海流のなかの島々

かいりゅうのなかのしまじま
上映日
1978年4月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

バハマ諸島の島に住む中年をすぎ2度の結婚にも破れた芸術家の生涯を描く。製作はピーター・バートとマックス・パレヴスキー、監督は「パピヨン」のフランクリン・J・シャフナー、脚本はデン・バート・プティットクラーク、原作はアーネスト・ヘミングウェイの「海流のなかの島々」(新潮社刊)、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、プロダクション・デザイナーはウィリアム・J・クレバー、編集はロバート・スウィンクが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、デイヴィッド・ヘミングス、ギルバート・ローランド、スーザン・ティレル、リチャード・エヴァンス、クレア・ブルーム、ジュリアス・ハリス、ハート・ボシュナー、ブラッド・サヴェージ、マイケル・ジェームズ・ウィックステッド、ヒルディ・ブルックス、ジェシカ・レインズ、ウォルター・フリーデル、チャールズ・ランプキンなど。
映画館で見る
配信で見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「海流のなかの島々」のストーリー

1940年、イギリスとドイツは交戦状態にあり、西インド諸島の英領バハマ沿岸にもドイツのUボートが出没し、船舶が攻撃を受けていた。そして、ドイツから逃亡してきたユダヤ人が、キューバやアメリカへの密入国を狙い、この諸島にも流れ込もうとしていた--。バハマ諸島の中の小さな島ビミンに、ハドソン(ジョージ・C・スコット)というアメリカ人が住んでいた。彼は昔、パリで天才画家・彫刻家ともてはやされていた男で、今、この2度も結婚に破れたハドソンは、この島で浮世を捨てた日々を送っている。彼の島での友人は、彼の船トルチュガ号の助手で酒飲みのエディ(デイヴィッド・ヘミングス)、黒人の下働きジョセフ(ジュリアス・ハリス)、元海兵隊員ウィリー(リチャード・エヴァンス)、町の淫売リル(スーザン・ティレル)、そしてユダヤ人をキューバに密入国させることを職業としているラルフ船長(ギルバート・ローランド)だ。6月、ハドソンのもとに、別れた2人の妻と彼との間にもうけた3人の子供達が、夏休みを利用してやってくる。何年かぶりで会える息子達に、ハドソンの心は動揺した。17歳の長男トム(ハート・ボシュナー)は、最初の妻オードリー(クレア・ブルーム)との子であり、あとのデビッド(マイケル・ジェームズ・ウィクステッド)とアンドリュー(ブラッド・サヴェージ)は、2度目の妻との間の子供である。2度目の結婚生活は、ハドソンと妻との間にいがみ合いが続き、デビッドはそれを憶えており、ハドソンを嫌っている。ある日、彼ら一行は、船で沖に出た。そしてデビッドのツリ糸に大きなカジキがかかる。何時間にもおよぶカジキとの死闘が始まった。手も足も血だらけになり、必死でがんばるデビッド。だが、それも続かず、カジキは海中に逃げた。しかし彼の心は爽快だった。そして、彼はそのことを契機に父と心がうちとけていく。やがて、夏休みが終わり、3人が島を去る日がやってきた。トムはカナダのイギリス空軍に入隊することを、父にうちあけ、彼らの飛行機は空の果てに消えていく--。ハドソンの心に今までなかった空洞が出来、孤独感が彼をおそう。だが、数カ月後、島におもいがけない来客があった。ハドソンの最初の妻オードリーである。彼女は、ハドソンに陸軍の将校と再婚することを告げに来たのだ。パリでの幸せな日々の思い出にふれる2人。しかし、彼女の再婚への決意は堅かった。そして彼女はもう一つのニュースを告げる。彼らの間の子トムが戦死したというのだ。この悲しいニュースをのこし、オードリーは島を去っていった--。トムの死はハドソンをうちのめし、彼は住みなれた島をすて、アメリカに残る2人の息子デビッドとアンドリューのそばに戻る決心をする。トルチュガ号は出航する。初めエディには島に残るようにつげ、ジョセフと出航したハドソンは、洋上でエディが船にかくれていたのを発見。しかも間もなくボートに攻撃をうけたラルフの船と遭遇。船には密航中のユダヤ人が4人いた。ハドソンは彼らをトルチュガ号に助け、キューバに彼らを送ってやろうとする。夜明け前、キューバの海岸に接近し、2人の密航者とラルフが、ボートにのりうつった時、キューバの警備艇が姿をあらわした。ハドソンは2人の密航者と共に、トルチュガ号をスタートさせる。銃撃戦が続き、エディが死んだ。そしてサンゴ礁の間を逃げまわったトルチュガ号は、水路に入り、2人の密航者を陸に上げ、追ってくる1隻の警備艇をかわす、しかけをした。ハドソンの銃が水路に並べたガソリン罐を続々と火災の柱とかえていった。しかし警備艇の機関銃が火をふき、ハドソンの胸は血にそまった。ジョセフのなすすべもなく、やがて自然に生きた1人の男が静かに死んでいく--。

「海流のなかの島々」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「海流のなかの島々」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1978年4月22日
製作会社 ピーター・バート=マックス・パレヴスキー・プロ作品
配給 パラマウント=CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「海流のなかの島々」のみんなのレビュー

「海流のなかの島々」のレビューを書く

「海流のなかの島々」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ