こはくの専門家レビュー一覧

こはく

「赤い雪 Red Snow」の井浦新と芸人・アキラ100%が兄弟役を演じる人間ドラマ。幼いころに父と別れた亮太は、父のように離婚して息子たちと会うことができずにいた。ある日、兄の章一が街で父を見たと言い出し、亮太は兄と一緒に父を捜し始める。監督は、「ゆらり」の横尾初喜。2019年6月21日より長崎先行ロードショー。
84
  • おしゃれな
  • 映画評論家

    吉田伊知郎

    監督の個人的体験に基づいた内向きの企画かつ、淡々とした描写が続くだけにノレないと辛いところだが、未知数の大橋を抜擢したことで刺激をもたらす。新井浩文にも似た相貌を持つ大橋は、芸人を漫才人間と役者人間に分類する香川登志緒に倣えば後者のタイプに当たり、舞台でいつもキョドっているのとは別人の様に奥行きのある存在感を見せる。井浦が憎しみを抱く父の若い頃を二役で演じているのも終盤の展開を思えば意外だが、異物を混入させる演出が普遍性をもたらすようだ。

  • 映画評論家

    上島春彦

    長崎の御当地映画、ずっと昔に消えた父を今さら探すことになった兄弟の話で、兄弟それぞれの事情と温度差が鍵となる。微妙にネタバレ厳禁なので書ける範囲で書くと、これは人ではなくむしろ土地や路地へのこだわりの方が面白い。ふと入った道に突然記憶が蘇る、その至福、というのは誰にも覚えがあるだろう。ロケーションが効いており、これが御当地映画の良さ。行ったことはないが、ここは海を見下ろす坂道の街なんだね。エンクミちゃんと井浦新の一人二役も興味深い趣向であった。

  • 評論家

    上野昴志

    ゆるいなぁ。こういう話だから緩い、というのではない。冒頭の海を撮ったショットを皮切りに、一つ一つのショットが長すぎるのだ。長回しが生きるのはそこに動きがあるからだが、こちらは静止した画面がただ長い。典型的なのは、新が机の前に座っているのを横から撮ったショット。作り手はそこに思い入れをしているのかもしれないが、それをただ眺める観客のことも考えてほしい、というのは半分冗談だが、各ショットを少しづつ縮めて、全体で15分ほど短くすれば締まったろうに。

1-3件表示/全3件