翔んで埼玉の専門家レビュー一覧

翔んで埼玉

魔夜峰央が1982年に発表した同名コミックを実写映画化。埼玉県民は東京都民から迫害を受け、身を潜めて暮らしていた。そんななか、東京トップの高校の生徒会長で都知事の息子・百美は、アメリカ帰りの転校生・麗と惹かれ合う。だが、麗は埼玉出身だった。出演は、「リバーズ・エッジ」の二階堂ふみ、ドラマ『風林火山』のGACKT。監督は、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。
88
  • 笑える
  • 映画評論家

    松崎健夫

    かつて、区でも市でもない「郡」と呼ばれる地域に住んでいた頃、郡内ふたつの町は、”海側”と”山側”で仲違いしていた。海側の町民が、「田んぼばかりで工場もない田舎」とディスレバ、山側の町民は「光化学スモッグで息もできへん」と反論する。実に不毛であったことを思い出す。その点、本作で描かれる「埼玉に対するディス」は、自嘲することで相手を牽制させているというメカニズムが痛快。またセットや衣装にこだわることで、魔夜峰央の世界を忠実に映像化している点も秀逸。

  • 映画評論家

    北川れい子

    それにしても、”隠れ埼玉県人”への踏み絵が”草加せんべい”とは、泣けるほどおかしい。こう書きながらも笑いが止まらない。ハロウィンのコスプレごっこのような衣装も、ぶっとんだギャグコメディのビジュアル化として痛快で、宝塚の舞台から抜け出したようなGACKTのナリフリも似合いすぎて笑える。埼玉県人のこれでもかの自虐ネタが、卑下自慢風なのも愉快。関東各県の扱いもマジメにふざけていて、それなりにナルホド感がある。ただ関東圏以外の方がどう観るかチト心配。

1-2件表示/全2件