ロバート・ケイン

ロバート・ケインの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 巴里の薔薇

    原作はデリーというペン・ネームでフランスの出版界を賑わしている匿名の兄妹の作家の作になる『ミッチ』“Mitsiでこれをメルヴィル・ブラウンとエドワード・T・ロウとが脚色した。監督は「闇の女神」等と同じくアーヴィング・カミングス、「メアリー・ゴー・ラウンド」「闇の女神」等と同じくメアリー・フィルビンが主演した。対手は「白絹の女」等出演のロバート・ケイン、「サロメ(1923)」「小公子」等出演のローズ・ディオン等で、ジョン・セント・ポリス、チェザーレ・グラヴィナ等も出演している。
  • 大自然の雄叫び

    「破竹の勢い」「昇天の意気」等と同じくトム・ミックス氏主演西部劇で、原作はジャクソン・グレゴリイ氏、脚色はウィンダム・ギッテンス氏、監督は前記二映画と同じくジョン・G・ブライストーン氏である。ミックス氏相手役は珍しく「鉄拳制裁」「曲馬団の闘将」等出演のアリス・カルホーン嬢が勤め、ロバート・ケイン氏、ウォルター・ジェームズ氏、カール・デーン氏等が共演している。
  • 浮気禁制

    エセル・ヒル、エニッド・ヒバード合作の物語をリリー・ヘイワードが脚色し、「夜会服の男」「虚栄地獄」などと同じくモーリス・エルヴィーが監督したもので「恋愛講座」「救助信号」等出演のエレン・ハンマーシュタイン、「傷める胡蝶」「神出鬼没鬼警官」等出演のハーバート・ローリンツ「台風の娘」「君国の為に」等出演のドロシー・フィリップスが共演し、ロバート・ケイン、ダイアナ・ミラー等が助演している。
  • 運転手閣下

    「名馬一鞭」に続いてジョニー・ハインズ氏がワーナー・ブラザース社で主演した映画で、原作は氏自身が書き、チャールズ・ハインズ氏とフランク・グリフィン氏とが監督した。ハインズ氏の相手には「自由結婚」出演のドリス・メイ嬢である。
  • 白絹の女

    デイヴィッド・ライルが1916年に著した同じ名の小説から脚色したもので、「世界に鳴る女」「黄金の篭」と同じくサム・ウッド監督、グロリア・スワンソン主演になったもので、対手は「焼け爛れし翼」のコンラッド・ネーゲルと「運命の鼓」のロバート・ケインとである。
  • 紐育の十字路

    セネット氏製作に係わる長尺喜活劇で、「笑王ベンターピン」「モリー・オー」等と同じくリチャード・ジョーンズ氏が監督した。俳優としては「干潮」のノア・ビアリー氏「笑王ベンターピン」のキャスリン・マクガイア嬢、「一騎当千の男」のエセル・グレイ・テリー・テリー嬢等を始め、ロバート・ケイン氏、ジョージ・オハラ氏、チャールズ・マレイ氏、エディ・グリッボン氏、レイモンド・グリフィス氏等が出演している。喜劇と言わんよたりは活劇と言うべき程の壮快なものである。
  • 受領証

    「トスカ」「巴里の幾夜」「暗より光明へ」「妻となりて」「マダムX」など主演のポーリン・フレデリック嬢のパラマウント社主演映画。監督は「緑樹の下に」「心の眼」「黄室の秘密」等と同様エミール・ショータール氏。ユージーン・ウォルター氏原作の舞台劇を名脚色家チャールズ・E・ウィティカーが脚色したもので、相手役はファーグスン、フレデリックと数多共演し、最近「鉄拳の治むる国」出演のウィンダム・スタンディングである。その他「男性と女性」「西部の荒武者」など出演のロバート・ケインやフランク・ロシーらが共演する。
  • 怒号する天地(1925)

    ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏作の小説に基づいてブラッドリー・キング女史が脚色し、「輝く一路」「愛の大雪嶺」等と同じくレジノールド・パーカー氏が監督したもので主役は「喧嘩両成敗」「サンキュー」等出演のジャクリーン・ローガン嬢で、「嵐の虜」「戦禍」等出演のウオルダー・マツグレール氏が相手役を演じ「新婚第一年」「喧嘩両成敗」等出演のマーガレット・リヴィグストン嬢、ロバート・ケイン氏、フランク・キーナン氏、ダイアナ・ミラー嬢等が助演している。
  • 愛の琴線

    ファーナム氏が西部劇を棄てて、純然たる性格俳優となっている。「夜の狼」「我れ若し王者なりせば」等と同じくJ・ゴードン・エドワーズ氏の監督で、対手はグレイディス・コバーン嬢とベティー・ミルバーン嬢とである。
  • 燃ゆる砂

    「シーク」「再生の国」と同様パ社ジョージ・メルフォード氏監督作品で、「アナトール」「熱国の薔薇」等出演のワンダ・ホウリー嬢、「我が妻を見よ」「熱国の薔薇」等のミルトン・シルス氏の主演でその他フォックス物や「モヒカン族の最後(1920)」のアルバート・ロスコー氏、ジャクリーン・ローガン嬢、ウィンター・ホール氏等が共演している。アーサー・ウェイゴー氏の原作をオルガ・プリンツロー女史とウォルデマー・ヤング氏が脚色した。
  • 男・女・結婚

    「運命(1919)」「幸福」等を残してユ社を去ったドロシー・フィリップス嬢と父君アレン・ホルバー氏とが作った最初の独立映画で、ファースト・ナショナル社から発売されたものである。オルガ・スコル女史の原作をホルーバー氏が脚色監督したもの。相手役はジェームズ・カークウッド氏その他ロバート・ケイン氏、ラルフ・ルイス氏、J・バーニー・シェリー氏等が出演している。
  • 1918年にベーコン・バッカー会社の発売した映画で、ペリー・N・ヴェクロフ氏の監督である。「夫の真相」など出演の性格女優アンナ・レアーが主役である。そのほかハントリー・ゴードン、ガートルード・マッコーイらの顔が見える。
  • 暗中飛躍

    ウィリアム・ジレット氏原作の舞台劇を、ビューラー・マリー・ディックス女史が脚色し「神の賜わりし女」等の監督ヒュー・フォード氏が監督した特作映画で、新御目見得のロバート・ワーウィック少佐が主役である。相手は真のオール・スター・カストから成り立っている。ワンダ・ホウリー嬢、セオドア・ロバーツ氏、レイモンド・ハットン氏、アーヴィング・カミングス氏その他の御歴々が揃っている。劇は南北戦争時代を背景としたもので、南部へ入り込んだ北軍の秘密探偵ルイズ・デューモントの奮闘を描き、南部の娘エディス・ヴァーネイとの恋物語が展開される。「真に偉大な映画の1つ」と、ニュース誌が激賞している。
  • 男子の愛

    フォックス社入社後のウィリアム・ラッセル映画で、ハロルド・タイタスのBruce of Circle Aなる小説をジョセフ・アンソニー・ローチが脚色し、監督は「西部の荒武者」と同様エメット・J・フリンである。相手役は「太陽児」そのほか出演のヘレン・ファーガソンである。
  • 丑満時

    オーガスタス・トーマス氏の有名な同名の舞台劇を「緑の誘惑」等と同様ジュリア・クロフォード・アイヴァース・アイヴァース女史が脚色し、故ウィリアム・デスモンド・テイラー氏が監督したパラマウント映画である。珍しい事に多くの同社映画で殆ど相手役としてのみ出演していたエリオット・デクスター氏が主演している。相手役は「氷原の獅子咆」「暗黒部落」等出演のルス・レニック嬢で、その他ウィンター・ホール氏がメアリー・アルデン嬢等立派な顔触れである。 譚りはジャック・ブルックフィールドというケンタッキーの賭博者を中心としたもので、彼の姪の許嫁者クレイ・ホィップルがある殺人事件について嫌疑をかけられた。その真相を明らかにする迷宮の鍵を彼が握っている所から素晴らしく劇的な筋を展開するのである学界に興味ある問題として研究の余地をまだ残している所の睡眠術の不思議を劇中に取り入れてある点については「暁の前1時間」等と同様な趣きがある。
  • 競争心

    「魔速力」「大陸突破」その他自動車活劇の原作を数多く書いたバイロン・モーガン氏の小説を、ウィル・M・リッチー氏が脚色し、「揺藍」等と同じくポール・パウエル氏の監督したもの。主役は「野良犬と金剛石」「愛着の道」等主演のアグネス・エイアース嬢、「泣くな我が妻」等出演のリチャード・ディックス氏で、「ふるさとの家」のセオドア・ロバーツ氏も出演する。
  • 踊れ若者

    ハロルド・ブリグハウス原作の舞台劇「他の時代」“Other_Timesに基づき、ビューラー・マリー・ディックスが脚色し、チャールズ・レイのパラマウント映画を監督して有名なジェローム・ストームが監督したもので、主役は「アダムス・リブ」「失うべからず」等出演のセオドア・コスロフ、「危険なる処女時代」等でのアイリーン・パーシー、「巨人大望」等出演のリカルド・コルテス等である。
  • 三人娘

    ハロルド・モンタニー氏の原作をバーナード・マッコンヴィル氏が脚色し「帰り来し男」「愛? 金?」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督したもので「戦禍」「アイアン・ホース」等出演のマッジ・ベラミー嬢と「恐怖の家」「夢と現実」等出演のエセル・クレイトン嬢とが主演し「漂白の踊り子」等出演のフリーマン・ウッド氏「躍る若者」等出演のロバート・ケイン氏及びキャサリン・ペリー嬢、チャールズ・ファーレル氏等が助演している。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/1

ジェイソン・モモア(1979)

DUNE デューン 砂の惑星

アクアマン

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワンによる海中バトル・アクション。人間として育てられた海底王国アトランティスの末裔アクアマン。アトランティスが人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼は地上と海、どちらを守るのか……。出演は、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェイソン・モモア、「リリーのすべて」のアンバー・ハード、「LION ライオン 25年目のただいま」のニコール・キッドマン。
ロバート・クレイ(1953)

チャック・ベリー ヘイル・ヘイル・ロックンロール

86年10月16日、セントルイスのフォックス・シアターで行なわれたチャック・ベリー“60歳バースデー・コンサート”の模様を中心に、インタヴュー、リハーサル風景などを盛り込んで“ロックンロールの王者”チャック・ベリーの姿を浮き彫りにするドキュメンタリー。製作はステファニー・ベネットとチャック・ベリー、監督は「ホワイトナイツ 白夜」のテイラー・ハックフォード、撮影は「プリック・アップ」のオリヴァー・ステイプルトン、音楽プロデュースはキース・リチャーズが担当。出演はメイン・バンドのベリーとリチャーズのほかに、ゲスト・ミュージシャンのエリック・クラプトン、リンダ・ロンシュタット、ジュリアン・レノン、コメンテイターのブルース・スプリングスティーンほか。

NEW今日命日の映画人 8/1

該当する人物がいません