ジョージ・ピアース

ジョージ・ピアースの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 間奏楽

    「恋の一夜」「歌の翼」と同じくグレイス・ムーアの主演する映画で、「オペラ・ハット」「或る夜の出来事」を脚色したロバート・リスキンがエセル・ヒル、セドリック・ウォース合作のアイディアに基づいて脚本を執筆併せて自ら第一回監督作品として完成したもの。相手役は「結婚の贈物」「暁の爆撃機」のケーリー・グラントで、その他、「噫初恋」のアリーン・マクマホン、、「小公子」のヘンリー・スティーブンソン、「花嫁凱旋」のトーマス・ミッチェル、キャサリン・ドゥセット、ルイ・アルバーニ、等が出演している。撮影は「意気な紐育っ子」「花嫁凱旋」と同じくジョセフ・ウォーカーが担当し、映画中の新曲は「ショーボート」「有頂天時代」のジェローム・カーンが作曲、アンサムブル場面にはラジオ・シティー・ミュージック・ホールのレオン・レオニドフが参興した。
  • 愁いの明星

    ガーディ・ウェントウォース・ジェームズ氏の原作になった小説に基づき、ベス・メレディス女史が脚色し「十番目の女」と同じくジェームズ・フラッド氏が監督したものである。主役は「恋の人形」「子を忘れし母」等出演のアイリーン・リッチ嬢で、ハントリー・ゴードン氏、ジョン・ハロン氏、ジューン・マーロウ嬢、エリノア・フェアー嬢、ガートルード・アスター嬢、ドン・アルバラドー氏等助演。
  • のらくら新療法

    「缶詰行進曲」「長屋騒動パリの巻」と同じくウィリアム・ボーディン氏の監督作品である。グラディス・ジョンスン女史の原作をモートン・ブルーメンストック氏が潤色し併せて撮影台本を執筆した。主役は「娘一人に婿百人」「南京豆小僧大成功」主演のローラ・ラ・プラント嬢で、「長屋騒動パリの巻」「激浪の響」のチャールズ・デニラー氏が相手役を演ずるほか、ジョージ・ピアース氏、アーサー・ホイト氏、ジョーン・スタンディング嬢、アイリーン・マニング嬢、等が主演している。
  • 頬は薔薇色

    「おしゃれ牧場」「女給と強盗」と同じくフランク・タトルが監督した映画で、ルイス・ビーチ作の舞台劇に基づいて「王様ごっこ」「スーキー」のジョセフ・L・マンキーウィッツがセナリオを書いた。主要俳優は「めくらの鼠」「沈黙の犯罪」のチャールズ・ロジャス、「タッチダウン」「沈黙(1931)」のペギー・シャノン、「春ひらく(1931)」「女は真っ平(1931)」のチャールズ・ラグルズ、「鉄壁の男」「山猫酒場」のフランセス・ディー、ベネット姉妹の父親で有名な舞台俳優たるリチャード・ベネット、「特集社会面」「都会の世紀末」のフランセス・スター等で、「蝙蝠は囁く」「恋愛即興詩」のモード・エバーン、「失われた抱擁」のデイヴィッド・ランドー、メアリー・カーライル・アレン・ヴィンセント等が助演している。カメラは「偽りのマドンナ」「ダグラスの世界一周」のヘンリー・シャープの担任である。
  • 太古の恋人

    アメリカ有名の劇作家エドガー・セルウィン原作の舞台劇「離婚した女」'The Divo cee'を、「ユーモレスク(1920)」「冬の蜘蛛」等を脚色したフランセス・マリオンが脚色し、「結婚とは」等と同じくシドニー・A・フランクリンが監督した人情喜劇で、「舞台劇に憧れて」「娘も年頃」等と同じくコンスタンス・タルマッジと、ケネス・ハーランが共演し、その他に「亭主の好きな」でコンスタンスの対手をしたハリソン・フォードも出演する。
  • 固唾を呑んで

    クリスチー喜劇の社長アル・クリスチー氏が製作してホドキンスン社から発売した特作喜活劇で、フランク・ローランド・コンクリン氏の原作を、「ターザン」「八一三」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したもの。主役は最近ウォーナー・ブラザース社のスターと成っているドロシー・デヴォーア嬢で、ウォルター・ハイアース氏、タリー・マーシャル氏等が共演し、その他有名な喜劇俳優が多数出演している。クライマックスでは高い建物の上でドヴォアー嬢が要心無用のロイド張りを演じている。
  • 愛の曳船

    シー・ガードナー・サリュァン氏が原作を書き「子供の世界」「美人食客」等と同じく」ウィリアム・ボーディン氏が監督したもので主役は「人類の破滅」「干潟」等出演のジェームズ・カークウッド氏と「干潟」等出演のライラ・リー嬢が共演。「女難襲来」「戦禍」等出演のマーガレット・リヴィングストン嬢が共演している。
  • 無我夢中

    カレン・ランディシ氏と新進パッシー・ルス・ミラー嬢との共演ゴールドウィン映画でチャールス・レイ氏映画等の原作を多数書いたジュリエン・ジョセフソン氏の原作脚色である。監督はウィリアム・ボーディン氏。
  • 気侭な花嫁

    ドロシー・ファーナム女史の原作をアレクサンダー・ニール氏が脚色し「美人食客」「子供の世界」と同じくウィリアム・ポーディン氏が監督したもので主役は「戦友の妻」「金に飽かして」等出演のベーブ・ダニエルス嬢で相手役は「蕃地のロレーン」「西空の下に」等出演のノーマン・ケリー氏が演じ、リー・モーラン氏、アーサー・ホイト氏等が助演する。
  • 仮面の男(1929)

    舞台俳優として知られているアラン・バーミンガム氏がフォックス入社第1回の主演映画でルイス・ジョセフ・ヴァンス氏原作の小説から「紐育万華鏡」「化物行進曲」のフレデリック・ハズリット・ブレナン氏とマルコム・スチュアート・ボイラン氏とが脚色し台詞をつけ新進のラッセル・J・バードウェル氏が監督し「踊るカレッジ」のチャールズ・G・クラーク氏が撮影した。「海の王者」「遥かなる叫び」のリーラ・ハイアムス嬢、「紐育の波止場」のクライド・クック氏、「海の復讐」のJ・ファーレル・マクドナルド氏、リタ・ル・ローイ嬢、ジョン・ブリーデン氏、ジョージ・ピアース氏等が助演している。
  • 僕はカウボーイ

    「僕の武勇伝」「僕の自叙伝」と同じくジャッキー・クーパーが主演する映画で、ウィル・メームス作の小説に基づいて「荒浪越えて」「空の花嫁」のアグネス・ブランド・リーがボビー・ヴァーノンと共同改作し「追いつめられた女」「恐怖の甲板」のポール・H・スローンが脚色監督したもの。カメラは「唄へ!踊れ!(1933)」「深夜の紳士」のテオドル・スパークールが担当。助演者は映画所出演の舞台俳優アディスン・リチャーズ、「六月十三日の夜」「監視装甲車」のレイレ・リー、「狂乱のアメリカ」のギャヴィン・ゴードン、「ドクターX」のジョン・レイ、「青春の頬杖」のバートン・マクレーン、「春を讃えよ」のJ・M・ケルガン等。
  • 深夜の警鐘

    J・W・ハーキンス氏の原作をグレアム・ベイカー氏が脚色し「山猫ならし」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、「山猫ならし」「熱沙に咲く花」等主演のアリス・カルホーン嬢、「冬来たりなば」「天界へ挑戦」等出演のバーシー・マリモント氏、ブロードウェイの『三銃士』「孔雀の羽根」等出演のカレン・ランディス氏等が共演し、ジョセフ・キルゴアー氏が助演している。
  • そばかす編集長

    「本町通り」「結婚とは」等を脚色したジュリエン・ジョセフソン氏が原作及び脚色を書き「町の英雄」等と同じくウィリアム・ボーデン氏が監督したもの。主役は「町の英雄」「ペンロッド」等出演のウィスリー・バリー氏で「結婚とは」「女は曲者」等出演のハリー・マイヤース氏が共演している。
  • 与太捕物記

    「棚からぼた餅」「浮気天国」等と同じくチャールズ・マレイ氏主演の劇で、ジュリエン・ジョセフソン氏が執筆した物語をヴァーノン・スミス氏が脚色し、「与太成功記」「長屋騒動パリの巻」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもの。助演者は「棚からぼた餅」「アンクル・トムス・ケヴィン」のルシェン・リツルフィールド氏、「馬鹿騒ぎ」「感激の泉」のドリス・ドーソン嬢、「足で蹴る恋」「燃ゆる復讐」のチャールズ・デラニー氏等でエド・プレンディー氏、アギー・ヘリング嬢、ヨーラ・ダヴリル嬢も出演している。
  • 美人食客

    エドウィン・ベイトマン・モーリス氏作の小説からジュリアン・ジョゼフスン氏が脚色し「いとしの我児」「子供の世界」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督した愉快な喜劇である。主役は「固唾を呑んで」主演のドロシー・デヴォーア嬢と「結婚前」「海賊アップルジャック」等出演のマット・ムーア氏でデイヴィッド・バトラー氏、ラッセル・シンプスン氏、ガートルード・ショート嬢等助演。
  • 追いつめられて(1924)

    ドドスン・ミッチェル氏とゼルダ・シアース女史原作になる舞台激に基づき、ホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「町の小英雄」「そばかす編集長」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督した。主役は「女は曲者」「結婚とは」等出演のマリー・ブレヴォー嬢。相手は「信号塔」出演のロックリフ・フェローズ氏「異郷の露」等出演のレイモンド・ハットン氏で、ニューヨーク暗黒街の悪漢激。プレヴォ嬢は2役を演じている。
  • 監獄行列車

    ダリル・フランシス・ザナック氏の原作に基づいてエドワード・T・ロウ・ジュニア氏とフィリップ・クライン氏とが脚色し、「雀」「美人食客」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもので、主役は「男は度胸」等出演のジョン・パトリック氏と「美人食客」「男は度胸」等出演のドロシー・デヴォーア嬢で、「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギュー・ラヴ氏を始め、ジョージ・ピアース氏、フランク・ブラウンリー氏、ラッセル・シンプソン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏等が共演する。

Blu-ray/DVDで観る


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/29

十七代目中村勘三郎(1909)

シネマ歌舞伎クラシック 身替座禅

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1982年(昭和57年) 11月、上演劇場:歌舞伎座

シネマ歌舞伎クラシック 勧進帳

名優達の至高の芸が、銀幕(スクリーン)によみがえる。シネマ歌舞伎第2弾クラシック。上演月:1980年(昭和55年)11月、上演劇場:歌舞伎座
ケヴィン・チャップマン(1962)

アンストッパブル(2010)

2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテラン機関士と新米車掌のコンビが奮闘する。出演は「ザ・ウォーカー」のデンゼル・ワシントン、「スター・トレック」のクリス・パイン。

サンシャイン・クリーニング

「リトル・ミス・サンシャイン」のプロデュースチームが手がけた人間ドラマ。ある姉妹が始めた一風変わった仕事を通じて、家族が新たな希望を見いだしていく姿を綴る。監督は「シルヴィア」のクリスティン・ジェフズ。出演は「ダウト あるカトリック学校で」のエイミー・アダムス、「ジェイン・オースティンの読書会」のエミリー・ブラントなど。