アメリカの悲劇

あめりかのひげき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

現在のアメリカ文壇に重きをなすセオドア・ドライザーが代表作の同名小説を映画化したもので脚色には、ハリウッド在住の詩人サミュエル・ホッフェンシュタインが当たり、監督は「モロッコ」「間諜X27」のジョセフ・フォン・スタンバーグが受け持った。主演者は「悪魔の日曜日」「盗まれた天国」のフィリップス・ホームズ、「市街」のシルヴィア・シドニー。助演者として「巴里選手」「恋とお月様」のフランセス・ディー、「愛する権利(1930)」のアーヴィング・ピチュル、クレア・マクドウェル、ルシル・ラ・ヴァーン、フレデリック・バートン、ウォーレス・ミドルトン、その他が出演。撮影を「市街」「間諜X27」のリー・ガームスが担当している。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

「アメリカの悲劇」のストーリー

クライド・グリフィスはカンサス市の貧しい伝導師の子として生い育った。貧かったがゆえに彼は早くより自分の生計をたてねばならなかった。あるホテルのベル・ボーイとして働いているなか、上流社会の華麗な生活を日ごと見聞するにつれて彼はつくづく身のまずしさがいやになった。上流社会ーそこには女があり、恋のロマンスがある。と夜ごとに沸き立つクライドの野心は、けれどやはり若干のサービス料を握った彼の夢に過ぎなかった。満たされない者の寂しさ、ベッドの垢の冷たさ、彼はこの寂しさを売笑婦のもとに追いやって不良青年がたどる道を彼もたどって行った。ふとした事件から、クライドはカンサス市を逃げ出さねばならぬハメになったが、偶然にも叔父のサミュエル・グリフィスに助けられて叔父のカラー工場で働くことになった。サミュエル叔父はライカーガスでも屈指の財産家だった。クライドは叔父の許で働く一方、叔父の家庭に足を踏み入れる機会が多かった。そしてクライドがそこに見いだしたものは常に夢想していた上流社会の生活である。殊にこの社会の女サンドラが彼に愛を捧げるようになってからはパーティーや遠乗りの楽しさがクライドには忘れられなかった。クライドもサンドラを愛していたが、それでいて今一歩踏み越せない何ものかがあった。彼はそれを見極めようとしてこの半ば満たされた現在でありながら焦慮と憂鬱に悩まされた。ある日、叔父の工場に1人の女工が雇われた。純情な女工ロバータとクライドは一目会ってからお互いに恋に落ちた。ことにクライドはサンドラに対する自分の満たされたい青春をロバータに打ちまけていった。貧しかったが故に心の相寄った2人には盲目的な溺愛の日が続いた。やがてロバータに幸福が訪れた。彼女はクライドの胤を宿したのだった。そしてクライドに結婚を申し込んだ。今となっては事を解決する方法はロバータと結婚する他に道がない。それだのにクライドはサンドラを思い自分の身分を考え、ロバータと結婚する勇気もなくかえってロバータを自分から退けようと考えた。ある日巧妙な殺人事件を報じた新聞をふと見たクライドは今の自分の悩みを救う為に無分別な計画をたてた。やがて2人は人里遠く離れた山中の湖に出かけて行った。ロバータは初めてクライドの殺意を知って驚き悲しんだ。クライドはロバートの可憐な哀願を聞いては、ともすると心がぐらついた。が、彼は遂にロバータを殺してしまった。彼女が泳げないことを知っていた彼はボートを転覆させてロバータを湖の底に沈めてしまった。そしてサンドラの愛を求めて彼女のもとに走った。が、間もなく彼はサンドラの盛大なパーティーの半ばに検挙された。証拠抹消を企てたはずだったのに、十分な証拠のためにクライドはすべてを自白した。法は彼を殺人罪として遂に死刑を宣告した。人を救い人を善に導くべく努めていた伝導師がわが子を罪から救い得ず、善導できなかった愚かさを悲しんでクライドの母が紙に祈りを捧げる声を聞きながらクライドは静かに絞首台へ上っていった。

「アメリカの悲劇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アメリカの悲劇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「アメリカの悲劇」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 06/28

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 06/28

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ