園子温 ソノシオン

  • 出身地:愛知県豊川市豊川仲町
  • 生年月日:1961/12/18

略歴 / Brief history

【“俺”印の旗を掲げ、個人映画の荒野を疾る奇才】愛知県豊川市の生まれ。園子温は本名。豊橋東高校在学中より詩作を始め、専門誌では“ジーパンをはいた朔太郎”と称された。次に映画表現も志し、1984年の法政大学入学後は、映画制作グループに属して8ミリ映画を発表。映像日記の手法で自我のイメージを突き付けた「俺は園子温だ!!」がPFF86に、地方の若者の悶々とした叫びを異なった表現の二部構成で描く「男の花道」がPFF87に、連続入選を果たす。さらにPFFスカラシップの権利も得て、同システムによる88年製作の16ミリ作品「自転車吐息」が初の一般劇場公開作となった。本作はベルリン映画祭正式招待をはじめ多数の海外映画祭で上映され、以後の実験的な作風を持つ独立製作作品の多くも海外を廻ることになる。初老の殺し屋が死ぬための部屋を不動産屋の女性と探す「部屋/THE ROOM」(93)、秒単位で22歳の誕生日を待つ日記映画「桂子ですけど」(97)、アーティスト3人の記録と純愛ドラマが交錯する映像詩「うつしみ」(00)と自主映画風味を残した意欲作は続き、2002年には、集団自殺事件とカルト集団を扱ったOV枠の「自殺サークル」を発表。これが単館ヒット作となり、続編「紀子の食卓」(05)や「気球クラブ、その後」(06)など商業傾向の強まった作品を連打する。09年には父子ドラマに正面から挑んだ「ちゃんと伝える」で新たな観客層を開拓する一方、大長編「愛のむきだし」がキネマ旬報ベスト・テン4位に入選するなど、いよいよ園の名が一般に広まるに至った。2010年、「冷たい熱帯魚」(10)が公開。【個人映画から社会派娯楽作へ】自主映画作家を支援するPFFスカラシップ制度の初期大成者であり、その後もインディーズ作家の姿勢を守り続ける。一貫して自我を投影する映画を作り、「自転車吐息」までの自主映画時代は“俺”自身の姿をフィルムに刻んで、走り出そうにも目的地が見出せない自我の苛立ちを鮮烈に描出した。実験色の強い劇場用初期作品も、園自身の観念を他者に託したものとして見られる。この個人映画的な傾向は、女子高生が恋愛に向けて疾走する「うつしみ」と、危険地帯を求めて学生がニューヨークを彷徨する「HAZARD」(06・製作は02年)で極められた。転回点となるのは「自殺サークル」「紀子の食卓」の二部作。ここでは社会への視線や家族像についての観念がスリラーふうの物語に織り込まれ、以後、自我の追求姿勢は商業作品の表層に潜り込むかたちとなった。「夢の中へ」「奇妙なサーカス」(05)では現実と虚構の交錯から自我の不安を描き、「気球クラブ、その後」「ちゃんと伝える」は個人の想いを青春ドラマに滑り込ませる。世はすでに個人映画的な等身大ドラマにあふれる時代。園子温は反語的に「愛のむきだし」を集大成として提示し、なお個人映画を劇映画に転化する地平を疾走し続ける。

園子温の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 狂武蔵(2020)

    長きにわたり日本のアクション映画に多大な影響を与え続けている「RE:BORN」などの坂口拓主演による、日の目を見ぬまま眠っていた幻のアクション時代劇。たった独りで400人の相手を斬り捨てる伝説の剣豪・宮本武蔵の姿を77分ワンシーン・ワンカットで映し出す。共演は「キングダム」の山﨑賢人、「ある街の高い煙突」の斎藤洋介。監督は「キングダム」のアクション監督を務めた下村勇二。
    93
    • 手に汗握る
    • 重厚感のある
    • かっこいい
  • 愛なき森で叫べ

    「自殺サークル』、「愛のむきだし」、「ヒミズ」など、独自の作風で刺激的な作品を発表してきた園子音監督が、Netflixオリジナル映画として描くサスペンススリラー。シッチェス・カタロニア国際映画祭2019 ニュー・ビジョンズ部門への正式出品。2019年10月11日(金)よりNetflixにて配信。
  • レッド・ブレイド(2018)

    「冷たい熱帯魚」の園子温原案による忍者アクション。いじめられっ子の高校生マコは、図書室で忍者の児童書『雷風刃』を読み、忍者に憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に『雷風刃』の忍者たちが現れ、マコはタイムスリップして伊賀の世界にたどりつく。出演は、ドラマ『チアダン』の小倉優香、舞台『MIRRORION』の搗宮姫奈、「アズミ・ハルコは行方不明」の花影香音、「孤狼の血」の岩永ジョーイ。監督は、「コントロール・オブ・バイオレンス」の石原貴洋。「RE:BORN リボーン」の坂口拓が総合演出と伝説の忍者役で出演している。
  • クソ野郎と美しき世界

    “新しい地図”の稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛と、園子温ら4人の監督のコラボで贈る全4話のオムニバス。全力で走る女フジコ。彼女を追う極悪人マッドドッグ。さらに歌を食べて生きる少女“歌喰い”も登場し、クソ野郎たちが集うショーが繰り広げられる。共演は「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信、「散歩する侵略者」の満島真之介、「劇場版 お前はまだグンマを知らない」の馬場ふみか、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の尾野真千子。
  • ANTIPORNO(アンチポルノ)

    1971~1988年に多くの成人映画を生み出した日活ロマンポルノの生誕45周年を記念したリブート(再起動)プロジェクトの1作。「映画 みんな!エスパーだよ!」の冨手麻妙が主演する園子温監督作。時代の寵児になり多忙を極める京子の過去が暴かれる。第 22 回エトランジェ映画祭コンペティション部門および第 49 回シッチェス・カタロニア国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。
  • 新宿スワンII

    園子温監督&綾野剛が再タッグを組んだ「新宿スワン」の新章。新宿歌舞伎町のスカウト会社・新宿バーストのエース格となった白鳥龍彦は、勢力拡大を目論む社長の命により、横浜へと送り込まれる。だが一帯を牛耳るタキの謀略によって新宿バーストは窮地に陥る。伊勢谷友介、深水元基、金子ノブアキ、村上淳、豊原功補、久保田悠来、山田優、吉田鋼太郎といった前作のキャストが再結集。「淵に立つ」の浅野忠信、「超高速!参勤交代」の上地雄輔、「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」の広瀬アリス、「ホーンテッド・キャンパス」の高橋メアリージュン、「あやしい彼女」の要潤、「CONFLICT コンフリクト 最大の抗争」の中野英雄、「オケ老人!」の笹野高史、「64 ロクヨン」の椎名桔平が本作より新たに参加する。アクション監督は「るろうに剣心」シリーズの谷垣健治。
    60
  • 園子温という生きもの

    「冷たい熱帯魚」などの鬼才、園子温に密着したドキュメンタリー。映画製作のみならず小説や絵、バンド活動に没頭する姿を捉え、「ヒミズ」の染谷将太、二階堂ふみ、女優で妻の神楽坂恵といったゆかりの人物による証言から園子温の実像に迫っていく。監督は「シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録」の大島新。2014年にMBS『情熱大陸映画監督・園子温』を手掛けたが、地上波では園子温の面白さは伝えきれないと映画化を決断。
    60
  • ひそひそ星

    園子温が自ら立ち上げたシオンプロダクションの第一回作品として、20代の時に執筆した脚本を映画化。星々を巡って荷物を届ける宇宙宅配便の配達アンドロイドを主人公にしたモノクロSFドラマ。3.11の傷跡残る福島県でロケ撮影を実施した。出演は「映画 みんな!エスパーだよ!」の神楽坂恵、「中学生丸山」などで俳優としても活躍するミュージシャンの遠藤賢司。
    50
  • 映画 みんな!エスパーだよ!

    連続ドラマ版も話題を集めた若杉公徳の人気コミックを「ラブ&ピース」の園子温監督が映画化。超能力に目覚めたエスパーたちの友情と戦いを、ギャグとお色気満載で描いたコメディ。出演は「ヒミズ」の染谷将太、「高校デビュー」の池田エライザ、「リアル鬼ごっこ」(15)の真野恵理菜、「苦役列車」のマキタスポーツ。
  • リアル鬼ごっこ(2015)

    中高生を中心に映画やドラマでも話題となった山田悠介の同名ベストセラー小説を原作に「冷たい熱帯魚」の園子温監督が映画化。登場人物は全員女性、鬼に狙われるのは全国のJK(女子高生)というオリジナル脚本のもと、「呪怨 終わりの始まり」のトリンドル玲奈、「映画 桜蘭高校ホスト部」の篠田麻里子、「THE NEXT GENERATION パトレイバー」シリーズの真野恵里菜を主演に迎え、血まみれのハイパーアクションを繰り広げる。
    40
  • ラブ&ピース

    「愛のむきだし」や「冷たい熱帯魚」など衝撃的な作品を次々に輩出する園子温監督が、特技監督に「THE NEXT GENERATION -パトレイバー-」に参加する田口清隆を迎え、自身の作品初となる特撮技術を駆使したエンターテインメント作品。冴えない男が一匹のミドリガメを手放したことから始まる大騒動を描く。夢を諦めぱっとしない日々を送るサラリーマンを「地獄でなぜ悪い」で園監督と組んだ長谷川博己が、地味なヒロインを「ばしゃ馬さんとビッグマウス」の麻生久美子が、謎の老人を「釣りバカ日誌」シリーズの西田敏行が演じる。ほか、「地獄でなぜ悪い」の星野源、「ヌイグルマーZ」の中川翔子らがキャラクターの声を担当している。
    70
  • 新宿スワン

    和久井健がスカウトマンとしての自らの体験をもとに描いた同名漫画を、「愛のむきだし」など衝撃作を次々と発表する園子温監督が映画化。新宿・歌舞伎町を舞台に、スカウトマンたちの生き残りをかけた争いを描く。脚本は「ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット」を手がけた放送作家の鈴木おさむと「クローズEXPLODE」の水島力也が担当。熱さと奔放さを持つアウトローの主人公を「そこのみにて光輝く」の綾野剛が、因縁のライバルを「凶悪」の山田孝之が、主人公を慕う風俗嬢を「ヘルタースケルター」の沢尻エリカが、主人公を育てるスカウトマンを「るろうに剣心」シリーズの伊勢谷友介が演じる。
    70
  • TOKYO TRIBE

    90年代のストリートカルチャーを牽引した井上三太のコミック『TOKYO TRIBE2』を「地獄でなぜ悪い」の園子温が実写映画化。ラップミュージックを全編に敷き詰め、近未来の“トーキョー”で巻き起こるトライブ(族)たちの壮絶バトルを描く。出演は「HK 変態仮面」の鈴木亮平、ラッパーのYOUNG DAIS、「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」の清野菜名、「俺たちの明日」の大東駿介、「信さん・炭坑町のセレナーデ」の石田卓也。
  • 地獄でなぜ悪い

    「愛のむきだし」、「ヒミズ」などで注目を集める園子温監督が、ヤクザの組長が映画製作を始めたことから巻き起こる騒動を描いたアクション・エンターテインメント。出演は園作品初参加となる「そして父になる」の國村隼、「ヒミズ」の二階堂ふみ、「映画 鈴木先生」の長谷川博己、「俺はまだ本気出してないだけ」の堤真一。
    70
  • 愛の街角二丁目三番地

    喧嘩別れした恋人たちの再会を軸に、オカマ軍とホームレスの集団抗争をハイテンションに描く自主製作映画。監督は平野勝之。原作は大友克洋。出演は、杉山正弘、原田陽子、鈴木豊、園子温、稲垣宏行ほか。8ミリ。1987年度「ぴあフィルムフェスティバル」入選作品。2013年8月17日より、東京・渋谷アップリンクXにて開催された「80-90年代 平野勝之 鬼畜大特集上映」にてデジタル上映。
  • 希望の国

    震災の被害に巻き込まれ、見えない未来に絶望しながらも、必死に希望を掴もうとする人々の姿を描く社会派群像劇。監督は「愛のむきだし」、「冷たい熱帯魚」、「ヒミズ」ほか、衝撃的な作品を世に送り続けている園子温。主人公を「劔岳 点の記」の夏八木勲、主人公の妻を「ツィゴイネルワイゼン」の大谷直子が演じるほか、村上淳、神楽坂恵、でんでんなどの、園子温映画常連の俳優陣が脇を固める。日本・イギリス・台湾の共同製作作品。
    70
  • ヒミズ

    「冷たい熱帯魚」の園子温監督が漫画家・古谷実(『行け!稲中卓球部』)の問題作を映画化。家庭環境に恵まれない少年と愛に飢えた少女、2人の中学生の青春を切れ味鋭い独自のタッチで描く。主演の染谷将太(「東京公園」)と二階堂ふみ(「指輪をはめたい」)は、本作でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。
    77
  • 恋の罪

    1990年代、渋谷区円山町ラブホテル街で起きた実在の殺人事件からインスパイアされた禁断の世界を描く「冷たい熱帯魚」の園子温監督作。出演は「花子の日記」の水野美紀、「凍える鏡」の冨樫真、「冷たい熱帯魚」の神楽坂恵、「クヒオ大佐」の児嶋一哉、「余命」の二階堂智、「星砂の島のちいさな天使 マーメイドスマイル」の大方斐紗子。
    60
  • 冷たい熱帯魚

    小さな熱帯魚屋を営む男が、ひょんなことから想像を絶する破滅の世界へ導かれていく姿を描く「愛のむきだし」の園子温監督作。出演は「ヘヴンズ ストーリー」の吹越満、「人の砂漠」の黒沢あすか、「童貞放浪記」の神楽坂恵、「月と嘘と殺人」のでんでん、「パーク アンド ラブホテル」の梶原ひかりなど。
    70
  • Make the Last Wish

    実際に行われた「アヴリル・ラヴィーンの妹オーディション」風景に、願いが叶う呪いの人形にまつわるドラマパートをミックスしたドラマ。監督は園子温。主演は満島ひかり。「愛のむきだし」撮影直後にウェブの動画サイト配信用に制作されるが、諸事情により未完成のまま封印されていた。共演は安藤サクラ、堀部圭亮ほか。2011年1月21日、「冷たい熱帯魚」公開記念として東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された「園子温むきだし特集」で一日限りの上映。2014年7月29日、日本映画専門チャンネルにて放映。
  • ちゃんと伝える

    「愛のむきだし」で、ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞とカリガリ賞をダブル受賞した園子温監督が、ガンと向き合うことで絆を取り戻していく親子の姿を描いたドラマ。主演は、音楽ユニットEXILEのメンバーであり、「花より男子ファイナル」などで俳優としても活躍するAKIRA。共演に「GOEMON」の奥田瑛二。
    70
  • 愛のむきだし

    あることがきっかけで盗撮のカリスマとなったクリスチャンの少年が、謎の宗教団体から家族を救うべく戦いを挑むエンタテインメント大作。監督は「紀子の食卓」の園子温。出演は、映画初出演となる音楽ユニットAAAの西島隆弘、「少林少女」の満島ひかり、「静かな生活」の渡部篤郎。第9回東京フィルメックス特別招待作品。
    70
  • 東京残酷警察

    自らの肉体を進化させた謎の殺戮マシーンと民営化された警察との攻防を描くスプラッター。監督・脚本は「エクステ」で特殊造型を担当した西村喜廣。出演は「オーディション」のしいなえいひ、「大日本人」の板尾創路、「クライマーズ・ハイ」の堀部圭亮、「VERSUS-ヴァーサス-」の坂口拓など。
    70
  • 図鑑に載ってない虫

    謎の虫を探してルポライターとその仲間たちがシュールな旅を繰り広げるコメディ。出演は「出口のない海」の伊勢谷友介、「ユメ十夜」の松尾スズキ、「バベル」の菊地凛子。監督は「ダメジン」の三木聡。
    70
  • エクステ

    少女の怨念を宿した髪の毛が次々に人々を襲うさまをVFXを駆使して描くホラー映画。
  • 気球クラブ、その後

    五年ぶりに再会したサークルのメンバーたちが、それぞれの青春を振り返りつつ現在の自分を見つめ直すほろ苦い青春ドラマ。監督は「紀子の食卓」の園子温。出演は「HAZARD」の深水元基、「好きだ、」の永作博美。
    70
  • HAZARD

    退屈な学生生活を送っていた若者がぬるい日常を捨て、ニューヨークへ旅立つ若者の姿を描く。監督は「紀子の食卓」園子温。主演は「メゾン・ド・ヒミコ」「ゆれる」のオダギリジョー。共演は「気球クラブ、その後」にて主演を務める深水元基、「SURVIVE STYLE5+」のジェイ・ウエスト。
    60
  • 紀子の食卓

    家族関係に違和感を覚えた女子高生・紀子は家出をし、東京で<家族サークル>とも言えるレンタル家族の一員となる。既に崩壊した家族の姿を炙り出す、衝撃のホームドラマ。監督・脚本・原作は「自殺サークル」の園子温。主人公の島原紀子役に「雪に願うこと」での体当たりの演技が記憶に新しい吹石一恵。
    80
  • Strange Circus 奇妙なサーカス

    ある女が歩む罪深い軌跡を美しく哀しく描く、残酷なファンタジー。監督は「自殺サークル」「夢の中へ」の園子温。主演は本作で女優復帰となる宮崎ますみ。共演に「インディアン・サマー」のいしだ壱成。
  • 大人になったら

    毎年函館にて開催される「函館港イルミナシオン映画祭」でシナリオ大賞を受賞した「ノーパンツ・ガールズ」を原作に、「ひ・にちじょう」を求めて「ひ・パンツ」となる子供たちを、気鋭の3監督がそれぞれ映像化した「ノーパンツ・ガールズ Movie Box-ing2」の中の1話。メディア露出度急上昇中の及川奈央を主演に、園子温が独特の感性で描くちょっとエッチな妄想が楽しい一本。
  • 夢の中へ

    イタリアの作家A・モラビアの「夢」に関する短編をモチーフに、園子温監督が新世代俳優たちと作り上げた爆走エンターテインメント。主演は「この世の外へ クラブ進駐軍」の田中哲司。共演に村上淳、オダギリ ジョー、夏生ゆうな、市川実和子。
    50
  • 盲獣VS一寸法師

    盲獣と一寸法師によるふたつの猟奇的犯罪に挑む、名探偵・明智小五郎の活躍を描いたエログロ・サスペンス。監督は「地獄」の石井輝男。江戸川乱歩の2編の原作『盲獣』と『一寸法師』を基に、石井監督自身が脚色。撮影も石井監督が担当している。主演は、映画初出演となるイラストレーターのリリー・フランキーと「クロエ Chloe」の塚本晋也。
  • 自殺サークル

    現代の闇に潜む連鎖自殺の恐怖を描くミステリー。監督・脚本は「0cm4」の園子温。撮影を「時の香り~リメンバー・ミー~」の佐藤和人が担当している。主演は、「実録・夜桜銀次」の石橋凌と「ピストルオペラ」の永瀬正敏。スーパー16ミリからのブローアップ。
  • 0cm4

    手術を控えた色覚異常の男の姿を通し、正しい色とは何かを問う実験的短篇ドラマ。監督・脚本は「風」の園子温。撮影を「Sunday drive サンデイドライブ」の石井勲が担当している。主演は「真心 MY NAME IS MAGOKORO」の永瀬正敏。尚、本作は2000年3月に開催された荒川眞一郎のパリコレのプレゼンテーションの為に製作された作品である。DVからのキネコ作品。
  • 風(2001)

    “風の町“山形県立川町を舞台に、中学生の少女の成長を描いた短篇青春ドラマ。監督・脚本は「うつしみ」の園子温。主演は、映画初出演の佐々木愛。16ミリ。
  • うつしみ

    3人の表現者(写真家の荒木経惟、舞踏家の麿赤児、ファンションデザイナーの荒川眞一郎)と、少女と男の純愛ドラマで構成する映像詩。監督・脚本は「性戯の達人 女体壷さぐり」の園子温。撮影を園監督の他、小坂井徹、杉山正弘、小林康宏、鈴木桂子らが担当している。ドラマ部の主演は、「三文役者」の鈴木卓爾。尚、本作は愛知芸術文化センターが企画する、体をテーマにしたアート・フィルムの第8弾作品として製作・公開された。16ミリ。
  • 桂子ですけど

    平凡なひとりの女性が、22歳の誕生日を前に毎日を着実に生きていこうとする様を、“時間”を意識しながらつづっていく日記風映画。監督・脚本は「部屋/THE ROOM」の園子温。これまでも“時間”というテーマに取り組んできた園が、1時間1分1秒という上映時間の中で、斬新なアプローチによる独特の演出を見せている。撮影はウォン・オンリンが担当。主演は美術も兼ねている鈴木桂子。主人公の父親役で、今は亡きシナリオライターの内田栄一が出演している。16ミリ。
  • 部屋/THE ROOM(1993)

    殺し屋稼家に疲れた男が、死ぬための部屋を探して不動産屋の女係員と共に巡り歩いていく姿を描く、「自転車吐息」(90・16ミリ)の園子温による初の35ミリ劇場用長編作品。全編三十足たらずのシーンを、粗い粒子のモノクロ画面、延々続く長回し、囁くようなセリフ口調、ドラム音のみの音楽で描いている。その独特の斬新なスタイルが評判となり、ベルリン、香港などの映画祭でも招待上映された。
    40
  • 心臓抜き

    死んだはずの男と再会した青年がミステリアスな事件に巻き込まれていく様を描く。脚本・監督は自主映画出身の高橋玄。撮影監督は高橋英明がそれぞれ担当。
  • きらい・じゃないよ

    都会の片隅に生きる若い男女の曖昧な青春模様を描く。脚本・監督は「永遠の1/2」のシナリオライター内田栄一でこれが監督デビュー作。撮影は高橋玄がそれぞれ担当。(8ミリ)
  • 自転車吐息

    憂欝な日々を送る二人の予備校生の心情を描く青春映画。脚本・監督は8ミリ出身で「決戦!女子寮対男子寮」の園子温。共同脚本は8ミリ「ふたつくくり」の斎藤久志。撮影は北沢弘之がそれぞれ担当。(16ミリ)
    100
  • プリズナーズ・オブ・ゴーストランド

    園子温監督のハリウッドデビュー作でニコラス・ケイジ主演のアクション。悪党のヒーローは、一帯を牛耳るガバナーの支配から逃亡した女を連れ戻すことを命じられる。彼は特殊なボディスーツに身を包み、美しくも暴力的な世界“ゴーストランド”にたどり着く。出演は、「CLIMAX クライマックス」のソフィア・ブテラ、「私の中のあなた」のニック・カサヴェテス、「スリー・フロム・ヘル」のビル・モズリー。
  • SHORT FILM COLLECTION 園子温 ファンタ・ジア SONOSION FANTASIA

    奇才・園子温監督による、現役アイドル4人が演じるドラマを凝縮。コンテストで優勝を目指すカメラマン・スガとモデルのルルが不思議な体験をする「ファインダーの女」他、「ノーメモリーウーマン」「バーチャルラブ」「恋愛ドクター」の全4章を収録。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:園子温 企画・製作:吉田精二 出演:水谷さくら/水橋研二/三津谷葉子/夏川純/藤本綾/中島舞
  • バーチャルラブ

    伸び盛りのアイドルが出演する不思議な感覚のイメージドラマシリーズ。バーチャルで男性と過ごし、その恋愛の記録を売る少女・ナナ。ある日、お客としてきたミツルに出会ったナナは、バーチャルとは解っていながら彼に恋心を抱き始めるが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:園子温 企画:吉田精二 出演:夏川純/吉沢萌/エリク

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/25

マット・ルブランク(1967)

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

諜報スペシャリストの美女トリオが活躍するアクション。1970年代の人気TVシリーズを映画化した第2弾。監督はシリーズ前作に続きマックジー。製作・主演も前作に続きドリュー・バリモア。脚本は「シックス・デイ」のマリアンヌ・ウィバーリー&コーマック・ウィバーリーほか。撮影のラッセル・カーペンター、美術のJ・マイケル・リーヴァ、武術指導のユエン・チョンヤンなど、主要スタッフは前作と同じ。共演は前作のキャメロン・ディアス、ルーシー・リュー、ルーク・ウィルソン、マット・ルブランらに加え、「薔薇の眠り」のデミ・ムーア、「オーシャンズ11」のバーニー・マックほか。

チャーリーズ・エンジェル(2000)

美人探偵三人組が大活躍するポップなアクション。1976年にスタートした大人気テレビドラマの映画化。監督はこれがデビューとなるマックジー。武術指導は「マトリックス」のユエン・ウーピン。製作・出演は「25年目のキス」のドリュー・バリモア。共演に「マルコヴィッチの穴」のキャメロン・ディアス、「シャンハイ・ヌーン」のルーシー・リュー、「クレイドル・ウィル・ロック」のビル・マーレーほか。
イリーナ・ダグラス(1965)

メガ・シャークVSグレート・タイタン

モンスターパニック映画シリーズ「メガ・シャーク」第4弾。メガ・シャークの卵から生まれた新メガ・シャークと巨人型兵器の戦いを描く。監督は、「アルマゲドン2014」のクリストファー・レイ。出演は、「ゴーストワールド」のイリアナ・ダグラス。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015にて上映。

ファクトリー・ガール

1960年代のミューズとして生きたイーディ・セジウィックの生涯を描いた伝記ドラマ。「カサノヴァ」のシエナ・ミラーを主演に迎え、「メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ」のジョージ・ヒッケンルーパーが監督した。そのほかの出演者は「メメント」のガイ・ピアース、「ジャンパー」のヘイデン・クリステンセンなど。

NEW今日命日の映画人 7/25

下條正巳(2004)

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

天才えりちゃん金魚を食べた

6歳の少年が第8回福島正実記念SF童話大賞を受賞して話題となった同名の絵本をもとにしたファンタジー・アニメーション。1984年6月に宮崎県都城市で生まれた作者の竹下龍之介少年は、幼稚園年長組の夏休みに書いた受賞作以降、『えりちゃんシリーズ』として全4作を書き上げている。映画は、受賞作と第2作『天才えりちゃん月へ行く』をあわせてアニメ化した。総監督は「ウルトラマンカンパニー」の日下部光雄。主人公の兄妹の両親の役で、「新居酒屋ゆうれい」の松坂慶子と「風のかたみ」の阿部寛が声優をつとめた。同時上映「ポコニャン!」
ジョン・シュレシンジャー(2003)

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「ホフマン物語」

英国ロイヤル・オペラ・ハウスの上演作品を映画館で上映するシリーズの1本で、「真夜中のカーボーイ」監督のジョン・シュレシンジャーが演出したオペラ。詩人ホフマンは恋敵であるリンドルフにそそのかされ、過去に愛した3人の女たちとの思い出を語り出す。ドイツの小説家E.T.A.ホフマンの小説が基になり、戯曲を経てフランスの作曲家ジャック・オッフェンバックによりオペラ化。

2番目に幸せなこと

一夜の過ちで子供を得て“夫婦”になった自立した女性とゲイの男性のカップルをめぐるドラマ。監督は「スウィーニー・トッド」のジョン・シュレシンジャー。脚本はトーマス・ロペルスキー。撮影は「アウト・オブ・サイト」のエリオット・デイヴィス。音楽は「シティ・オブ・エンジェル」のガブリエル・ヤレド。出演は「エビータ」のマドンナ、「恋におちたシェイクスピア」のルパート・エヴェレットほか。