あひる大旋風

あひるだいせんぷう
上映日
1972年3月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ペットのアヒルが突然金の卵を生む?サンデー・イブニング・ポストに寄稿している漫画家テッド・キーのコミカルな原作をロスウェル・ロジャースが脚色し、テレビの「アンタッチャブル」シリーズを手がけたヴィンセント・マックヴィーティが監督した。製作はビル・アンダースン、撮影はウィリアム・スナイダー、音楽はバディ・ベイカーが各々担当。出演はディーン・ジョーンズ、サンディ・ダンカン、ジョー・フリン、トニー・ロバーツなど。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「あひる大旋風」のストーリー

大学教授のアルバート・ドゥーリー(ディーン・ジョーンズ)は、息子のジミーに飼い犬をせがまれたが、そんな時、ちょっとした事故で放射能を浴びた実験用のアヒルが手に入った。しかしジミーは、ドナルド・ダックなんかつまらないと機嫌が悪い。しかしチャーリーと名づけられたアヒルはジミーの後を追いかけ廻し、一方、ジミーもそんなチャーリーに情が移ったとみえて仲よくなった。アルバートのお隣りは、財務省勤務のつむじ曲がりフィンリーと奥さんのユーニス。大事なプールをチャーリーが池がわりに我が物顔で泳ぐのを見つけてカンカンになり、飼い犬と共に追いかけ回す。そのうち、こともあろうに飼い犬はチャーリーとすっかり仲よくなってしまうのを見てますますカンカン。チャーリーは犬に追いかけられたショックで卵を数個生み落とす。アルバートは放射能の汚染卵とあって食べるわけにもいかず、早速埋めようとしたが、そのはずみで割れた卵の黄身が金属なのでびっくり。それは何と純金だったので2度びっくり。その話を聞いた親友の弁護士フレッド(トニー・ロバーツ)はドゥーリー家の利権を守るために顧問役を買ってでた。一方、そんな賢いアヒルとは知らない奥さんのケティ(サンディ・ダンカン)は、放射能アヒルがいては家庭の安全は図れぬと近所の農夫にチャーリーをやってしまった。驚いたのはアルバート、事の次第を打ち明け、大あわてで一家は取り返しに飛び出したが、時既に遅くチャーリーは数百羽のアヒルと一緒に囲いに入れられてとても探し出せたものではない。みんなが四つんばいでアヒルの大群と格闘しているうち、ふと気がつくと、一羽だけ群れから離れてジミーの後を追い回すのがいる。チャーリーだった。こうして騒動は一段落した。だが、ケティが、家計の赤字を解消するために純金の卵をこっそり町で換金したため、たちまち噂は広がり、とうとう財務省の耳にまで届いてしまった。特別査察員ラスレッジが、連邦金準備銀行のモーガンの協力で、純金の卵が世界経済を揺るがすおそれがあるとして調査に乗り出し、遂にドゥーリーがマークされるに至った。この時とばかり隣家のフィンリーはラスレッジ査察員にゴマをすり始める。一方、アルバートとフレッドの2人は、チャーリーがいつまで金の卵を生み続けるかわからんというので、チャーリーをジミーから取り上げ、せっせと金の卵大量生産にかかろうとした。可愛いペットを取り上げられそうになったジミーはチャーリーを連れて自転車で家出を計画、途中からゴミ運搬車にもぐり込み必死の大逃走。あわてたアルバートはケティ、フレッドと自動車を飛ばして追いかけ、そして財務省の面々は一家が逃亡を図ったと早合点してこれまたアルバートたちの後を追いかけるが、2台は衝突してしまう。そばに止まっているハシゴつき電話修理車を見つけたケティとフレッドは飛び乗ってジミーを追いかけるが、取り残されそうになったアルバートはやっとハシゴの先の修理カゴにしがみつく。その途端、馴れない自動車なのでフレッドがギアとハシゴレバーを間違えたために、ハシゴは空高くのび始めてしまう。またチャーリーをかかえたジミーも、ビルの屋上に逃げ込みあまりの高さのために動けなくなってしまう。アルバートの必死の行動で、ジミーは無事救助される。そして連邦金準備制度侵害というイカメしい容疑で逮捕されたアルバートの裁判が、全米注目のうちに始まる。しかし、生み落とした卵をコップの中に割ってみると何の変哲もない普通の卵。もうチャーリーは金の卵を生む能力がなくなってしまったのだ。チャーリーは改めてドゥーリー家に返還され、騒動は落着した。

「あひる大旋風」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あひる大旋風」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年3月18日
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロ作品
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
カラー/サイズ カラー

「あひる大旋風」のみんなのレビュー

「あひる大旋風」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 06/28

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 06/28

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ