ダニー・ボイル ダニーボイル

  • 出身地:ランカシャー州ラドクリフ
  • 生年月日:1956/10/20

略歴 / Brief history

【英国映画復興を担い、疾走し続ける新感覚映像作家】イギリス、ランカシャー州ラドクリフの生まれ。両親は労働者階級だった。ウェールズのバンゴア大学卒業後に舞台監督として活動を始め、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーほかの演出を手がけた。1980年代にはテレビ界へ進出、92年に人気ドラマ『モース警部』の2話を監督し注目される。94年、死体と大金をめぐるサスペンス「シャロウ・グレイブ」で劇場映画監督デビュー。ブラック・ユーモアとスタイリュッシュな映像が話題となり、英国アカデミー賞でもアレキサンダー・コルダ賞(優秀英国映画に授与)を獲得した。96年発表の第2作「トレインスポッティング」は前作同様の低予算映画ながら世界中で大ヒット、英国映画史上最も興行収入を上げるという成功を得た。翌97年にはハリウッドに招かれロマンティック・コメディの「普通じゃない」を監督。しかし、続くレオナルド・ディカプリオ主演の青春アドベンチャー「ザ・ビーチ」(00)は大ヒットに繋がらず、再び英国に戻ってテレビドラマを手がける。こののちに製作したホラー「28日後…」(02)は世界的なヒット作となった。やはり英国で撮った宇宙SFの「サンシャイン2057」(07)には、日本から真田広之がキャストに招かれている。08年の「スラムドッグ$ミリオネア」は各国で絶賛され、英国アカデミー賞では作品賞・監督賞など7部門を独占、米アカデミー賞でも作品賞・監督賞ほか全8部門を制覇する快挙となった。【英国映画界復興の起爆剤】50~60年代のフリーシネマ以後、衰退の途をたどっていた英国映画界において、80年代デヴィッド・パットナム製作作品群の盛況、90年代初頭のケン・ローチやマイク・リーによる作家映画の再燃を承け、新たな“イギリス・ルネッサンス”の興隆を担った。その先陣を切ったのが「トレインスポッティング」であり、マーク・ハーマンの「ブラス!」(96)やピーター・カッタネオの「フル・モンティ」(97)などとともに、英国映画の復興を海外に印象づけている。経済不況下の市井の人々を描く後続の社会派ハートウォーミング・ドラマに対し、ボイルは、ポップカルチャーを斬新な手法でスタイリッシュに描く作品群で英国映画人気を支え続けた。人気作家となって以後はジャンル映画にも臆することなく挑戦し、スピード感溢れる斬新な映像感覚と、英国流のブラック・ユーモアとで新たなファン層を開拓。「ザ・ビーチ」など米国製作作品の不発を鑑みて、非ハリウッド的な小品にこそボイルの手腕が発揮されるともみなされている。各国の映画賞を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」では、インド・ムンバイでオールロケ、現地人俳優を起用、現地の基本用語で撮り上げるなど、英国映画でありながらインド社会を掘り下げる表層を持たせ、なおかつハリウッド的エンターテインメントの味わいを含めるという新境地を開いた。

ダニー・ボイルの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • イエスタデイ(2019)

    ダニー・ボイルが、リチャード・カーティスの脚本を映画化したユニークな音楽ドラマ。無名のシンガーソングライター、ジャックはある日、交通事故に遭遇。昏睡状態から目を覚ますとそこは、自分以外誰一人としてザ・ビートルズを知らない世界になっていた。出演はテレビ作品を中心に活躍するヒメーシュ・パテル、「シンデレラ」のリリー・ジェームズ。
    95
    • 感動的な
    • 泣ける
    • かっこいい
  • T2 トレインスポッティング

    ダニー・ボイル監督をはじめオリジナルのスタッフ・キャストが20年ぶりに再結集した「トレインスポッティング」の続編。大金を持ち逃げしてから20年。エディンバラに戻って来たレントンは、スパッドやシック・ボーイ、ベグビーらかつての仲間と再会するが……。ユアン・マクレガーがレントンを、ユエン・ブレムナーがスパッドを、ジョニー・リー・ミラーがシック・ボーイを、ロバート・カーライルがベグビーを前作同様演じる。脚本も同じくジョン・ホッジが担当。
  • スティーブ・ジョブズ(2015)

    「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイルがアップル社の共同創業者である故スティーブ・ジョブズの半生に迫った伝記ドラマ。MacintoshやiMacなどの3つの新作発表会にスポットを当て、その舞台裏と父としての素顔を浮き彫りにする。原案は、ウォルター・アイザックソンの同名ベストセラー。脚本を「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンが担当。出演は「それでも夜は明ける」のマイケル・ファスベンダー、「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレット、「ネイバーズ」のセス・ローゲン。
  • ナショナル・シアター・ライヴ 2014 「フランケンシュタイン」

    イギリス演劇界の最高峰ロイヤル・ナショナル・シアターの舞台を映像化した“ナショナル・シアター・ライヴ”第1弾。監督は、「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル。出演は、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のベネディクト・カンバーバッチ、「トレインスポッティング」のジョニー・リー・ミラー。
  • トランス(2013)

    名画を略奪した競売人がその隠し場所の記憶を失い、催眠療法で記憶を復活させようとするが、予期せぬ事態に陥っていく姿を描くサスペンス。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル。出演は「つぐない」のジェームズ・マカヴォイ、「ブラック・スワン」のヴァンサン・カッセル、「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」のロザリオ・ドーソン。
  • サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ

    長きにわたり映画の記録媒体であったフィルムがデジタルシネマの台頭により消えつつある現状を踏まえ、誕生以来技術革新を重ねてきた映画の未来について考察するドキュメンタリー。「マイ・プライベート・アイダホ」「スピード」「マトリックス」など長きにわたり映画に携わり、映画が作られるプロセスの変化を見つめてきた俳優キアヌ・リーブスが本作を企画製作。キアヌ自身がナビゲーターとして、「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ、「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカス、「タイタニック」のジェームズ・キャメロンらハリウッドを代表する名だたる監督や撮影監督、編集技師などの映画関係者にインタビューをしている。
  • 127時間

    単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞に輝いたダニー・ボイル。ジェームズ・フランコ(「スパイダーマン3」)の主演男優賞を始め、アカデミー賞で6部門にノミネートされた。
  • スラムドッグ$ミリオネア

    過酷な人生を駆け抜けてきた少年が、チャンスを掴み取るため世界最大のクイズショーに出演する。インドの作家ヴィカス・スワラップの小説「ぼくと1ルピーの神様」を、「トレインスポッティング」「サンシャイン2057」のダニー・ボイルが監督。脚本は、「フル・モンティ」のサイモン・ビューフォイ。世界各国の映画祭で多くの賞に輝き、アカデミー賞でも作品賞をはじめ8部門を独占した。インド版「クイズ$ミリオネア」のMC役は、インド映画界では大スターのアニル・カプールが演じ、他の俳優もほとんど日本では無名だが、それゆえに圧倒的なリアリティを感じさせられる。インドでオール・ロケーションされたイギリス映画。
  • 28週後…

    根絶したはずの“RAGE”は、まだあるひとりの体内に潜伏していた。感染すると見境なく人間を襲ってしまう新種ウィルスをめぐる前作「28日後...」のその後を描く。製作総指揮は「28日後...」のダニーボイル。監督は「10億分の1の男」のファン・カルロス・フレスナディージョ。主演は「トレインスポッティング」のロバート・カーライル。
  • サンシャイン2057

    人類破滅を阻止するための太陽への旅を映像化したSFヒューマン・アドベンチャー。主演には、アイルランドのキリアン・マーフィ(「麦の穂をゆらす風」)、日本の真田広之(「たそがれ清兵衛」)、香港のミシェル・ヨー(「SAYURI」)など、国際色豊かな顔ぶれ。監督は「トレインスポッティング」のダニー・ボイルである。
  • ミリオンズ

    大金を拾った幼い兄弟の珍騒動と奇跡を描くハートフルなドラマ。監督は「28日後…」のダニー・ボイル。脚本は「CODE46」のフランク・コットレル・ボイス。撮影は「28日後…」「ドッグヴィル」のアントニー・ドッド・マントル。音楽は「28日後…」「ダブリン上等!」のジョン・マーフィ。美術は「28日後…」「CODE46」のマーク・ティルデスリー。編集は「28日後…」のクリス・ギル。衣裳は「恋はハッケヨイ!」のスザンナ・バクストン。出演はこれが映画デビューとなるアレックス・エテル、ルイス・マクギボン、「ラッキー・ブレイク」のジェームズ・ネスビット、「スティル・クレイジー」のデイジー・ドノヴァン、「HOTEL」のクリストファー・フルフォードほか。
  • 28日後…

    死のウィルスにより廃墟になった世界での生き残りを描く恐怖映画。監督は「ザ・ビーチ」のダニー・ボイル。脚本は「ザ・ビーチ」の原作者だったアレックス・ガーランド。撮影は「ジュリアン」のアンソニー・ドッド・マントル。音楽は「容疑者」のジョン・マーフィ。美術は「24アワー・パーティ・ピープル」のマーク・ティルデスリー。衣裳は「ブリジット・ジョーンズの日記」のレイチェル・フレミング。出演は「ザ・トレンチ 塹壕」のキリアン・マーフィ、「えびボクサー」のナオミ・ハリス、「24アワー・パーティ・ピープル」のクリストファー・エクルストン、「がんばれ、リアム」のミーガン・バーンズ、「ギャング・オブ・ニューヨーク」のブレンダン・グリーソンほか。
  • ザ・ビーチ

    現代の若者の倦怠と狂気を美しいリゾート地を舞台に描いたサスペンス・ロマン。アレックス・ガーランドの同名ベストセラー小説の映画化。監督は「普通じゃない」のダニー・ボイル。脚本は「普通じゃない」のジョン・ホッジ。撮影は「エビータ」のダリアス・コンジ。音楽は「隣人は静かに笑う」のアンジェロ・バラメンティ。出演は「仮面の男」のレオナルド・ディカプリオ、「愛の悪魔」のティルダ・スウィントン、「プレイバック」のヴィルジニー・ルドワイヤンほか。
  • 普通じゃない

    天使の策略で出会った男女の恋の逃避行を、ポップな演出で見せていくオフビートなラヴ・コメディ。監督は「シャロウ・グレイブ」「トレインスポッティング」の英国の新鋭ダニー・ボイルで、彼のハリウッド進出第1作。製作のアンドリュー・マクドナルド、脚本のジョン・ホッジ、撮影のブライアン・タファノ、美術のケイヴ・クイン、編集のマサヒロ・ヒラクボ、衣裳のレイチェル・フレミングはボイル作品の常連。音楽監修は「KIDS」のランドール・ポスター。振付はアダム・シャンクマン。主演はボイル作品の顔であるユアン・マクレガー。「ベスト・フレンズ・ウェディング」のキャメロン・ディアス、「クラッシュ」のホリー・ハンター、「身代金」のデルロイ・リンド、「スウィート ヒアアフター」のイアン・ホルム、「シェフとギャルソン、リストランテの夜」のトニー・シャルホウブ、スタンリー・トゥッチほか。
  • ツイン・タウン

    ウェールズの田舎町スウォンジーを舞台に、3歳違いの兄弟なのにもかかわらずツインズ(双子)と呼ばれる町の厄介者コンビを描くブラック・ユーモア満載のコメディ。監督・脚本はこれがデビュー作となるケヴィン・アレン。製作は「グレアム・ヤング毒殺日記」のピーター・マカリーズ。製作総指揮は「トレインスポッティング」の監督ダニー・ボイルと製作者アンドリュー・マクドナルド。共同脚本はケヴィン・アレンの幼なじみであるポール・ダードン。撮影はジョン・マティソン。音楽はマーク・トーマス。音楽監修はスティーヴ・リンゼイで、スーパー・ファーリー・アニマルズやカタトニアらウェールズ出身のバンドの曲も使われている。美術はパット・キャンベル。編集はオラル・ノリー・オティ。衣裳はオアシスやブラーのスタイリストを務めたこともある「トレインスポッティング」のレイチェル・フレミング。出演は『August』のリス・エヴァンス、その実弟であるリル・エヴァンズ、『ナインハーフ2』(日本ではビデオのみ)のダグレイ・スコットほか。
  • トレインスポッティング

    ヘロイン中毒に陥った若者たちの生態を、斬新な映像感覚で生々しく描いたドラマ。監督はテレビの演出を経てデビュー作「シャロウ・グレイヴ」をヒット作に押し上げたダニー・ボイルで、監督第2作の本作はカンヌ国際映画祭で話題を集め、またアメリカでもヒットを記録。原作はイギリスでカルト的人気を誇るアーヴィング・ウェルシュの同名小説(邦訳・青山出版社刊)。製作のアンドリュー・マクドナルド(「赤い靴」「黒水仙」の監督エメリック・プレスバーガーの孫)。主演は「シャロウ・グレイヴ」に続き起用された新進ユアン・マクレガー。共演は「リフ・ラフ」「司祭」のロバート・カーライルほか。また原作者のアーヴィング・ウェルシュも小さな役で顔を出している。
  • シャロウ・グレイブ

    共同生活を送る3人の若者に、降って沸いたような大金と死体をめぐる、ブラックなサスペンス。監督はテレビ演出から本作で長編映画デビューしたダニー・ボイルで、この「シャロウ・グレイヴ」と次作「トレインスポッティング」の2作のヒットで一躍注目を集めた。製作のアンドリュー・マクドナルドは、「赤い靴」などの監督エメリック・プレスバーガーの孫にあたる。脚本のジョン・ホッジは医者の出身で、監督のボイル、製作のマクドナルドと組んだ本作がデビュー作にあたり、引き続き「トレインスポッティング」の脚本も担当した。撮影のブライアン・トゥファノ、美術のケイヴ・クイン、編集のマサヒロ・ヒラクボはボイルとはテレビ時代から組んでいるスタッフで、次作「トレインスポッティング」にも参加。出演は「エンジェル・アット・マイ・テーブル」のケリー・フォックス、「死とコンパス」のクリストファー・エクルストン、「トレインスポッティング」のユアン・マクレガーほか。
  • ヴァキューミング

    『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が描くファンキーでロックテイストあふれる青春ドラマ。トップのセールスマンに与えられるという“黄金の掃除機賞”と豪華賞品を目指して、電気掃除機のセールスマンたちが過激な販売合戦を繰り広げる。【スタッフ&キャスト】監督:ダニー・ボイル 製作総指揮:ヒラリー・サルモン 製作:マーティン・カー 製作・脚本:ジム・カートライト 出演:ティモシー・スポール/ミッシェル・ベグリー/ケティー・キャヴァナー/ジュリー・ブラウン
  • ストランペット

    『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が描く、エッジのきいたパンクな青春ドラマ。孤独に塞ぎ込む少女と詩の朗読しか拠り所の無い青年が、音楽をきっかけに恋に落ちる。しかし、残酷な運命が次第に彼らの仲を引き裂いていく。【スタッフ&キャスト】監督:ダニー・ボイル 製作総指揮:ヒラリー・サルモン 製作:マーティン・カー 製作・脚本:ジム・カートライト 出演:クリストファー・エクルストン/ジェンナ・ジー/スティーヴン・ダコスタ/スティーヴン・ウォルターズ