家族のレシピの専門家レビュー一覧

家族のレシピ

日本、シンガポール、フランスの合作で、日本とシンガポールに跨る家族の絆を描いたドラマ。家業のラーメン屋で働く真人は、店主だった父の死をきっかけに、亡き母と父が出会ったシンガポールを訪れる。そこで、知られざる両親の過去が明らかになるが……。出演は「のみとり侍」の斎藤工、『平清盛』の松田聖子、「超高速!参勤交代 リターンズ」の伊原剛志、「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」の別所哲也ほか。監督は「TATSUMI マンガに革命を起こした男」のエリック・クー。
82
  • 感動的な
  • 映画系文筆業。

    那須千里

    昨秋パリで観た時は「ラーメンの味」という仏題で公開されていた本作。合作国でもあるフランスでは「お茶漬けの味」的なイメージだったのだろうか。実際、原題の「RamenTeh」の「Teh」はマレー語でお茶を意味し、劇中ではラーメンとバクテー(Bak Kuh Teh=肉骨茶。バクテー自体にお茶は使われていないが)をはかることで、家族再建のドラマへと展開していくため、小津の連想はあながち的外れでもない・・・・かも。グルメ描写や日本・シンガポールの国交プロジェクトとしてはなかなか。

  • 映画評論家

    きさらぎ尚

    まず食が題材の映画は、大好きなジャンル。ほとんどの場合、食・人・場所が分かち難く絡まりあい、ドラマに人情味があふれているから。この映画がまさに好例。ルーツをたどる過程で、日本とシンガポールの両国に刻まれた不幸な歴史が浮かび上がり、それぞれの国のソウルフードを融合させた新しい料理に着地。ストーリーと展開、そしてキャスト(特に斎藤工とビートリス・チャン)の、三者間の調和でドラマが豊かに。ただフードブロガーの存在が浮いて、それに水を差しているのは残念。

  • 批評家。映像作家。

    金子遊

    何ごとも食わず嫌いが一番いけない。高校、大学、社会人になっても、ひとりの初恋の女性を想い続ける男の姿は、絵空事だが、信じてみたいとも思わせる。高校のときの彼女と結婚し、二子を設けている同級生がいるが、本人たちからすれば本作のような劇的なできごとのくり返しがあったかもしれない。と書いたところで、言葉が尽きてしまった。2時間近く最後まで楽しめた娯楽作だが、この作品を評するための言葉がわたしには欠如している。今まで一体何をしてきたのだろう?

1-3件表示/全3件