• TOP
  • 専門家レビュー一覧

専門家レビュー一覧

  • センターライン

    映画評論家

    上野昴志

    自動運転を制御するAIのMACO2がかわいい。とくに、その機械的な眼の動き。対する吉見茉莉奈扮する新人の女性検事が、型通りやたら気負っているのは狙いだろうけど、彼女の名を読み違えたりするMACO2とのやりとりが面白い。それと、ここまで発達したAIは、殺人容疑で起訴されることもあるという発想がいい。仮に死刑判決が出たら、どうなるのかと考えてしまう。後半の、弁護士の攻勢に対して、検事側が反証していくあたりの展開は、もう少しじっくり見せて欲しかったが。

  • センターライン

    映画評論家

    上島春彦

    アシモフの「ロボット三原則」は遠くなりにけり。という超低予算SFである。ロボットの殺意を立証できるか、というコンセプトなのだ。見過ごされてもおかしくなかったロボット犯罪が、主人公の女性検事の勝手な都合で裁判沙汰になる喜劇仕立ての発端から快調。物語が始まった時点で既に亡くなっている女科学者のキャラが鍵だが、これ以上は言えない。いわば女フランケンシュタイン博士だね。近未来なのだが現在とも言い得る、絶妙な設定のおかげで物語に引き込まれる。続篇を期待。

  • センターライン

    映画評論家

    吉田伊知郎

    現実の進歩を見れば、近未来の人工知能をめぐる裁判劇にも妙なリアリティを感じさせる。だが、HALを出すまでもなく、映画の側に現実が寄せてきたことを思うと、人工知能の心というテーマは既視感があるだけに、スケールの大きくなる話を低予算で巧みにまとめあげた点以外は新味もなく面白がれず。アトムのロボット法のような人間への従属や差別される者、あるいは敬意を持って対等に扱われるというようなルールがあれば良かったが、劇中のAIは雑に扱われているだけに見える。

  • ピア まちをつなぐもの

    評論家

    上野昴志

    大学病院勤めの医師が、病気になった父親のあとを継いで、しぶしぶ町医者になり、往診では上から目線の医師ぶりを発揮してケアマネとぶつかった段階で、あ、この男もいずれ地域医療の大切さを知って、患者第一に変わるなと予想がつき、物語はまさに、その通りに展開していくので驚きはないが、にもかかわらず、在宅医療の連携については勉強になり、再発したがん患者の終末につきそうところでは、思わず涙をこぼしてしまったので、★一つおまけしないわけにはいかなくなった。

  • ピア まちをつなぐもの

    映画評論家

    上島春彦

    有能な研究医が大学病院を辞め実家の町医者を継ぐ。終末医療や高齢者医療など地域の問題に根差した作りで、それが彼をプロフェッショナルに成長させるための具体的な試練になっている。この手の修業物は私の好みで星も伸びる。最初、彼の態度は一見不遜にも思えるが、彼なりの合理性からの行動だというのも観客にだけは分かる。彼の常識が一つ一つ打ち砕かれていく過程が秀逸。薬漬けの患者さんの件をかつての同級生の薬剤師に相談に行くあたりから物語がてきぱき流れ、とても良い。

  • ピア まちをつなぐもの

    映画評論家

    吉田伊知郎

    協力協賛に並ぶ医療関係のクレジットを見ると、古めかしいドラマとお涙頂戴が相場の在宅医療啓蒙映画かと思いそうになるが、きっちりと作り込まれたドラマを感情過多にならず、抑制された演出で手堅く見せる監督の手腕を感じさせる。若手医師細田の無機質な雰囲気が程よく、ケアマネの松本の突っ込み芝居を上手く受けたり、受け流したりする演技の配置も絶妙。それにしても、在宅介護で大量の薬を飲まされている父を見ていると、今やこんなテーマは他人事ではない身近さを覚える。 舞台で見れば面白いだろうと思うのは、客席とカラオケボックスが地続きの空間を醸成できると思わせるから。映画の場合、〈カラオケ〉は最も頻繁に用いられながら、誰が撮っても大差ない狭い空間にすぎない。それを映画的な空間にどう構築するか、演出の技倆が露わになる。別室と同時進行させたりするものの劇中の空間と客席の隙間は埋まることなく、他愛ない会話が本当に他愛なく見え、ハラスメント、マウントの取り合いが、ステレオタイプな描写に堕して見えてしまうのも残念。 原作もドラマも未見だが、連ドラ版と同時撮影されたせいか映画的なスケールには乏しく、SPドラマで良かったのでは。ぶっ飛んだ奇想を盛り込んでも学園内に限定させることで世界観を維持する点は良いとしても、それを補強し、リアリティを与える演技には疑問。子役出身者も含めた実力派若手俳優が揃っているので大仰な演技もこなせるが、浜辺以外は大仰になりすぎて緩急が利かず、延々と見せられて胸焼けしそうに。「麻雀放浪記2020」よりゲーム性を重視している点は良い。

  • あの日のオルガン

    評論家

    上野昴志

    小学生(当時は国民学校)の疎開は、身近に知っていたが、保育園児の疎開が実際にあったというのは、初めて知った。国が進めた学童疎開と違って、就学前の子供を自力で疎開させるということには、親の反対も含めて相当の抵抗があったと思う。それを推し進める戸田恵梨香演じる保母の厳しさと、子どもと一緒になって遊ぶ大原櫻子の無邪気さとの対照が、うまく効いている。総じて保母たちと子どもとの関係も自然でいいが、その裏面にある、親たちが東京で受けた戦争の表現が弱い。

  • 運び屋

    映画監督

    内藤誠

    イーストウッドの映画を見続けてきたものには、全篇、思い当たる所が多く、画面にひきつけられた。園芸にうつつをぬかして、家族をかえりみなかった老人を主演にすえるとは、脚本からして素晴らしいアイデアだ。彼が麻薬の運び人に利用されているとどこで気づき、また、悪事を反省しているのかどうかなど、はっきりさせない展開も、この主人公らしい。劇中の娘を実のアリソンが演じ、いろいろなエピソードもイーストウッドの私生活を反映しているようで、よくぞここまでやってくれたと思う。

  • 移動都市/モータル・エンジン

    翻訳家

    篠儀直子

    この奇想天外な世界を説得的に視覚化するのは相当な困難だと思えたがまあまあクリア。スター不在のキャスト(余計なお世話じゃ)でこれだけの製作費を回収するのは果てしなく難しそうだが、続篇のほうが面白くなりそうなので、できれば続けてほしいところ。いちいち機械的に回想シーンを入れる凡庸さは何とかしてほしいが、宮崎駿の活劇を思い出させられるところもあり、意外なことに正統派恋愛映画でもある。ヒロインを追う人造人間のキャラクターが、哀しみがあってなかなかいい。

  • あの日々の話

    評論家

    上野昴志

    もとが演劇だけに、舞台ふうな作りだが、それを映画でやることの意味は詳らかではない。ただ、話の運びは、なかなか巧み。最初は正体不明のカラオケルームの男たちが、大学のサークルの集まりの流れとわかったところから、先輩後輩の陰湿な関係や、女子を巡るあれこれ、女子学生とOGとの揉め事など、人間関係の危うさ愚かさを露呈させていく手腕はなかなかのもの。だが、何よりも良かったのは、最後に太賀扮する高卒の従業員の、それ自体邪気のない言葉による逆説的な批判である。

  • あの日々の話

    映画評論家

    上島春彦

    集団演技も調和が取れており、さすが人気演目という感じはある。飽きさせない。しかし話が幼稚すぎて星伸びず。今時の女子大生が鞄にコンドームを忍ばせているのが、そんなショックか。それを自分らに都合のいい何らかのサインだと思いこめる男子大学生の神経の方がどうかしている。他の子のバッグあさりに発展する狂乱騒ぎも無茶。悪ふざけだがこれはれっきとした犯罪で、酔ってました、では本当はすまない。状況を誰も分かってないのがある意味凄い。それに実は誰も酔ってないし。

  • あの日々の話

    映画評論家

    吉田伊知郎

    舞台で見れば面白いだろうと思うのは、客席とカラオケボックスが地続きの空間を醸成できると思わせるから。映画の場合、〈カラオケ〉は最も頻繁に用いられながら、誰が撮っても大差ない狭い空間にすぎない。それを映画的な空間にどう構築するか、演出の技倆が露わになる。別室と同時進行させたりするものの劇中の空間と客席の隙間は埋まることなく、他愛ない会話が本当に他愛なく見え、ハラスメント、マウントの取り合いが、ステレオタイプな描写に堕して見えてしまうのも残念。

  • 映画 賭ケグルイ

    上野昴志

    この素材、よく考えて作れば、学園内政治劇になったかもしれないのが、それとは裏腹の、ガキ共がやたら騒ぎたてるだけの話になってしまった。それも、喋りまくる女子の顔アップばかりが目立つ。決定的なのは、賭けが、どう出るのか、という展開にまったくサスペンスがないことだ。見ているこちらが、こうなるだろうと思う通りの結果しか出てこないのでは、手に汗握るどころか、脱力感と一緒に欠伸が出てしまう。生徒会長役の池田エライザが、言葉少ないのが救い、といってもなあ……

  • 映画 賭ケグルイ

    映画評論家

    上島春彦

    世事に疎くて原作の件とか知らなかった。それでも(その方が?)楽しめる。映画を見ても主人公が何者か全く分からない。そればかりか、実はやってるゲームの内容もルールも私は理解していない。ただ美少女が賭け事に狂うというだけで、こんなにエキサイトできるとは正直意外であった。JKギャンブラー浜辺美波の美しさだけで十分もとは取った感じだし、銀髪女王池田エライザの高慢ちきもグッド。でも明らかに話は途中で終わっている。惜しい。「帝一の國」ファンなら必見ものだが。

  • 映画 賭ケグルイ

    映画評論家

    吉田伊知郎

    原作もドラマも未見だが、連ドラ版と同時撮影されたせいか映画的なスケールには乏しく、SPドラマで良かったのでは。ぶっ飛んだ奇想を盛り込んでも学園内に限定させることで世界観を維持する点は良いとしても、それを補強し、リアリティを与える演技には疑問。子役出身者も含めた実力派若手俳優が揃っているので大仰な演技もこなせるが、浜辺以外は大仰になりすぎて緩急が利かず、延々と見せられて胸焼けしそうに。「麻雀放浪記2020」よりゲーム性を重視している点は良い。

  • キングダム(2019)

    映画評論家

    北川れい子

    広大な原野での戦闘シーンや王宮セットなど、中国での大掛かりなロケが物語のスケール感になっていて、各キャラクターの衣裳やメイクも凝っている。馬やエキストラの数にも感心する。ただどうしても戦闘絵巻ふうの物語にこちらの気持ちが乗っていかず、観るというより人物やそのアクションをただ“眺めている”気分。だからかつい山𥔎賢人がキャンキャンうるさいとか、長澤まさみの腕の肉付きに目が行ったりと、どうでもいいことばかりが気になって。大沢たかおの色気と貫祿は出色。

  • キングダム(2019)

    映画文筆系フリーライター

    千浦僚

    こちとら四十代の男によくある横山光輝『三国志』世代。本宮ひろ志の『天地を喰らう』、ついでに『赤龍王』(項羽と劉邦もの)も通過。漫画にはまらぬ者も中学頃にゲームにはまった。「レッドクリフ」を封切りで観た際、冒頭に東宝東和がつけた? 背景解説に対して客席に満ちた、今さらそんなものいらん!の空気よ。非文芸系中国歴史愛好民よ。そこから十年、春秋戦国時代を題材に、かつて本国に召し上げられた「墨攻」に負けぬ国産の中国歴史もの。よくぞやってくれたと感無量。

  • キングダム(2019)

    映画評論家

    松崎健夫

    瞬きを抑制することで高貴さを表現する吉沢亮のアプローチ。無表情ながらも姿勢や所作に対する細やかな配慮によって出立ちを構築し、荘厳さを感じさせる独特のオーラを己に纏わせている。漫画原作の映画化には再現性が求められがちだが、漫画の特性でもある“明確なビジョン”を超越したキャラクターを吉沢は実践してみせている。坂口拓の傍若無人ぶり、大沢たかおの物の怪ぶりなど、脇のキャラクターにも抜かりが無い。が、一年に一本製作しても完結に十年以上を要する憂慮はある。

  • 誰がために憲法はある

    映画評論家

    北川れい子

    恥ずかしながら、お笑い芸人・松元ヒロの「憲法くん」をこの作品で初めて知った。ベテランの女優たちによる原爆の朗読劇公演も今回が初めて。どちらもことば、つまり肉声によるダイレクトな憲法擁護、戦争反対のメッセージが込められていて、観ているときは心に強く響く。でもことばは次のことばに流される傾向がある。ことばから生まれたイメージは次のことばに流され、ことばばかりが押し合い、圧し合い。それとやはり松元ヒロ本人に「憲法くん」を語ってほしかった。

  • 誰がために憲法はある

    映画文筆系フリーライター

    千浦僚

    私自身は護憲派。カジュアルに。本作主旨に賛同。ナチュラルに。大東亜戦争と称した戦争での敗北がどれだけ日本にとってデカかったか。それを体験したひとたちの皮膚感覚を通してそのことを追体験することが旧作日本映画を観ることには含まれる。それを長年積み重ねてきたためにいまの日本国憲法に価値を認めてきた。渡辺美佐子はじめ本作に登場する方々の活動を風化に抗う闘いだと思った。日色ともゑが語る宇野重吉の判断基準“そこに正義があるかどうか”、には感銘を受けた。

1-20件表示/全191件