鍵(1958)

かぎ
製作国
イギリス

ジャンル
戦争 ラブロマンス

ここが見どころ

「空中ぶらんこ」についでキャロル・リードが自分のプロで監督した第二次大戦に材をとったロマン。オランダ作家ヤン・デ・ハルトグの原作「ステラ」を「真昼の決闘」のカール・フォアマンが脚色し、「武器よさらば」のオズワルド・モリスが撮影を監督した。音楽はマルコム・アーノルド。「戦場にかける橋」のウィリアム・ホールデン、「船の女」のトレヴァー・ハワード、「楡の木陰の欲望」のソフィア・ローレンが顔を合わせるほか、「アンナ・カレニナ」のキーロン・ムーア、「第三の男」のバーナード・リー、「戦争と平和」のオスカー・ホモルカ等が助演する。製作カール・フォアマン。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「鍵(1958)」のストーリー

第二次大戦中、英国は大西洋を横断してくる輸送船団の、ナチス空軍やUボートの襲撃による被害に悩んでいた。襲撃によって航行不能となった貨物船を、急行して、もよりの港まで曳航してくる曳航船の働きが、期待しうる唯一の対抗手段だった。無防備にひとしい小船に乗組む、曳航船々員たちの任務は危険この上ないものだった。1941年9月、イングランドのウェストポートにある曳航船基地に、かなだ軍籍の米国人デイヴィッド・ロス(ウィリアム・ホールデン)が、曳航船船長として派遣された。司令部で、彼は同じ船長をやっている旧友、クリス・フォード(トレヴァー・ハワード)に会った。自分の船が修理中のため、まずクリスの船に客員として乗ったデイヴィッドは、無謀に近い危険な仕事の内容を知ったが、驚く彼をクリスの部下ケーンは冷笑した。帰港するとクリスはデヴィッドを自分のアパートに誘った。その部屋、12号室には、ステラ(ソフィア・ローレン)という若く美しい女がいてクリスを迎えた。何か謎めいた雰囲気をデイヴィッドは彼女の周囲に感じとった。酒保で酒をくみかわしながら、クリスはデイヴィッドに語った。ステラはスイスから曳航船の船長と結婚するためにウエストポートにきた。しかし式の直前彼は戦死した。友人の船長ハルがその代わりに2人の入る筈の部屋を借りてステラと同棲した。ハルは、部屋の合鍵を作ってそれをクリスに渡し若し自分が戦死したらステラと暮らしてやってくれといった。そしてハルが戦死したあとに、クリスは彼女と同棲し、部屋を使っているのだと。酒保よりの帰途、クリスは12号室の鍵を、親友のデイヴィッドに渡した。デイヴィッドは1人、変な気持ちでホテルに帰った。明朝から、デイヴィッドはネーデルランド号を、老バン・ダム船長と交代で指揮することになった。米人の彼を警戒した乗組員も、試験航行での彼の手際に心服した。クリスと、ステラは結婚しようとしていた。しかし、その前夜、出航したクリスは再び帰らなかった。こんどはデイヴィッドの番だ。最初はステラの態度に怒りさえ覚えたデイヴィッドも、苛酷な任務に疲れ切った身体と心を、結局ステラに委ねた。デイヴィッドはステラと結婚する決心をし、合鍵をステラ自身に渡した。クリスマスの夜ステラは彼に愛を打ち明けた。しかし戦局は苦しく、任務はますます苛酷になっていった。結婚の前夜帰還の予期出来ぬ出発を前に、思わずデイヴィッドは、自分の鍵を通りかかったケーンに託した。海上での戦いで、炎上した船をUボートに体当たりさせたデイヴィッドは、海中に脱出した。その頃、無電をうけたケーンは、デイヴィッドの鍵でステラを訪れていた。からくも援助の船に救出されたデイヴィッドはステラのもとにかけつけた。しかし、ステラの口から出たのは、「出ていって!」という言葉だった。ステラは1人でウェストポートを発っていった。出発の汽車にデイヴィッドはかけつけたが、間にあわなかった。「かならずロンドンで彼女を探し出してみせる……」とデイヴィッドは自身にいい聞かせた。

「鍵(1958)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「鍵(1958)」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 ラブロマンス
製作国 イギリス
製作年 1958
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ モノクロ/シネスコ

「鍵(1958)」のみんなのレビュー

「鍵(1958)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 06/28

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 06/28

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ