雨のなかの女

あめのなかのおんな
上映日
1970年12月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

自分自身を、愛を、結婚を考え直すために旅に出た新婚1年足らずの女の肉体と精神の内側をえぐった作品。製作はロナルド・コルビー、バート・パットン、監督・脚色は「フィニアンの虹」のフランシス・フォード・コッポラ、撮影はウィルマー・バトラー、音楽はロナルド・スタイン、編集はブラッキー・マルキンが担当。出演は「華やかな情事」のシャーリー・ナイト、「宇宙大征服」のジェームズ・カーン、「ブリット」のロバート・デュヴァル。その他マーヤ・ジメット、ローリー・クリューズ、ロバート・モーディカなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「雨のなかの女」のストーリー

ある雨の朝早く、ナタリー(シャーリー・ナイト)は「すぐ帰ります。心配しないで」と置き手紙を残してロングアイランドの家を出た。結婚後1年が経つというのに、彼女はいまだに結婚生活に対する不安と不満、あるもどかしさを消すことができないのである。モーテルから初めて夫のビンセント(ロバート・モーディカ)に電話をした。「早くいい奥さんになりたいと思っているのに、どうすれば良いのか判らないの……」。夫はすぐ帰れと頼むが、彼女は不安の原因をつかむまで、当てのない旅を続けると答え、「私、妊娠したの……」と告げて電話を切った。あくる日、ヒッチハイクの若者キルギャノン(ジェームズ・カーン)を、ナタリーは車に乗せてやる。彼は陽気に、自分が学校時代フットボールの選手で人気者だったことを語り、今は学校時代の女友達を訪ね、仕事を紹介してもらいにいくと言う。その夜のモーテルで、ごく自然にナタリーはキルギャノンをベッドへ誘う。しかし、昼間の自慢にかかわらず、彼は駄目なのであった。彼の頭皮の薄い金属板の手術の跡が、それを示していた。フットボール試合の怪我がもとで、勉強はおろかセックス不能な体となり、涙金を貰って学校を追い出されたのだ。キルギャノンは黙って部屋へ帰った。あとには悲しみが残った。翌日の車の中で、ナタリーは彼から“雨族”の話を聞く。彼らは皆、雨でできていて、泣くと突然水になり消えてしまう。その雨族に彼女が似てるというのである。やがて女友達エレン(ローリー・クリューズ)の家へ着いた。彼女とキルギャノンの仲は学校中の評判だったのに、傷ついて花形の座を堕ちた彼に、エレンは冷たかった。散々侮辱の言葉を浴びせたあげく、ナタリーに彼を連れて去ってくれと言う。ひとり旅を目論んでいたナタリーは当惑した。パレードで賑わう町でわざと彼とはぐれて置き去りにするが、見失うとあわてて探す始末。ナタリーはこの男を愛し始めたのかもしれない。とにかく動物園飼育係の仕事口を見つけ、振り切るように逃げ出した彼女の車を、オートバイ警官ゴードン(ロバート・デュヴァル)が追ってきて、スピード違反で元の場所に戻れと言う。またキルギャノンと会うことになった。その夜、酒を飲み、興奮したゴードンは自分の住んでいるトレーラーハウスに、ナタリーを連れ込んだ。彼は妻を失い、娘をもつやもめ暮らしの武骨者だった。車から追い出された娘ロザリー(マーヤ・ジメット)は、キルギャノンと会話をする。少女と子供のような心の男の話は、雨族の話だった。一方、ゴードンはナタリーの体を求めてベッドに押し倒した。それを見ていたロザリーが悲鳴をあげた。キルギャノンが車に飛び込み、狂ったようにゴードンを殴りつけた。しかし、殴りつける彼へ声もなく弾丸を射ち込んだのはロザリーだった。意識不明になった父親にすがりつき泣くロザリーを後に、ナタリーは、満身の力でキルギャノンを自分の車へ引きずっていった。「もう何もこわがることはないのよ……。私が、私と夫がずっとあなたを家に置いて、面倒をみてあげるわ……」。しかし、彼はもう永遠の眠りについていたのである。(ワーナー配給*1時間41分)

「雨のなかの女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「雨のなかの女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年12月19日
製作会社 ワーナー映画作品
配給 ワーナー
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「雨のなかの女」のみんなのレビュー

「雨のなかの女」のレビューを書く

「雨のなかの女」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ