ロブ・ロウ

ロブ・ロウの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • SEXテープ

    「バッド・ティーチャー」のジェイク・カスダン監督が、キャメロン・ディアスとジェイソン・シーゲル共演で再びメガホンをとったドタバタコメディ。寝室での夜の営みを録画することで夫婦関係を改善しようと試みるカップルの姿を描く。共演は「セント・エルモス・ファイアー」のロブ・ロウ、「21ジャンプストリート」のエリー・ケンパー。新宿シネマカリテ「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」にて上映。
    70
  • 恋するリベラーチェ

    1950~70年代に派手なコスチュームで人気を博し“世界が恋したピアニスト”と呼ばれたエンターテイナー、リベラーチェの晩年を描く伝記ドラマ。監督は「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ。出演は「ウォール街」のマイケル・ダグラス、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のマット・デイモン、「ブルース・ブラザース」のダン・エイクロイド。音楽は「スティング」のマーヴィン・ハムリッシュ。
  • サンキュー・スモーキング

    タバコ業界のPRマンの縦横無尽な活動を描いた風刺コメディ。原作はクリストファー・バックリーの小説「ニコチン・ウォーズ」。出演は「サスペクト・ゼロ」のアーロン・エッカート、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のマリア・ベロ。監督はこれが長編デビューとなるジェイソン・ライトマン。2006年インディペンデント・スピリット賞脚本賞など多数受賞。
    80
  • ハッピー・フライト(2003)

    国際線のスチュワーデスを夢見る女性が、様々な障害に遭いながらも目標へ向けて奮闘する姿をコメディタッチで描く。監督は「クアトロ・ディアス」のブルーノ・バレット。主演は「愛しのローズマリー」のグウィネス・パルトロウ。
    80
  • オースティン・パワーズ デラックス

    60年代の花形スパイが、世界征服を企む宿敵の悪の帝王と対決するため90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディの続編。主演(三役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。前作に続き、監督のジェイ・ローチ以下、製作はマイヤーズ、女優デミ・ムーアと、スザンヌ・トッド、ジェニファー・トッド、エリック・マクレオドジョン・ライオンズ、音楽はジョージ・S・クリントン、編集はデボラ・ニール・フィッシャーとジョン・ポール、衣裳はディーナ・アッペルと、同様のスタッフが登板。製作総指揮はアーウィン・ストッフ、マイケル・デ・ルカ、ドナ・ラングレー。撮影はユレリ・スティグナー。音楽監修はジョン・ホリハン。出演は前作に続きマイケル・ヨーク、ロバート・ワグナー、セス・グリーン、ロブ・ロウ(ゲストから昇格)のほか、新たなヒロインに「ロスト・イン・スペース」のヘザー・グレアムが起用された。特別出演はティム・ロビンス、バート・バカラック、エルヴィス・コステロ、ウィリー・ネルソン、ウディハレルソン、人気司会者のジェリー・スプリンガーほか。
    80
  • オースティン・パワーズ

    60年代の花形スパイが90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ。主演(スパイと悪の帝王の二役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。監督は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」の脚本などを担当した新鋭のジェイ・ローチで、本作が長編劇映画デビュー作。製作はマイヤーズ、「G.I.ジェーン」の女優デミ・ムーア、本作の製作会社ムーヴィング・ピクチャーズを設立したスザンヌ・トッド、「Dear フレンズ」のジェニファー・トッドの共同。撮影は「ロスト・ハイウェイ」のピーター・デミング。音楽は「モータル・コンバット」「フランキー・ザ・フライ」のジョージ・S・クリントン。美術は「スクリーム」のシンシア・K・シャレット。衣裳は「ホーリー・ウェディング」のディーナ・アッペル。共演は「ボディ・バンク」のエリザベス・ハーレイ、「三銃士」のマイケル・ヨーク、「誰かに見られてる」のミミ・ロジャース、『スパイのライセンス』のロバート・ワグナーほか。「ザ・ステューピッド」のトム・アーノルド、「スター・ウォーズ」のキャリー・フィッシャー、「ジュリアン・ポーの涙」のクリスチャン・スレーター、「ウェインズ・ワールド」のロブ・ロウ、作曲家のバート・バカラックが特別出演。
    80
  • コンタクト

    地球外の知的生命体と接触した女性の姿を描くSF超大作。科学と宗教、頭脳と心、ヒロインの心の成長、恋人たちの物語などさまざまな要素を盛り込んだ多面的な物語の構造が魅力。96年に他界した宇宙科学者カール・セイガンの同名小説(邦訳・新潮文庫)に基づき、セイガンと妻アン・ドルーヤンが映画用原案を作り(共同製作も)、「フック」のジェームズ・V・ハートと「マンハッタン花物語」のマイケル・ゴールデンバーグが脚色。監督には「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキスがあたった。製作はゼメキスと、彼のほとんどの作品に参加しているスティーヴ・スターキー、製作総指揮は「9か月」のジョーン・ブラッドショウと「素晴らしき日」のリンダ・オブスト。撮影は「フォレスト・ガンプ」「夕べの星」のドン・バージェス、音楽は「フォレスト・ガンプ」などゼメキスとは名コンビのアラン・シルヴェストリ、美術は「キルトに綴る愛」のエド・バリュー、編集は「バードゲージ」のアーサー・シュミット、衣裳は「フォレスト・ガンプ」のジョアンナ・ジョンストン、主演は「ネル」のジョディ・フォスター。共演は「評決のとき」のマシュー・マコノヘイ、「ニクソン」のジェームズ・ウッズ、「カウガール・ブルース」のジョン・ハート、「リバー・ランズ・スルー・イット」のトム・スケリット、「TINA ティナ」のアンジェラ・バセット、「ヒート」のウィリアム・フィクナー、「ボディ・バンク」のデイヴィッド・モース、「ウェインズ・ワールド」のロブ・ロウほか。
    80
  • 狼たちの街

    50年代初頭のL.A.に実在した組織犯罪特別捜査班〈ハット・スクワッド〉の男たちの闘いを描いたサスペンス・アクション。骨太な演出と、豪華キャストの競演が見もの。監督は「ワンス・ウォリアーズ」で注目されたオーストラリア映画界の俊英リー・タマホリで、2作目にしてハリウッド進出を果たした。脚本は、小説家でもある「パリス・トラウト」のピート・デクスターの原案を、彼とフロイド・マトラックスが執筆。製作は「スティング」「ジョーズ」など数々のヒット作を手掛けたリチャード・D・ザナックと、その妻で「ドライビング・MISS・デイジー」のリリー・フィニー・ザナック。撮影は「フィオナの海」の名匠ハスケル・ウェクスラー、音楽は「ザ・ファーム 法律事務所」のデイヴ・グルーシン、美術は「カリートの道」のリチャード・シルバート、編集はサリー・メンケ、衣裳は「ショーガール」「ストレンジ・デイズ ―1999年12月31日―」のエレン・マイロニックが担当。出演は「アイ・ラブ・トラブル」のニック・ノルティ、「ユージュアル・サスペクツ」のチャズ・パルミンテリ、「スピーシーズ 種の起源」のマイケル・マドセン、「3人のエンジェル」のクリス・ペン、「ミルク・マネー」のメラニー・グリフィス、「ザ・シークレット・サービス」のジョン・マルコヴィッチ、「デンバーに死す時」のトリート・ウィリアムズ、「ハイヤー・ラーニング」のジェニファー・コネリー、「キル・ミー・テンダー2 笑って殺して!?」のアンドリュー・マッカーシー、「美しき獲物」のダニエル・ボールドウィン、「マスカレード 甘い罠」のロブ・ロウ、「ロンゲスト・ヤード」のエド・ローター、「L.A.大捜査線 狼たちの街」のウィリアム・ピーターセン、「潜望鏡を上げろ」のブルース・ダーンほか。
  • ワンダー・アーム・ストーリー

    突如背中から“第三の腕”が生えてきたコメディアンを見舞った悲喜劇をつづった、シュールなファンタジー・ドラマ。抱腹絶倒のサクセス・ストーリー……と思いきや、徹底してネガティヴな展開が逆に新鮮な感動を呼び起こす。監督・脚本は「ザ・チェイス」の俊英アダム・リフキンで、独特のオフ・ビート感覚が見どころ。製作はブラッド・ワイマンとカシアン・エルウェス、エグゼクティヴ・プロデューサーはランドルフ・ターロウとウィリアム・タルマッジ、撮影はジョーイ・フォーサイト、音楽はマーク・デイヴィッド・デッカー、編集はピーター・シンク、美術はシャーマン・ウィリアムス、特殊メイクはトニー・ガードナーとアルテリアン・スタジオがそれぞれ担当。出演は「ブレックファスト・クラブ」「シャナン・ドハーティー・イン・ボンデージ 殺人療法」のジャド・ネルソン、「アポロ13」のビル・パクストン、「スリーサム」のララ・フリン・ボイルのほか、「ゴッドファーザー」「ミザリー」のジェームズ・カーン、「バッド・インフルエンス 悪影響」のロブ・ロウ、『ハートにびんびん火をつけて』(V)、「ザ・チェイス」とリフキン作品の常連になっているクラウディア・クリスチャンら個性派が脇を固める。
  • ウェインズ・ワールド

    NBCテレビの人気番組『サタデー・ナイト・ライヴ』の寸劇コーナーの映画化。ヘビメタ少年2人組が、自分たちがホストをつとめるTV番組を大人たちの策略から守るため、珍作戦をめぐらすコメディ。監督はペネロープ・スフィーリス、製作は『サタデー・ナイト・ライヴ』の発案者で「サボテン・ブラザース」のローン・マイケルズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・W・コッチJr.、脚本・キャラクター創造はマイク・マイヤーズ、共同脚本はボニー・ターナーとテリー・ターナー、撮影はテオ・ヴァン・デ・サンデ、音楽はJ・ピーター・ロビンソンが担当。
    60
  • シールズ 栄光の戦士たち

    アメリカの海軍特殊部隊〈シールズ〉を舞台に、男たちの友情、葛藤を描いたドラマ。監督はイスラエル映画界出身のシモン・ドータン、エグゼクティヴ・プロデューサーはアミ・アルツィ、製作はメナヘム・ゴーラン、脚本はドータンとスチュアート・スコフマン、撮影はアヴィ・カーピック、音楽はウォルター・クリスチャン・ロシェが担当。
  • バッド・インフルエンス 悪影響

    エリート青年がメフィストフェレスの如き美少年に導かれて経験する地獄廻りのような出来事を描くサイコ・サスペンス。製作はスティーヴ・ティッシュ、監督は「窓/ベッドルームの女」のカーティス・ハンソン、脚本は「アパートメント・ゼロ」のデイヴィッド・コープ、撮影はロバート・エルスウィット、音楽はトレーバー・ジョーンズ。出演はジェームズ・スペイダー、ロブ・ロウほか。
  • ロブ・ロウのおかしなおかしな探偵物語

    初恋の女性の無実を証明しようと奮闘努力する青年の姿を描くコメディ映画。製作・監督は「マスク(1984)」のピーター・ボグダノヴィッチ、脚本はM・A・スチュワートとマックス・ディクソン、撮影はダンテ・スピノッティ、音楽はフィル・マーシャルが担当。出演はロブ・ロウ、コリーン・キャンプほか。
  • マスカレード 甘い罠

    つきぬ野望を果たすために、愛さえも犠牲にして生きる非情な若者の姿を描く。監督はボブ・スウェイム、製作はマイケル・レヴィ、脚本はディック・ウルフ、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はジョン・バリー。出演はロブ・ロウ、メグ・ティリー、キム・キャトラルほか。
  • スクエアダンス

    多感な10代の少女の悩みを通じて家族の絆を描く。製作・監督はダニエル・ペトリー、エグゼクティブ・プロデューサーはチャールズ・ハイドとジェーン・アレクサンダー、原作・脚本はアラン・ハインズ、撮影はヤセク・ラスカス、音楽はブルース・ブロートン、編集はブルース・グリーン、美術はジャン・スコットが担当。出演はウィノーナ・ライダー、ロブ・ロウほか。
  • オックスフォード・ブルース

    イギリスの貴族の娘を恋人にするために、オックスフォード大学に乗りこんだ大学生の青春を描く。製作はカシアン・エルウェ、エリオット・カストナー、監督はロバート・ボリス、撮影はジョン・スタニアー、音楽はジョン・デュプレ、衣装はピップ・ニューベリーが担当。出演はロブ・ロウ、アリー・シーディーほか。
  • きのうの夜は…(1986)

    束縛されない自由な恋愛を望む若い男女の姿を描く。製作はジェイソン・ブレットとスチュアート・オーケン。エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノルド・スティフェル。監督はこれが長編第1作のエドワード・ズウィック。デイヴィッド・マメットの戯曲を基にティム・カズリンスキーとデニース・デクルーが脚色。撮影はアンドリユー・ディンテンファス、音楽はマイケル・グッドマン、編集はハリー・ケラミダスが担当。出演はロブ・ロウ、デミ・ムーアなど。
  • ホテル・ニューハンプシャー

    3つのホテル・ニューハンプシャーを舞台に、ベリー一家の不思議な体験を描く。製作はニール・ハートリー。ジョン・アーヴィングの同名原作(集英社刊)を基にトニー・リチャードソンが監督・脚色。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はレイモンド・レパードが担当。出演はジョディ・フォスター、ロブ・ロウなど。
  • 栄光のエンブレム

    アイス・ホッケーの選手を夢見る青年の挫折を描いた青春映画。監督・脚本は「レインマン」のピーター・グーバーと「レインマン」「インナートリップ」のジョン・ピータース。製作はピーター・マークル。主演は「スクエアダンス」「マスカレード 甘い罠」のロブ・ロウ。共演はシンシア・ギブ、「ダーティ・ダンシング」のパトリック・スウェイジ。
  • セント・エルモス・ファイアー

    ワシントンの名門大学をそろって卒業した7人の若者のそれぞれの人生を描く青春群像劇。製作はローレン・シュラー・ドナー、エグゼクティヴ・プロデューサーはネッド・タネンとバーナード・シュワルツ、監督は「D.C.キャブ」のジョエル・シューマカー、脚本はシュマッチャーとカール・カーランダー、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はデイヴィッド・フォスター、編集はリチャード・マークスが担当。出演はエミリオ・エステヴェス、ロブ・ロウなど。
    90
  • 恋のスクランブル

    少年たちがエリート・コースの第1歩として集まるプレップ・スクールを舞台に恋、友情、進学などに悩む姿を描く。製作はマーティン・ランソホフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはキャスリーン・サマーズ、監督は「午後の曳航」のルイス・ジョン・カルリーノ。脚本はジム・カウフ、デイヴィッド・グリーンウォルト、撮影はリック・ウェイト、音楽はエルマー・バーンスタイン、編集はデニス・ドーラン、美術はジャック・ポプリンが担当。出演はジャクリーン・ビセット、ロブ・ロウ、アンドリュー・マッカーシー、クリフ・ロバートソン、スチュアート・マーゴリン、ロドニー・ピアーソンなど。日本版字幕は野中重雄。カラー、ビスタサイズ。1983年作品。
    87
    • 感動的な
  • アウトサイダー(1983)

    どこにも行き場のない少年たちの姿、行動を描くドラマ。提供・監督は「ワン・フロム・ザ・ハート」のフランシス・フォード・コッポラ。製作はフレッド・ルース、グレイ・フレデリクソン。S・E・ビントンが17歳の時に発表した同名小説(大和書房、集英社文庫)に基づき、キャスリーン・クヌートセン・ローウェルが脚色、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はフランシスの父親力ーマイン・コッポラが手掛けている。主題歌の「ステイ・ゴールド」は、力ーマイン・コッポラが作曲し、スティーヴィー・ワンダーが作詞、ワンダーが歌っている。プロダクション・デザイナーは、ディーン・タヴォーラリス、特殊視見効果はロバート・スワースが担当。出演はC・卜ーマス・ハウエル、マット・ディロン、ダイアン・レイン、ラルフ・マッチオ、エミリオ・エステヴェスなど。原作者のヒントンが看護婦役でゲスト出演している。ドルビー・ステレオ。パナビジョンで撮影。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、シネスコサイズ。1983年作品。
    75
  • モンスタートラック(2016)

    モンスターと青年の友情を描く爆走アクション。高校生のトリップは、壊れたトラックを修理して生まれ育った町から逃げ出したいといつも思っていた。ある日、町で得体の知れない生物が車を破壊する事件が起き、その生物は彼のトラックに潜り込んでしまう。【スタッフ&キャスト】監督:クリス・ウェッジ 脚色:デレク・コノリー 脚本:ジョナサン・エイベル 出演:ルーカス・ティル/ジェーン・レヴィ/ロヴ・ロウ/ダニー・グローヴァー/トーマス・レノン
    90
  • だめんず・コップ2

    「Broken Lizard」としてその名を全米に轟かす、人気お笑いグループが繰り広げる爆笑コメディの16年ぶりの続編。
  • ウソから始まる恋と仕事の成功術

    『オー!マイ・ゴースト』のリッキー・ジャーヴェイズが監督・脚本・出演を務めたラブコメディ。誰もが真実のみを話し、嘘が存在しない世界で、マークは嘘をつく力を身に付ける。嘘を利用して富と名声を得ていくマークだが、恋人にだけは嘘をつけず…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:リッキー・ジャーヴェイズ 監督・脚本:マシュー・ロビンソン 出演:ジェニファー・ガーナー/ロブ・ロウ/ジョナ・ヒル
    70
  • ラナウェイ・ジェーン

    『マトリックス』で製作を務めたジョエル・シルバーが贈るノンストップアクション。シングルマザー・ジェーンの元に息子を誘拐したとの脅迫状が届いた。しかしそれは、国家をも揺るがす最新兵器の諜報活動の序章に過ぎなかった…。※販売:SPOX/SPO【スタッフ&キャスト】監督・脚本・製作:ケヴィン・エルダー 製作総指揮・製作:ジョエル・シルバー 製作:スティーヴ・リチャーズ 音楽:ブライアン・タイラー 出演:ロブ・ロウ/テリー・ハッチャー/デヴィッド・ヘンブレン
  • 真実のゆくえ ケイリーちゃん殺害事件

    2008年に全米を震撼させた“ケイリーちゃん殺害事件”。2歳の少女ケイリーちゃんが殺害されたこの事件の裁判を巡る、検事の奮闘を描いたロブ・ロウ主演のテレビ映画。
  • MIS II メン・イン・スパイダー2

    『アウトサイダー』のロブ・ロウ主演によるSFヒーロー・アクションコメディ。世間からB級とバカにされる、ヘンテコパワーを持つ落ちこぼれヒーロー戦隊“スパイダーズ”が、意地とハートで地球を守るために奮闘する姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:クレイグ・メイジン 脚本:ジェームズ・ガン 製作:ダン・ベイツ/マーク・アルトマン 出演:ロブ・ロウ/ジェイミー・ケネディ/トーマス・ヘイデン・チャーチ/パジェット・ブリュースター
  • 夢で逢えたら(1991)

    「シンデレラ」の物語を現代のパリに置きかえたロマンチック・コメディ。監督は「エル・シド」のトム・クレッグ、製作は「薔薇の名前」のモニーク・アノー、エグゼクティヴ・プロデューサーはダニエル・マークウェット、脚本はパメラ・ウォーレスとマデリーヌ・ディ・マジオ、撮影はアンリ・ハバンが担当。
  • エコーズ2

    ロブ・ロウ主演で贈るホラーサスペンス。イラクに出兵中のテッドは、罪のないイラク人家族を誤って殺してしまう。それ以来、悪夢にうなされたり幽霊の幻覚を見たりと、おかしなことが帰国後も続き…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:アーニー・バーバラッシュ 撮影:フランソワ・ダジュネ 音楽:ノーマン・オレンスタイン 編集:ミッチェル・ラッキー 出演:ロブ・ロウ/マーニー・マクフェイル/ヴィク・サハイ/ベン・ルイス
  • クレイジーシックス

    「オースティン・パワーズ」シリーズのロブ・ロウ主演によるクライムアクション。共産主義が崩壊した東欧。ある組織から国家機密に関わる品を奪取する依頼を受けた“CRAZY SIX”ことビリー。しかし、依頼人に裏切られた彼は命を狙われる羽目になり…。【スタッフ&キャスト】監督:アルバート・ピュン 製作:ニコラス・クレーモント 音楽:トニー・リバレッティ 出演:ロブ・ロウ/バート・レイノルズ/アイス-T/マリオ・ヴァン・ピープルズ
  • 快楽の代償

    ベン・ノヴァック・ジュニアは、美しいストリッパー、ナーシーと結婚。しかし、愛憎が入り乱れる結婚生活の果てに、ベンは無残な死体となって発見される。
  • アトミック・トレイン

    「オースティン・パワーズ」シリーズのロブ・ロウ主演で贈るパニック・アクション。核兵器を搭載し、突如暴走を始めた貨物列車の脅威を描く。
  • 疑惑の男 ドリュー・ピーターソン

    3人目の妻が不審死、4人目の妻は失踪中と妻殺害疑惑で全米を騒がせた元警察官の実話を、ロブ・ロウ主演で描くTV映画。
  • 恋しくてロンドン

    TV映画中心に活躍するロビン・シェパード監督の、ロマンティックコメディ。
  • N.Y.犯罪潜入捜査官

    ロブ・ロウ&サム・ニール主演の本格刑事アクション。N.Y.市警察に逮捕された巨大不正資金浄化事件の重要参考人で、IQ180を誇るエディ。証人保護官として彼の元に送り込まれた1人の刑事マイク。2人の出会いは壮絶なドラマの幕開けを告げる…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ダニエル・ペトリJr. 製作総指揮:デビッド・ブラウン 原作:リンダ・ラプラント 製作:マーク・アミン 出演:サム・ニール/ロブ・ロウ/アリシア・コッポラ/ピーター・マクニール
  • ミッドナイト・キャブ

    タクシードライバーのミッチは大金持ちの作家を家へ送った時意識を失い、医者から余命1ヵ月とのガン宣告を受ける。この日を境に彼の人生は変わってしまい、暗殺者となってしまった…。『アウトサイダー』のロブ・ロウ主演のサスペンスアクション。【スタッフ&キャスト】監督:ジーン・ペレリン 製作:ピーター・クローネンバーグ/ジュリー・アラン 出演:ロブ・ロウ/ジョー・マンテーニャ/チャールス・パウエル/スティーブ・アダムス
  • JUSTICE 必殺

    所長が代わってから不審な自殺や病死の多い刑務所…。実は被害者の遺族から報酬を取り、法では葬れない殺人者を処刑する組織が存在した。『マトリックス』のジョエル・シルバー製作、ロブ・ロウ、ジェームズ・コバーンが出演のアクションムービー。【スタッフ&キャスト】製作:ジョエル・シルバー 監督:スコット・ジール 脚本:ベン・クィーン/シーマス・ルアン 出演:ロブ・ロウ/ジェームズ・コバーン/ジョナサン・バンクス/ケリー・ローワン
  • No Love,No Life ノーラヴ・ノーライフ

    「ザ・ホワイトハウス」シリーズのロブ・ロウ主演で贈るハートウォーミングドラマ。ロバートは会社をクビになったことを機に、長年の夢だった小説家の道を志す。やがて書き上げた本はベストセラーとなり、ロバートは一躍有名人の仲間入りを果たすが…。【スタッフ&キャスト】監督:ピーター・レヴィン 原作:リチャード・ポール・エバンス 製作:ジュディ・カイロ 製作総指揮:ステファニー・ジャーメイン 出演:ロブ・ロウ/クリストファー・ロイド/フランセス・コンロイ
    70

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません