監視」のティム・ロビンス、「リトル・ニッキー」のリス・エヴァンス、「ホワット・ライズ・ビニース」のミランダ・オットー、「マルコヴィッチの穴」のメアリ・ケイ・プレイス、「ふたりの男とひとりの女」のロバート・フォスター、「サムバディ・トゥ・ラブ」のロージー・ペレスほか。
  • マルコヴィッチの穴

    俳優ジョン・マルコヴィッチの頭の中に入れる不思議な穴をめぐる、奇想天外なガジェット・ムーヴィー。監督はこれがデビューのスパイク・ジョーンズ。脚本・総指揮もこれがデビューのチャーリー・カウフマン。撮影は「バッファロー'66」のランス・アコード。出演は「ラウンダーズ」のジョン・マルコヴィッチ、「狂っちゃいないぜ!」のジョン・キューザック、「エニイ・ギブン・サンデー」のキャメロン・ディアス、「アウト・オブ・サイト」のキャスリーン・キーナーほか。2000年ゴールデン・サテライト賞作品賞と最優秀助演女優賞受賞。
    80
  • スリー・キングス

    湾岸戦争終結直後、イラクが隠した金塊強奪に乗り出した3人の兵士の姿を、オフビートなタッチで描く異色アクション。監督・脚本は「アメリカの災難」のデイヴィッド・O・ラッセル。原案はジョン・リドリー。撮影は「ゴールデンボーイ」のニュートン・トーマス・シーガル。音楽は「将軍の娘 エリザベス・キャンベル」のカーター・バーウェル。美術は「ニュートン・ボーイズ」のキャサリン・ハードウィック。編集は「ブルースカイ」のロバート・K・ランバート。衣裳は「マトリックス」のキム・バレット。出演は「アウト・オブ・サイト」のジョージ・クルーニー、「NYPD15分署」のマーク・ウォールバーグ、「アナコンダ」のアイス・キューブ、「ビーイング・ジョン・マルコヴィッチ」(監督)のスパイク・ジョーンズ、「ヴァイラス」のクリフ・カーティス、「ブルワース」のノーラ・ダンほか。
    80
  • ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中 番外編

    “86歳のジイさん”と“8才の孫”がアメリカ各地でやりたい放題! 「ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中」の未公開シーンやお宝映像を多数収録。
    70
  • ジャッカス3.5

    劇場版第3弾「ジャッカス3」収められなかったお宝映像集。約80分におよぶ幻のおバカ映像の数々。
  • ジャッカス2.5 封・印・解・禁

    MTVの超過激おバカ番組「ジャッカス」の劇場版第2弾。「jackass number two the movie」ではお見せできなかった映像をドキュメンタリータッチで紹介。ジャッカスメンバーによるアホ丸出しの悪ふざけや、おバカなインタビューを満載したファン必見作。
    70



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません