仮面病棟の映画専門家レビュー一覧

仮面病棟

現役医師・知念実希人によるベストセラーミステリーを「屍人荘の殺人」の木村ひさし監督が映画化。ピエロの仮面をつけた凶悪犯が病院を占拠。当直医を代わった速水と凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳は病院からの脱出を試みるが、病院には不可解な点が多く……。事件に巻き込まれた一夜限りの当直医・速水を「そして、生きる」の坂口健太郎が、負傷した女子大生・瞳を「君は月夜に光り輝く」の永野芽郁が演じる。1年前まで実際に運営されていた病院で撮影された。
48
  • 手に汗握る
  • 怖い
  • 映画評論家

    須永貴子

    タイトルの“仮面”を担うピエロのヴィジュアル造形と、“中の人”の優れた身体表現が、求心力になっている。ピエロにありがちなエキセントリックな言動を排除し、沈黙と必要最小限の暴力のコンビネーションで場を支配する。正体が判明するときには、“意外性と説得力の共存”という難易度の高いカタルシスを達成。そのピエロの正体と目的を探りながら困難を打破する主人公を演じる、坂口健太郎の熱すぎないアプローチも、“脱出もの”において観客が感情移入する器として大正解。

  • 映画評論家

    山田耕大

    ピエロの仮面の男がコンビニ強盗をし、そこで出くわした女子に銃創を負わせ、彼女を人質にして病院に立てこもる。が、その病院にはおぞましい秘密が……。面白そうな話だが、女子の負った銃創にまず引っかかる。どう見ても切り傷にしか見えない。脚本も書いている原作者が現役の医師なら、それも銃創の一種なんだろうが、素人には納得がいかない。後でそれが臓器移植の手術痕だとわかるが、「ウソっ!?」である。それにしても、立てこもりの病院内の緊迫感のなさは何なんだろうか。

  • 映画評論家

    吉田広明

    病院の謎と、犯人の謎の二系統の謎があるのだが、前者に偏りすぎ。監禁されているわりに主人公らが病院を歩き回るので、監禁の緊迫感が薄れ、流れが一方向に収斂し、単調、病院の謎も割れやすくなっている。犯人の側の謎もバランスよく配置し、犯人の正体、真の狙いを主人公が知り、犯人と協力していくという逆転を後半以降メインとしていけば、映画全体がダイナミックになったのでは。本当に悪い奴も、ほとんど名前のみで抽象性にとどまり、犯人=主人公=観客の情動も高まらず。

1-3件表示/全3件

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません