プラシド・ドミンゴ プラシドドミンゴ

プラシド・ドミンゴの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 劇場版プラシド・ドミンゴ アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020

    オペラ界のレジェンド、プラシド・ドミンゴによるアレーナ・ディ・ヴェローナのナイト・コンサートの模様を映画化。『イル・トロヴァトーレ』や『アンドレア・シェニエ』の名曲群が、眩い照明とともに響き渡る。共演は、ソプラノ歌手サイオア・エルナンデス。
  • 甦る三大テノール 永遠の歌声

    ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの3人のオペラ歌手が三大テノールとして活動を始めてから30周年になるのを記念したドキュメンタリー。17年に及ぶその軌跡の中、公開されることのなかった舞台裏の秘蔵映像などをまとめる。白血病を乗り越えたホセ・カレーラスの復活とともにワールド・カップ開催を祝うため敢行した奇跡のコンサートから2007年のパヴァロッティ他界まで三大テノールとして世界中を魅了してきた彼らが心から音楽を楽しむ姿を映し出す。
  • パヴァロッティ 太陽のテノール

    オペラ歌手、ルチアーノ・パヴァロッティの生涯を「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」のロン・ハワードがドキュメンタリー映画化。絶頂期のパフォーマンスや貴重なプライベート映像、関係者へのインタビューで彼の人生を浮き彫りにする。「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の録音技師、クリストファー・ジェンキンズが、歌声を最新技術でスクリーンに蘇らせる。
  • 「イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ」特別上映版

    イタリアの若きオペラ歌手3人による男性ヴォーカル・ユニット、イル・ヴォーロが3大テノールの一人、プラシド・ドミンゴと共演した野外コンサートのライブ映像。『誰も寝てはならぬ』をはじめ、演奏曲はすべて3大テノールのレパートリーから選ばれている。
    89
    • 感動的な
    • 重厚感のある
  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・オペラ「椿姫」

    ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラをスクリーン上映するシリーズの一作。ジュゼッペ・ヴェルディの悲劇的なオペラを、『アイリス』『あるスキャンダルの覚え書き』などの映画監督としても知られる舞台演出家リチャード・エアが演出した。娼婦ヴィオレッタと貴族の青年アルフレードの許されぬ恋が描かれる。
  • 3大テノール 夢のコンサート

    オペラ界を代表する世界的テノール歌手、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ルチアーノ・パヴァロッティの3人が顔を揃えたコンサート映像に貴重なインタビューやリハーサル映像を交えたドキュメンタリー。全29曲に及ぶパフォーマンスが楽しめる。監督は『007/ジェームズ・ボンド・ストーリー』などを手掛けたクリス・ハント。
  • METライブビューイング2017-18 ヴェルディ「ルイザ・ミラー」

    NYメトロポリタン歌劇場のオペラを上映するシリーズ。2018年4月14日上演の、シラーの戯曲『たくらみと恋』を下地にしたヴェルディ作曲の悲劇を収録。領主の息子と知らずにロドルフォと恋に落ちた村娘ルイザは、父を盾に、恋人を諦めるよう迫られる。三大テノールの一人として知られるプラシド・ドミンゴや花形ソプラノ、ソニア・ヨンチェヴァらスター歌手が集結。国際的指揮者ベルトラン・ド・ビリーがタクトを振る。
  • METライブビューイング2016-17 ヴェルディ「ナブッコ」

    ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを上映するシリーズ。2017年1月7日に上演される、旧約聖書のバビロン捕囚を題材にしたヴェルディ作の愛憎劇を取り上げる。イェルサレムを征服した暴君ナブッコは、神の怒りを買い……。2015-2016シーズンまで40年にわたりMETの音楽監督を務めた指揮者ジェイムズ・レヴァインのもと、三大テノールに挙げられるプラシド・ドミンゴ、ウクライナ出身のリリコ・スピント、リュドミラ・モナスティルスカら新旧スターが集結。5.1chサラウンドの音響と10台以上のHDカメラを用い舞台を収録し、舞台裏の模様を含め上映する。
  • ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿

    240年に及ぶ歴史を誇り、イタリア・オペラの代名詞的存在として輝き続けるミラノ・スカラ座の全貌を紐解くドキュメンタリー。歴史的建造物としての側面からルキノ・ヴィスコンティら著名人たちとの結びつきまで、“芸術の殿堂”のすべてが明らかになる。「グレート・ビューティー/追憶のローマ」の撮影監督ルカ・ビガッツィが撮影を担当している。
  • METライブビューイング2011-2012 ヘンデル、ヴィヴァルディ、ラモー他《エンチャンテッド・アイランド 魔法の島》

    ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)のオペラ公演を映画館で上映する“METライブビューイング”。シェイクスピアの『真夏の夜の夢』の2組の恋人たちが、『テンペスト』の超自然的な島に難破する幻想的な物語。ウィリアム・クリスティー指揮の下、ヘンデルやラモー、ヴィヴァルディ他の流麗なメロディが彩る。
  • ワールドクラシック@シネマ 2011 オペラ 「シモン・ボッカネグラ」ミラノ・スカラ座

    良質なクラシック芸術を映画館で楽しめる“ワールドクラシック@シネマ2011”。イタリアを代表するオペラ作曲家ヴェルディ中期の傑作を、ミラノ・スカラ座で収録。本作は、癌と戦っていた世紀の歌手プラシド・ドミンゴの復帰公演となった。指揮は、ダニエル・バレンボイム。演出は、フェデリコ・ティエッツィ。
  • METライブビューイング2010-2011 グルック《タウリスのイフィゲニア》

    世界最高峰のオペラハウス、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場<MET>で行われている最新のオペラ公演を、映画館の巨大スクリーンで楽しめる“METライブビューイング”。スティーヴン・ワズワースの洞察力あふれる演出のもと、運命の姉弟をプラシド・ドミンゴとスーザン・グラハムの2大スターが歌う。指揮はパトリック・サマーズ。
  • Livespire「3大テノール 世紀の競演 特別上映版」

    1990年7月7日、ローマの歴史的建造物、カラカラ浴場で行われたルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの世界3大テノールが共演したコンサートをデジタルシネマ化。FIFAワールドカップサッカー・イタリア大会の前夜祭として開催されたこのイベントの模様は、当時、世界54カ国にテレビ放映され、8億人が陶酔したといわれている。指揮はウィーンフィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートを幾度も指揮したことでも知られる巨匠ズービン・メータ、演奏はローマ国立歌劇場管弦楽団、フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団のダブルオーケストラ。
  • METライブビューイング2009-2010 ヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》

    NYメトロポリタン歌劇場のオペラ公演をスクリーンで楽しむ“METライブビューイング”。イタリア・ジェノヴァを舞台に、生き別れになった父と娘の悲劇を描く。指揮はMETの芸術監督などを歴任するジェイムズ・レヴァイン、演出はジャンカルロ・デル・モナコ。テノールは、三大テノールの1人、プラシド・ドミンゴ。
  • ビバリーヒルズ・チワワ

    「ホーム・アローン3」や「スクービー・ドゥー」などで知られるラージャ・ゴズネル監督が手掛けた動物コメディ。ビバリーヒルズの豪邸で暮らすセレブなチワワが、旅行先のメキシコで繰り広げる冒険を描く。犬の声を「ラブソングができるまで」のドリュー・バリモア、「ピンクパンサー2」のアンディ・ガルシアが演じている。
    80
  • カラヤン フィルム・コンサート プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」

    《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 演出家のポネルは、歌劇の舞台を第一次世界大戦直前の時代に設定している。かよわい十代の花嫁から母へ、捨てられた妻へ、そして自己犠牲へと進む蝶々さんの悲劇的な遍歴がミレッラ・フレーニによって感動的に演じられている。カラヤンの指揮は、常に崇高なものを目指す解釈の集大成のようである。(作品資料より)
  • ハムレット(1997)

    17世紀の文豪ウィリアム・シェイクスピアの言わずと知れた古典『ハムレット』を、舞台を中世から19世紀に移し、絢爛豪華なタッチで映画化。監督・脚本・主演は、「世にも憂鬱なハムレットたち」の英国演劇界の俊英ケネス・ブラナーで、オールスター・キャストで4時間の大作に挑んだ。製作はブラナーと「フランケンシュタイン」以降コンビを組むデイヴィッド・バロン。撮影は「アラビアのロレンス」「スカーレット・レター」のヴェテラン、アレックス・トムソン。音楽は「フェイク」のパトリック・ドイルで、主題歌『IN PEACE』をオペラ界の最高のテナー歌手プラシド・ドミンゴが歌う。美術はブラナーとは「ヘンリー5世」以降全作品で組む「オセロ」のティム・ハーヴェイ。編集は「世にも憂鬱なハムレットたち」のニール・ファレル。衣裳は『待ち焦がれて』(V)のアレックス・バーン。共演は「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「ドラゴンハート」のジュリー・クリスティ、「彼と彼女の第二章」のビリー・クリスタル、「ショート・カッツ」のジャック・レモン、「トゥルーライズ」のチャールトン・ヘストン、「ジャック」のロビン・ウィリアムス、「俺たちは天使だ」のジェラール・ドパルデューなど映画界のスターに加え、「世にも憂鬱なハムレットたち」のリチャード・ブライアーズ、マイケル・マロニー、ニコラス・ファレル、「シャイン」のジョン・ギールグッド、「愛と死の間で」のデレク・ジャコビ、「ロストワールド ジュラシック・パーク」のリチャード・アッテンボロー、「秘密と嘘」のティモシー・スポールほか豪華な顔触れ。
    80
  • カルメン(1983・フランス イタリア)

    ジプシー女カルメンの激情を描く。製作はパトリス・ルドゥ、監督は「ローマに散る」のフランチェスコ・ロージ、脚本はロージとトニーノ・グエッラ、原作はプロスペル・メリメ、撮影はパスカリーノ・デ・サンティスが担当。出演はジュリア・メゲネス・ジョンソンほか。
  • トラヴィアータ1985・椿姫

    華やかなパリ社交界を舞台に、その花形娼婦ヴィオレッタが真実の恋に生き死んでゆく姿を描いたオペラ映画。製作はタラク・ベン・アマール、アレクサンドル・デュマ・フィスの原作を基に「エンドレス・ラブ」のフランコ・ゼフィレッリが監督・脚色・美術を担当。撮影はエンニオ・グァルニエリ。ジュゼッペ・ヴェルディの原曲オペラをジェームズ・レヴァインが監修・指揮、衣装はピエロ・トージ、美術デザインはジャンニ・クァランタが担当。出演はいずれもオペラ歌手でテレサ・ストラータス、プラシド・ドミンゴなど。
  • オテロ

    15世紀のヴェネツィアを舞台に、キプロス総督のムーア人オテロの心に渦まく愛と嫉妬、彼の部下ヤーゴの抱く野望と復讐を描くオペラ映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・トンプソン、製作はメナハム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督は「トラヴィアータ」のフランコ・ゼッフィレッリ、シェイクスピアの原作を基にジュゼッペ・ベルディがオペラ化、撮影はエンニオ・グァルネッリが担当。出演は「カルメン(1984)」のプラシド・ドミンゴ、カティア・リッチャレッリ、ジャスティーノ・ディアスほか。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません