ピーター・ウェラー

ピーター・ウェラーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • バトルヒート

    「エクスペンダブルズ」シリーズのドルフ・ラングレンと「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャーが初共演したアクション。アメリカとタイ、カンボジアを舞台に、人身売買組織を追う2人の男の戦いを描く。共演は「パシフィック・リム」のロン・パールマン、「スポーン」のマイケル・J・ホワイト。
    70
  • スター・トレック イントゥ・ダークネス

    「スター・トレック(2009)」で、人気シリーズを全く新しいSFアクションに塗り替えたJ.J.エイブラムス監督による続編。世界を滅亡の危機から救うため、宇宙の戦闘地帯へと身を投じるエンタープライズ号クルーたちの活躍を描く。クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらメインキャストも続投、「裏切りのサーカス」のベネディクト・カンバーバッチが、冷酷な悪役を演じる。2D/3D同時公開。
    90
    • 手に汗握る
    • 重厚感のある
    • かっこいい
  • 悪霊喰

    監督、脚本は「L.A.コンフィデンシャル」(97)でアカデミー脚本賞を受賞、「ペイバック」(97)で監督デビューを果たしたブライアン・ヘルゲランドの監督&脚本作。本国アメリカで、完成から2年以上の公開延期を受けたという話題のオカルト・ホラー。主演は「チョコレート」「サハラに舞う羽根」のヒース・レジャー。
    70
  • 誘惑のアフロディーテ

    可愛い養子の実の母親探しが、思わぬ騒動へと発展してしまう様を描いたロマンチック・コメディ。監督・脚本・主演は「ブロードウェイと銃弾」のウディ・アレン。製作は「アニー・ホール」以来の全作を手掛けるロバート・グリーンハット、エグゼクティヴ・プロデューサーはジーン・ドゥーマニアンとJ・E・ボーケア、共同製作・プロダクション・マネージャーはヘレン・ロビン、撮影は「ハンナとその姉妹」以来アレン作品のほとんどを手掛ける名匠カルロ・ディ・パルマ、美術は「ラジオ・デイズ」以降全作を手掛けるサント・ロカスト、衣裳はそのロカストの助手を経て「ブロードウェイのダニー・ローズ」以降全作を手掛けるジェフリー・カーランド、編集は「マンハッタン」以来の常連スーザン・E・モースで、アレン作品の常連スタッフが集結。共演は「フランケンシュタイン」のヘレナ・ボナム・カーター、本作でアカデミー助演女優賞を受賞して一躍注目を集めた「クイズ・ショウ」のミラ・ソルヴィーノ、「愛のめぐりあい」のピーター・ウェラー、久々の映画復帰となった「ライムライト」などの名女優クレア・ブルーム、「アマデウス」のF・マーレー・エイブラハム、「陽のあたる教室」のオリンピア・デュカキス、「ブロードウェイと銃弾」のジャック・ウォーデンほか。音楽監修とオリジナル演奏はディック・ハイマンとそのオーケストラ、コーラスが担当。
    80
  • スクリーマーズ

    辺境の惑星に取り残された人々と人間そっくりに進化を遂げた殺人兵器の戦いを描いたSFサスペンス。「ブレードランナー」などの原作者としても知られる作家、フィリップ・K・ディックの短編『変種第二号』(ハヤカワ文庫『パーキー・パッドの日々』に所収、また『人間狩り』の題でちくま文庫『人間狩り』に所収)の忠実な映画化で、人間と酷似した贋物の存在によるアイデンティティ崩壊の不安、というディックが一貫して描き続けてきたテーマが色濃く現れている。脚色は「エイリアン」などのSF/ホラー映画専門の脚本家で、ディック作品は「トータル・リコール」に続いて2度目のダン・オバノンと、「フライトナイト2 パンパイアの逆襲」のミゲル・テファダ=フロレス。監督には「スキャナーズ2」「同3」のカナダ映画界の鬼才クリスチャン・デュゲイが当たった。製作は「スキャナーズ2」『頭脳警察』(V)のトム・ベリーとフランコ・バティスタ、エクゼクティヴ・プロデューサーは「キャット・ピープル」(82)のチャールズ・W・フライズ、ジョゼ・ベルナール、「バーチャル・ウォーズ」のマサオ・タキヤマ。撮影は「血のバレンタイン」のロドニー・ギボンズ、音楽はノルマンド・コーベイル、美術は「ロボコップ」TVシリーズのペリ・ゴラーラ、編集は「白い家の少女」のイヴ・ラングロワ。視覚効果監修は「ターミネーター」のアーネスト・ファリーノ、デシタル効果監修は「ロジャー・ラビット」のリチャード・オスティガイがそれぞれ担当。出演は「ロボコップ」「同2」「ニュー・エイジ」のピーター・ウェラー、『フアイナル・ゲーム』(V)のロイ・デュプス、「ダリアン」のジェニファー・ルービン、「ドアーズ」のアンディ・ラウアー、「ブレインスキャン」のチャールズ・パウエル、本作がデビューの子役マイケル・カロスほか。
  • 愛のめぐりあい

    イタリアとフランスの四つの土地に四つの愛の物語を描くオムニバス映画。監督は「さすらい」「赤い砂漠」など、60年代ヨーロッパ映画のモダニズムをリードした巨匠ミケロンジェロ・アントニオーニ。「ある女の存在証明」完成後脳卒中で倒れ、言語障害と右半身不随で再起が絶望視されていたが、「リスボン物語」のヴィム・ヴェンダースを補佐役に、13年ぶりの新作実現となった。ヴェンダースはスチル写真家としてアントニオーニに付き添いながら補佐、そして四つの挿話をつなぐ部分を演出。アントニーニを補佐して夫人のエンリカ・アントニーニがエグゼクティヴ・コンサルタントをつとめている(小さな役で出演も)。脚本はアントニオーニの短編小説集『Quel Bowling sul Tevere(あのテヴェレ河のボーリング、83年セッテンブリーニ・メストレ文学賞受賞)』からの四つの物語を基にアントニオーニ、ヴェンダース、トニーノ・グエッラが執筆。グエッラはアントニオーニの「夜」をはじめ、彼の作品を多数手掛けた現代イタリアを代表する脚本家。音楽はルチオ・ダラ、「都市とモードのビデオノート」「時の翼に乗って」のローラン・プチガン、ヴァン・モリソン、U2がブライアン・イーノと組んだ“パッセンジャーズ”(「さすらいの二人」の原題にちなんで命名された)。ヴェンダース演出のプロローグ、幕間、エピローグ部分は、撮影が「パリ、テキサス」「デッドマン」のロビー・ミューラー、編集がヴェンダースの全作を手掛けているペーター・ブルジコッダ。出演は仏、伊、米、スペインの新旧大スターが顔をそろえる。アントニオーニ自身を思わせる旅する映画監督には「メディストの誘い」のジョン・マルコヴィッチ。第1話にはイタリアの若手人気スターのキム・ロッシ=スチュアートと、カルロス・サウラの「エル・ドラド」子役で雑誌『エル』のモデルからアントニオーニが抜擢したイネス・サストル。第2話は「ブレイブハート」のソフィー・マルソー。第3話には「愛の報酬」のファニー・アルダンと「夜ごとの夢・リニア幻想譚」のキアラ・カッゼリ、「ニューエイジ」のピーター・ウェラー、「レオン」のジャン・レノ。第4話は「ふたりのヴェロニカ」「トリコロール/赤の愛」のイレーヌ・ジャコブと「恋人たちのアパルトマン」のヴァンサン・ペレーズ。そして第3話と第4話の幕間には「夜」「こうのとり、たちずさんで」の主演コンビ、「プレタポルテ」のマルチェロ・マストロヤンニと「心の地図」のジャンヌ・モローが特別出演。ちなみに、挿話のタイトルは原作の短編によるが、映画のなかでは一切言及はない。舞台となるのはアントニオーニの出身地フェラーラ、イタリアのリゾート港町ポルトフィーノ、パリ、南仏のエクス・アン・プロヴァンス。95年ヴェネチア映画祭国際批評家連盟賞受賞。
  • DECOY 密猟地帯

    2人の元秘密工作員が、ハイテク兵器を装備した傭兵団と戦いを繰り広げるサバイバル・アクション。「キングコング(1976)」「エイリアン」「E.T.」で3度のオスカーに輝いた特殊効果マンのカルロ・ランバルディがエグゼクティヴ・プロデュサーと特殊効果(特殊投擲器造形)で参加し、実子で『ザンゴリラ』(V)のヴィクター・ランバルディが監督を手掛けている。製作はゲイリー・カウフマン、アントニオ・F・コルテス、ロブ・キングの共同。脚本はロバート・サルノ、撮影は「キック・ボクサー」「13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!」のジョン・クランハウス、音楽はマーク・アドラー、美術はアンドリュー・デスキン、衣装はデレク・デスカーヴィルがそれぞれ担当。主演は「ニュー・エイジ」のピーター・ウェラーと「HONG KONG 1997 ラスト・バトル」のロバート・パトリック。共演は「ストーリービル 秘められた街」のシャーロット・ルイスほか。
  • ニュー・エイジ

    ひたすらスタイリッシュな生活を営み、忍び寄る不安には精神主義で対抗する享楽的で刹那的な人種=ニュー・エイジの夫婦の俗物ぶりを通して、現代アメリカの夢の崩壊を描いたシニカルな風俗ドラマ。撮影に使われた現代建築や美術品、衣装(ダナ・キャラン、イッセイ・ミヤケほか)などが重要な役割を果たしている。「ザ・プレイヤー」「ショート・カッツ」の脚本で注目されたマイケル・トルキンが、初監督と脚本を手掛けた。製作は「ザ・プレイヤー」のキース・アディスとニック・ウェシュラー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のオリヴァー・ストーンとアーノン・ミルチャン。撮影はジョン・J・キャンベル、音楽はマーク・マザースボー。主演は「裸のランチ」でも夫婦を演じたピーター・ウェラーとジュディ・デイヴィス。共演は「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソンほか。
  • 裸のランチ

    59年に発表され、その先鋭的言語表現とドラッグ感覚に濃く彩られた内容で一大センセーションを巻き起こしたウィリアム・バロウズの同名小説の映画化。バロウズの愛読者で、映画化の企画を長年温めていたという「戦慄の絆」のデイヴィッド・クロネンバーグが監督、脚本を手がけ、製作は「シェルタリング・スカイ」のジェレミー・トーマス、撮影は「戦慄の絆」のピーター・シャシスキーー、音楽は「ビッグ」のハワード・ショアが担当。
  • キャット・チェイサー

    元海兵隊のホテル経営者が、1人の女と愛を交わしたことから、彼女の夫の大金持ちの大悪党と彼の金を狙って群れる小悪党たちの争いに巻き込まれていく、売れっ子作家エルモア・レナードのピカレスク・ミステリの映画化。監督は「キング・オブ・ニューヨーク」のアベル・フェラーラ。脚本は原作者エルモア・レナードとジェームズ・ボレリ、アラン・シャープ。撮影は「地球に落ちて来た男」のトニー・リッチモンド。音楽はジャズ界の大物チック・コリアが担当。
  • スーパーコップ90

    ロサンゼルスを舞台に警察内部の腐敗と闘う刑事の姿を描くポリス・アクション。製作はジョン・ヴェイチ、監督はTV出身のボビー・ロス、脚本は「ダイ・ハード」のロデリック・ソープの原作を基にベネット・コーエンとビル・フィリップスの共同、撮影はティム・サーステッドが担当。出演はピーター・ウェラーほか。
  • ロボコップ2

    半分は人間、半分はメカの警察官ロボコップの活躍を描くアクション・シリーズ第2弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはパトリック・クロウリー、製作はジョン・デイヴィソン、監督は「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のアーヴィン・カーシュナー。フランク・ミラーの原作を基に、脚本はミラーとウォーロン・グリーンの共同、撮影はマーク・アーウィン、音楽はレナード・ローゼンマンが担当。出演はピーター・ウェラー、ナンシー・アレンほか。
  • 傷つけるほど愛して

    「ロボコップ」のピーター・ウェラーと、元ボンドガールのジェーン・シーモアが、狂おしいまでの激しく切ない愛を演じて見せるラブ・ロマンス。孤独な画家と富豪の妻が禁じられた愛に目覚め、悲劇的な結末へと導かれていく姿を描いている。監督は、メキシコ映画出身の俊英アントニオ・ドローヴ。
  • リバイアサン(1989)

    謎の怪物によって襲われる深海基地に従事する研究員たちの恐怖を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはローレンス&チャールズ・ゴードン、製作はルイジー&オーレリオ・デ・ラウレンティス、監督は「コブラ」のジョージ・P・コスマトス、脚本はデイヴィッド・ピープルスとジェブ・スチュアートの共同、撮影はアレックス・トムソン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演はピーター・ウエラー、リチャード・クレンナほか。
  • シェイクダウン(1988)

    若手弁護士とはみ出し刑事のコンビが、ニューヨーク市警内部にはびこる悪の組織と対決する姿を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはレオナード・シャピロとアラン・ソロモン、製作はJ・ボイス・ハーマン・ジュニア、監督・脚本は「プロテクター」のジェームズ・グリッケンハウス、撮影はジョン・リンドレイ、音楽はジョナサン・エリアスが担当。出演は「ロボコップ」のピーター・ウェラー、「マスク(1984)」のサム・エリオット、アントニオ・ファーガスほか。
  • ロボコップ(1987)

    殉職した警官が“ロボコップ”として甦り、コングロマリットと熾烈な戦いを展開するというSF・アクション・アドベンチャー。製作はアーン・シュミット、監督はこれが日本初公開作品となるポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイヴィソン、脚本はエドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナー、撮影はジョスト・ヴァカノ、音楽はバジル・ポールドゥリス、編集はフランク・J・ユリオスト、ロボコップ・デザイン&クリエイトはロブ・ボーティンが担当。出演はピーター・ウェラー、ナンシー・アレンほか。
    0
  • シュート・ザ・ムーン

    結婚して15年たつ夫婦間の危機を描く。製作はアラン・マーシャル、エグゼクティヴ・プロデューサーはエドガー・J・シェリックとスチュワート・ミラー、監督は「ピンク・フロイト・ザ・ウォール」のアラン・パーカー、脚本はボー・ゴールドマン、撮影はマイケル・セラシンが担当。出演はアルバート・フィニー、ダイアン・キートン、カレン・アレンなど。日本版字幕は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。1981年作品。
  • 家族の絆

    両親の離婚で生じる家庭内部の問題を扱う。製作はポール・ユンガー・ウィットとトニー・卜ーマス、監督は「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アプテッド、エグゼクティヴ・プロデューサーはスタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシング。撮影はラルフ・ボード、音楽はマイケル・スモールが担当。出演はテリー・ガー、ピーター・ウェラー、クリストファー・コレットなど。
  • 新・明日に向って撃て!

    無法の世界に生きる男同士の深い友情で結ばれたブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの若き日を描く。製作はガブリエル・カッカとスティーブン・バック、監督は「ロビンとマリアン」のリチャード・レスター。ウィリアム・ゴールドマンが「明日に向って撃て!」で創作した登場人物を基にアラン・バーンズが脚色。撮影はラズロ・コバックス、音楽はパトリック・ウィリアムズ、編集はジョージ・トリロゴフ、製作デザインはブライアン・イートウェルが各々担当。出演はウィリアム・カット、トム・ベレンジャー、ジェフ・コーリー、ジョン・シャック、ピーター・ウェラー、ブライアン・デネヒー、クリス・ロイド、ジル・アイケンベリー、アーサー・ヒル、ジョエル・フルーレン、レジナ・バフ、ピーター・プロッゴなど。
  • ドラキュラ・イン・ブラッド

    吸血鬼ドラキュラのモデルとなった実在のドラキュラに迫る興奮と衝撃のスペクタクル。強大なオスマン・トルコの捕虜として捕らえられた小国ワラキアの王子・ドラキュラとその弟。やがてその身を解放されたドラキュラは、政権を打ち立てようと試みる。【スタッフ&キャスト】監督:ジョー・チャッペル 製作:ピーター・ロック プロデューサー:ブッチ・カプラン 脚本:トーマス・ボーム 出演:ルドルフ・マーティン/ジェーン・マーチ/ピーター・ウェラー/ロジャー・ダルトリー
  • バイオ・ディザスター

    科学工場で悲惨な事故が発生、調査のため呼ばれた国連化学機動隊・デイビッド。そこで、15年前に細菌に感染し、それが原因で家族を死なせた惨事が米国政府の陰謀だった事実を発見する…。演技力抜群の3大スターが競演するバイオパニックアクション。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:ジョン・クレイマー/オリバー・G・ヘス 製作:ジュリア・バーディン 監督:アンソニー・ヒコックス 出演:ウィリアム・ハート/ナターシャ・マケルホーン/ピーター・ウェラー/カティア・ウォイウッド
  • デス・サファリ サバンナの悪夢

    『アイ,ロボット 』のブリジット・モイナハン主演で贈るパニックムービー。アフリカ旅行へやって来た1組の家族。楽しいはずのサファリツアーが、警備員がスリルを求めてメインロードを外れたことから一転、地獄のサファリツアーに変貌する。【スタッフ&キャスト】監督:ダレル・ジェームズ・ルート 出演:ブリジット・モイナハン/ピーター・ウェラー/カーリー・シュローダー
  • バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー

    『ロボコップ』のピーター・ウェラー主演による異色SFアドベンチャー。次元の壁を越えることに成功したバカルー・バンザイは、異次元から現れたエイリアンと戦うことに。“1枚買ったら1枚タダ!”キャンペーン第3弾。2003年10月15日までの期間限定出荷。【スタッフ&キャスト】監督・製作:W.D.リッチター 製作総指揮:シドニー・ベッカーマン 製作:ニール・カントン 原作:アール・マクラーク 出演:ピーター・ウェラー/ジェフ・ゴールドブルム/ジョン・リスゴウ/クリストファー・ロイド
  • ワイルド・ファイト エックス

    肉体派俳優、ゲイリー・ダニエルズ主演、『ロボコップ』のピーター・ウェラー共演のバトルアクション。闇ボクシングの八百長試合で勝ってしまった弟の負債を背負った兄・シェーン。弟の借金返済のため「伝説の王者」シェーンが再びリングに上がる。【スタッフ&キャスト】監督:ジョナス・カステル 製作:アンドリュー・ブロンスタイン/クリスチャン・ボスタネスク 出演:ゲイリー・ダニエルズ/ピーター・ウェラー/アーキー・リース/フィリップ・グレンジャー
  • ドラゴン・アイズ

    ジャン=クロード・ヴァン・ダムと現役格闘家兼俳優のカン・リーが共演したアクション大作。卓越した格闘技と不屈の精神力を持つ男が、ギャング団の恐怖に支配される街を救うべく立ち上がる様を、臨場感あふれる激しいアクションを交えて描く。【スタッフ&キャスト】監督:ジョン・ハイアムズ 製作:ジョエル・シルヴァー 脚本:ティム・トーリ 出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム/カン・リー/ピーター・ウェラー/クリスタル・マンテコン
    20
  • デッドリミット(1999)

    『山猫は眠らない2 狙撃手の掟』のトム・ベレンジャーが出演したサスペンスアクション。ルーマニアのアメリカ大使館がテロリストに占拠された。核兵器のシステム解除のエンジニアと、美人プログラマーが、テロリストの陰謀を阻止すべく立ち上がる。【スタッフ&キャスト】監督:グスタヴォ・グラフ・マリーノ 製作:ピーター・エイブラムス 原案:マーク・アミン 脚本:ロバート・ボリス 出演:トム・ベレンジャー/ピーター・ウェラー/ダリル・ハンナ/ブライオン・ジェームズ
    0
  • タワー・オブ・タイタンズ

    灼熱の砂漠を舞台に繰り広げられる、神秘と驚異のアドベンチャー。旧約聖書の創世記に記された巨人族の神殿“巨人の塔”を探していた高名な探険家・ジャンが、北アフリカで行方不明になった。彼の娘と弟は、ジャンを探す旅にそれぞれ出掛けて行くが…。【スタッフ&キャスト】監督:アルベルト・ネグリン 製作:マリオ・ガロ 原作:バレリオ・マンフレディ 音楽:エンニオ・モリコーネ 出演:ピーター・ウェラー/ベン・クロス/アイオン・スカイ/マルコ・ボニーニ
  • マッド・ティース

    自宅で姿なき侵入者の影におびえ、狂気の淵に立たされたウォール街のエリートビジネスマンを描くサスペンスホラー。監督はジョージ・P・コスマトス。出演はピーター・ウェラー、ジェニファー・デールほか。
  • 恐怖の訪問者

    『ロボコップ』のピーター・ウェラーが史上最悪の犯罪者を熱演したサスペンスドラマ。複雑な家庭事情を乗り越え、力強く生きようとするマギー。だが夫が謎の変死を遂げ、すっかり怖気づいてしまう。そんなマギーの下へ親戚と名乗るモリスが現れ…。【スタッフ&キャスト】監督:ヴィッド・サパースティン 原作:ロバート・ヒューストン 脚本:デヴィッド・サパースティン 撮影:ドミニク・シャピュイ 出演:ピーター・ウェラー/キャシー・ベイカー/ジョン・グローヴァー/ビル・スミトロヴィッチ

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/25

マット・ルブランク(1967)

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

諜報スペシャリストの美女トリオが活躍するアクション。1970年代の人気TVシリーズを映画化した第2弾。監督はシリーズ前作に続きマックジー。製作・主演も前作に続きドリュー・バリモア。脚本は「シックス・デイ」のマリアンヌ・ウィバーリー&コーマック・ウィバーリーほか。撮影のラッセル・カーペンター、美術のJ・マイケル・リーヴァ、武術指導のユエン・チョンヤンなど、主要スタッフは前作と同じ。共演は前作のキャメロン・ディアス、ルーシー・リュー、ルーク・ウィルソン、マット・ルブランらに加え、「薔薇の眠り」のデミ・ムーア、「オーシャンズ11」のバーニー・マックほか。

チャーリーズ・エンジェル(2000)

美人探偵三人組が大活躍するポップなアクション。1976年にスタートした大人気テレビドラマの映画化。監督はこれがデビューとなるマックジー。武術指導は「マトリックス」のユエン・ウーピン。製作・出演は「25年目のキス」のドリュー・バリモア。共演に「マルコヴィッチの穴」のキャメロン・ディアス、「シャンハイ・ヌーン」のルーシー・リュー、「クレイドル・ウィル・ロック」のビル・マーレーほか。
イリーナ・ダグラス(1965)

メガ・シャークVSグレート・タイタン

モンスターパニック映画シリーズ「メガ・シャーク」第4弾。メガ・シャークの卵から生まれた新メガ・シャークと巨人型兵器の戦いを描く。監督は、「アルマゲドン2014」のクリストファー・レイ。出演は、「ゴーストワールド」のイリアナ・ダグラス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015にて上映。

ファクトリー・ガール

1960年代のミューズとして生きたイーディ・セジウィックの生涯を描いた伝記ドラマ。「カサノヴァ」のシエナ・ミラーを主演に迎え、「メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ」のジョージ・ヒッケンルーパーが監督した。そのほかの出演者は「メメント」のガイ・ピアース、「ジャンパー」のヘイデン・クリステンセンなど。

NEW今日命日の映画人 7/25

下條正巳(2004)

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

天才えりちゃん金魚を食べた

6歳の少年が第8回福島正実記念SF童話大賞を受賞して話題となった同名の絵本をもとにしたファンタジー・アニメーション。1984年6月に宮崎県都城市で生まれた作者の竹下龍之介少年は、幼稚園年長組の夏休みに書いた受賞作以降、『えりちゃんシリーズ』として全4作を書き上げている。映画は、受賞作と第2作『天才えりちゃん月へ行く』をあわせてアニメ化した。総監督は「ウルトラマンカンパニー」の日下部光雄。主人公の兄妹の両親の役で、「新居酒屋ゆうれい」の松坂慶子と「風のかたみ」の阿部寛が声優をつとめた。同時上映「ポコニャン!」
ジョン・シュレシンジャー(2003)

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「ホフマン物語」

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの上演作品を映画館で上映するシリーズの1本で、「真夜中のカーボーイ」監督のジョン・シュレシンジャーが演出したオペラ。詩人ホフマンは恋敵であるリンドルフにそそのかされ、過去に愛した3人の女たちとの思い出を語り出す。ドイツの小説家E.T.A.ホフマンの小説が基になり、戯曲を経てフランスの作曲家ジャック・オッフェンバックによりオペラ化。

2番目に幸せなこと

一夜の過ちで子供を得て“夫婦”になった自立した女性とゲイの男性のカップルをめぐるドラマ。監督は「スウィーニー・トッド」のジョン・シュレシンジャー。脚本はトーマス・ロペルスキー。撮影は「アウト・オブ・サイト」のエリオット・デイヴィス。音楽は「シティ・オブ・エンジェル」のガブリエル・ヤレド。出演は「エビータ」のマドンナ、「恋におちたシェイクスピア」のルパート・エヴェレットほか。