ジャン・チャップマン

ジャン・チャップマンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ベイビーティース

    第76回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞ほか各国の映画祭で受賞したラブストーリー。病気を抱える16歳の女子高生ミラは、孤独な不良少年モーゼスと恋に落ちる。ミラの両親は猛反対するが、ミラは自分を特別扱いしない彼に惹かれていく。出演は、「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」のエリザ・スカンレン、「シークレット・オブ・ハロウィン」のトビー・ウォレス、「ババドック 暗闇の魔物」のエシー・デイヴィス、「キャプテン・マーベル」のベン・メンデルソーン。監督は、ドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』などを手掛け、本作が長編デビューとなるシャノン・マーフィー。
    91
    • 感動的な
    • 泣ける
  • ババドック 暗闇の魔物

    シングルマザーに忍び寄る謎の怪物の恐怖を描くホラー。監督・脚本は、本作が長編デビューとなる新人女性監督ジェニファー・ケント。出演は、「オーストラリア」のエシー・デイヴィス。シッチェス国際映画祭審査員特別賞・最優秀女優賞受賞のほか、世界各国の映画祭で合計35部門受賞、50部門以上にノミネートされた。
    70
  • ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(うた)

    夭折した英国の詩人ジョン・キーツの生涯と愛を、史実に基づき情熱的に描き出す感動作。監督は、「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオン。出演は、「エリザベス ゴールデン・エイジ」のアビー・コーニッシュ、「パフューム ある人殺しの物語」のベン・ウィショー。アカデミー賞衣装デザイン賞ほか、ノミネート多数。
  • ホーリー・スモーク

    ヒンズー教の熱狂的信者となった女性と、マインド・コントロールを解く専門家が一軒家にこもり、精神的に闘い合ううちに新たな生に目覚めていく姿を大胆な性描写を盛り込んで描いた問題作。主演は「タイタニック」のケイト・ウィンスレットと、「レザボアドッグス」のハーヴェイ・カイテル。監督は「ピアノ・レッスン」「ある貴婦人の肖像」のジェーン・カンピオン。
  • ルイーズとケリー

    大人になれば壊れてしまう思春期の少女の友情を、時間が逆行する独特の手法で描いた作品。監督は「ある貴婦人の肖像」のジェーン・カンピオンで、彼女の出世作となった。製作は「ピアノ・レッスン」のジャン・チャップマン。脚本はヘレン・ガーナー。撮影はジュリアン・ペニー、音楽はマーティン・アミガー、美術と衣裳はジャネット・パターソン、編集はビル・ルッソ。出演はエマ・コールズとクリス・ビデンコ。
  • ラブ・セレナーデ

    二人の姉妹が一人の隣人に恋したことから起こる騒動を、オフビートかつシュールなタッチで描くブラックな恋愛コメディ。監督・脚本はテレビ・ドラマ畑出身のシャーリー・バレットで、本作が劇場用長編第1作。製作は「ピアノ・レッスン」のジャン・チャップマン。撮影はマンディ・ウォーカー。美術はスティーヴン・ジョーンズ=エヴァンズ。編集はバレット監督とテレビ時代から組んでいるドゥニーズ・ハラッジス。音楽には本作の題名『Love Serenade』を借用したバリー・ホワイトの曲が、ラジオから流れる形で使用されている。出演は本作が日本初登場となるミランダ・オットー、これが初の主演作であるシドニー・シアター・カンパニー出身のレベッカ・フリス、『デッド・カーム 戦慄の航海』(V)のジョージ・シェヴソフ、中国系イギリス人で72年以来オーストリアに移住しているジョン・アラン・スーほか。カンヌ映画祭最優秀新人監督賞(カメラドール)受賞。
  • 15歳のダイアリー

    『アバター』のサム・ワーシントンとアビー・コーニッシュ共演、15歳の少女の性と成長を描いたエロティック青春ドラマ。ある日、母親の恋人とキスをしているところを見られ家を飛び出したハイジは、小さな町で新生活を始めるが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ケイト・ショートランド 製作総指揮:ジャン・チャップマン 撮影:ロバート・ハンフリーズ 音楽:デコーダー・リング 出演:サム・ワーシントン/アビー・コーニッシュ/リネット・カラン/リーア・パーセル

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?