ブレッキン・メイヤー ブレッキン・メイヤー

  • 出身地:アメリカ・ミネソタ州
  • 生年月日:1974年5月7日

ブレッキン・メイヤーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 少年マイロの火星冒険記 3D

    「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。
    90
  • ガーフィールド2

    世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
    80
  • ハービー/機械じかけのキューピッド

    人間のような意志を持ったフォルクスワーゲンがレースで活躍するアクション・コメディ。「ラブ・バッグ」シリーズのリメイク。監督は『恋のミニスカウエポン』(V)のアンジェラ・ロビンソン。撮影は「マスク2」のグレッグ・ガーディナー。音楽は「ライフ・アクアティック」のマーク・マザーズボー。美術は「グッド・ガール」のダニエル・ブラッドフォード。編集は「クリスティーナの好きなコト」のウェンディ・グリーン・ブリックモント。出演は「ミーン・ガールズ」のリンジー・ローハン、「ジュエルに気をつけろ!」のマット・ディロン、「ホワイト・プリンセス」のマイケル・キートン、「ドッジボール」のジャスティン・ロング、「ガーフィールド」のブレッキン・メイヤーほか。
  • ガーフィールド

    1978年に新聞連載が始まるや、大人気となったコミック『ガーフィールド』。全世界の約2600以上の新聞で連載され、1980年代にはアニメ化された“世界一有名な猫”を、「ハロルド・スミスに何が起こったか?」のピーター・ヒューイット監督が映画化。ガーフィールドの声を担当するのは、「ロスト・イン・トランスレーション」のビル・マーレイ。日本語吹替え版では、人気コメディアンの藤井隆が担当した。
    80
  • ニューヨークの恋人(2001)

    タイムスリップにより出会った男女2人を描くロマンティック・ラヴ・ストーリー。監督・脚本は「17歳のカルテ」のジェームズ・マンゴールド。撮影は「ブリジット・ジョーンズの日記」のスチュアート・ドライバーグ。美術は「楽園をください」のマーク・フリードバーグ。編集は「パトリオット」のデイヴィッド・ブレナー。出演は「プルーフ・オブ・ライフ」のメグ・ライアン、「恋する遺伝子」のヒュー・ジャックマン、「ハムレット」のリーヴ・シュレイバー、「ラットレース」のブレッキン・メイヤー、「Fカップの憂うつ」のナターシャ・リオン、「ハリウッド・ミューズ」のブラッドリー・ウィットフォード、「ワンダー・ボーイズ」のフィリップ・ボスコほか。
    80
  • ラットレース

    偶然に奇妙なコインを手にした6組の男女が、賞金200万ドル(約2億円)を目指し、ラスベガスからニューメキシコまでの1000kmを、ルールなしの奇想天外なレースに挑む爆笑コメディ。監督・製作は「ゴースト ニューヨークの幻」のジェリー・ザッカー。出演は「ビーン」のローワン・アトキンソン、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ、「ザ・エージェント」のキューバ・グッディングJrほか。
  • 54 フィフティー・フォー

    70年代後半から80年代にかけて栄えたニューヨークの伝説のディスコ“スタジオ54”の興隆をひとりの青年の青春の光と影とだぶらせて描いた青春映画。監督・脚本は「Boy's Life 2」(日本未公開)のマーク・クリストファー。製作総指揮は「マイ・フレンド・メモリー」のダン・カーモディ、「ラウンダーズ」のボビー・コヘン、「ナイトウォッチ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。製作は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のアイラ・ドゥッチマン、「ジャッキー・ブラウン」のリチャード・N・グラッドスタイン、「ハイ・アート」のドリー・ホール。撮影は「マキシマム・リスク』のアレキサンダー・グルズィンスキー。音楽は「ナイトウォッチ」のマルコ・ベルトラミ。美術は「アメリカの災難」のケヴィン・トンプソン。編集は「絶体×絶命」のリー・パーシー。衣裳は「コップランド」のエレン・ラター。出演は「ラストサマー」のライアン・フィリップ、「ワイルド・シングス』のネーヴ・キャンベル、「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズほか。
    60
  • Touch タッチ(1996)

    ひとりの奇蹟を起こす青年を巡って、詐欺師、狂言師、ゴシップを好むマスコミらが騒動を巻き起こすブラック・コメディ。「ジャッキー・ブラウン」のエルモア・レナードの同名小説の映画化で、監督・脚本は「ライトスリーパー」のポール・シュレーダーがあたった。製作は「リービング・ラスベガス」のリラ・カゼス。撮影は「ミ・ファミリア」のエドワード・ラックマン。音楽はアメリカの人気バンド、フィー・ファイターズのデイヴィット・グロール。出演は「恋愛小説家」のスキート・ウーリッチ、「グレース・オブ・マイ・ハート」のブリジット・フォンダほか。
  • エルム街の悪夢6 ザ・ファイナルナイトメア

    夢と現実の混在する悪夢の町で、ひとりの女性カウンセラーと殺人鬼フレディの対決を描くホラーシリーズ第6弾。シリーズ最終作とされている。監督・原案は本シリーズのプロデューサーを務め、今回が初演出のレイチェル・タラレイ、製作はシリーズ全作を手掛けたロバート・シェイとアーロン・ワーナー。脚本はマイケル・デ・ルカ、撮影はデクラン・クイン、音楽はブライアン・メイが担当。ゲスト出演にロザンヌ・バー、ジョニー・デップ、アリス・クーパー。
    40
  • サブウェイNY

    ニューヨーカーを恐怖に陥れた噂「地下鉄の迷路」を映画化したホラー。午前4時、6人の男女が乗っていた地下鉄が緊急停車してしまう。外に脱出した瞬間、地下鉄は発車し、次の駅まで歩いてたどり着いた彼らは、警官を惨殺する集団と出くわす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ピーター・A・ダウリング 製作総指揮:クリス・Ouwinga 撮影:トビー・ムーア 音楽:ベネディクト・ブライダーン 出演:キップ・パルデュー/ブレッキン・メイヤー/スコット・アドキンス/ヴィネッサ・ショウ
  • ロード・トリップ

    『ゴーストバスターズ』の監督が手掛けた笑いの連続の青春コメディ。NYの大学に通うジョッシュはテキサスにいる恋人ティファニーと遠距離恋愛中。ひょんなことから彼が他の女の子と仲良くやっているビデオが彼女の元へ。慌てたジョッシュは…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:トッド・フィリップス 脚本:スコット・アームストロング 製作総指揮:アイバン・ライトマン/トム・ポラック 出演:ブレッキン・マイヤー/ショーン・ウィリアム・スコット/エイミー・スマート/フレッド・ウォード
    80
  • リバウンド

    『バッドボーイズ2バッド』のマーティン・ローレンス主演、『メリーに首ったけ』のスタッフが贈る感動スポ魂コメディ。傲慢な態度が災いし、有名大学バスケットチームのコーチを解任されたロイ。仕方なく弱小チームのコーチを引き受けるが…。【スタッフ&キャスト】監督:スティーブ・カー 原作:ウィリアム・ウォルフ/エド・デクター/ジョン・J・ストラウス 出演:マーティン・ローレンス/ブレッキン・メイヤー/パトリック・ウォーバートン/ミーガン・ムラリー
    60
  • プリフォンテーン

    アメリカ陸上界、伝説の中長距離ランナー、スティーヴ・プリフォンティーンの伝記映画。24歳の若さで事故死した悲劇のランナーを、ジャレッド・レトが容姿のみならず、ランニングフォームまで忠実にコピーして本人になりきり、演じている。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません