赤い仔馬

あかいこうま
上映日
1973年10月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

10歳の少年ジョディが大自然の中でさまざまな事件を体験しながら成長していく姿を描く。原作は文豪ジョン・スタインベックの同名小説。監督はロバート・トッテン、脚本はトッテンとロン・ビショップ、撮影はアンドリュー・ジャックソン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はクリント・ハワード、ヘンリー・フォンダ、モーリン・オハラ、ジャック・エラム、ベン・ジョンソン、ジュリアン・リベロなど。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「赤い仔馬」のストーリー

ジョディ少年(クリント・ハワード)は、父親のカール・ティフリン(ヘンリー・フォンダ)が自分に対してあまりにも厳格すぎると思った。家を直すために登った屋根から落ちたときも、カールは「仕事をする気がないからだ」と叱りつけるだけだったので、ひどく憎らしかった。母親のルース(モーリン・オハラ)は、反抗的になっている息子に対して、父が独力で牧場を維持してゆく苦労に対して敬意をはらってしかるべきこと、本当は妻をも息子をも深く愛していることを話して聞かせた。ジョディはそれでも父親を素直に和解する気にはならなかった。ある日、カールは親友のジェス(ベン・ジョンソン)と一緒にサリーナスの町に出かけ、夜遅くひどい格好で帰ってきた。酒場で喧嘩したというのだ。それでも上機嫌で、ジョディにプレゼントを買ってきた。ジョディが納屋に行ってみると、可愛らしい赤毛の仔馬がくるくると駆け回っていた。ジョディの嬉しさは頂点に達した。仔馬にガビラン・マウンテンズと名付け、学校に行ってもガビランのことばかり考えていた。ある日、家の近くにヒターノ(ジュリアン・リベロ)という老インディオが倒れているのをジョディが発見した。ヒターノはここで生まれたが、97歳になって死期の近いことを予期したため生まれた土地に帰って死のうと決めたという。数日間、ヒターノはカールの納屋に泊まっていたがいずこともなく姿を消した。ガビランが肺腺炎という重い病気にかかった。治療法はなく、ただ奇跡を祈るしかなかった。ジョディは明け方眼が覚め、納屋に行ってみるとガビランの姿がなかった。足跡を追って山の方に行ってみると、ガビランはすでに死んでいた。禿タカが群がり、ガビランをついばんでいた。その凄惨な光景をジョディは一生忘れることができないだろう。衝撃と悲しみに食事も喉に通らないジョディに、父親は飼っている牝馬ネリーに種付けをして、生まれてくる仔馬をプレゼントすることを約束した。感謝祭の日、ルースの父、つまりジョディの祖父(ジャック・エラム)が海岸の町から馬車でやってきた。夕食の卓ですでに何十回と聞かされた老人の自慢話しが始まった。昔、幌馬車を率いてインディアンと戦いながらアメリカ大陸を横断した、という話だ。カールにとっていまいましい老人の物語も、ジョディには面白く、胸がわくわくする冒険談だったが、その最中、ネリーの出産が始まった。ネリーはもがき苦しんだ。何度も馬の出産に立ち会ったカールは、その様子がおかしいことに気がついた。どうやら仔馬の足がねじれていて、正常な出産が困難なのだ。自分のからだを傷つけてもネリーは子供を生もうとしていた。が、脚がつかえてどうにもならず、衰弱は時とともにひどくなっていった、カールは、母馬を殺して仔馬を助けることにした。このままでは両方とも死んでしまう。ジョディは叫んだ。「ネリーを助けて。ネリーを殺してまで仔馬なんかいらない!」。祖父は、両方死ぬより仔馬を助けるというカールの決心はやむをえないことだとジョディに言い聞かせたが、金ヅチが振り下ろされる瞬間、ジョディは再び必死に叫んだ。幼い健気な祈りが通じたかのように、ネリーの衰弱がひどくなって動きが鈍くなり、それが却って危険な局面を救った。カールは腕まくりをしてネリーの腹に手を入れ、ねじれた仔馬の脚を直しにかかった。ジョディはネリーの頭をなで続けながら、その永く辛い時間に耐えた。白い袋にくるまった仔馬の全身が、カールの手によって引き出された。ネリーは助かった。そして仔馬も頼りない脚で元気にふんばって、はじめての外気をせわしなく吸っている。ジョディは新しい生命の誕生の素晴らしさに思わず泣きだした。祖父はその肩をやさしくたたきながら、中断された昔話しを大声で語り始めた。

「赤い仔馬」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「赤い仔馬」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1973年10月27日
製作会社 サジタリアス・プロ=オムニバス・プロ作品
配給 ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「赤い仔馬」のみんなのレビュー

「赤い仔馬」のレビューを書く

「赤い仔馬」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 06/26

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 06/26

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ