移動都市/モータル・エンジンの映画専門家レビュー一覧

移動都市/モータル・エンジン

イギリスの作家フィリップ・リーヴによるファンタジー小説『移動都市』を、ピーター・ジャクソン製作・脚本で映画化。都市が移動し、都市を喰う世界を舞台に、亡き母の復讐と人類の希望を胸に抱く一人の少女と、その思いに共鳴する反逆者たちの冒険を映し出す。出演は「殺意の誓約」のヘラ・ヒルマー、「ムーン・ウォーカーズ」のロバート・シーアン、「ハクソー・リッジ」のヒューゴ・ウィーヴィング、「ドント・ブリーズ」のスティーヴン・ラング。共同脚本に「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズのフィリッパ・ボウエンとフラン・ウォルシュ。監督は、ピーター・ジャクソンの右腕として「キング・コング」で第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リヴァーズ。日本語吹替え版では『進撃の巨人』の石川由依、『Free!』の島﨑信長、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの大塚芳忠といった声優陣が出演。
  • 翻訳家

    篠儀直子

    この奇想天外な世界を説得的に視覚化するのは相当な困難だと思えたがまあまあクリア。スター不在のキャスト(余計なお世話じゃ)でこれだけの製作費を回収するのは果てしなく難しそうだが、続篇のほうが面白くなりそうなので、できれば続けてほしいところ。いちいち機械的に回想シーンを入れる凡庸さは何とかしてほしいが、宮崎駿の活劇を思い出させられるところもあり、意外なことに正統派恋愛映画でもある。ヒロインを追う人造人間のキャラクターが、哀しみがあってなかなかいい。

1-1件表示/全1件