相寄る魂

あいよるたましい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「紅唇罪あり」「女囚の意気地」と同じくバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、「シャーロック・ホームズ(1932)」のバートラム・ミルハウザーが「ビッグ・トレイル」のビューラー・マリー・ディックと共同して書き下ろした台本により「地獄の市長」「男の一頁」のアーチー・L・メイヨが監督し、「ジェニイの一生」「三角の月」のレオン・シャムロイが撮影している。助演者はブロードウェイの人気俳優たるオットー・クルーガー、「たそがれの女」「魔の海底」のラルラ・ベラミーを始め、「女囚の意気地」のルール・ドネリー、舞台女優のローラ・ホープ・クルーズ、「天国爆撃隊」のジョージ・クーパー、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、クララ・ブランディック、ウォーリス・クラークその他の面々である。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「相寄る魂」のストーリー

ニュー・イングランド地方の旧家の娘メエリイ・アーチャーと彼女の従兄にあたるジェフとは幼少の頃から一緒に育てられ、子供心にもおたがいに将来は夫となり妻となるつもりでいたし、人々もメエリイとジェフは結婚するものと思っていた。ジェフは大学教育を受けるためにドイツに留学したが、彼は業を卒へて帰国するに際して友人のヒューゴーを伴って来た。ところが皮肉にもメエリイとヒューゴーは恋し合う仲となり、家族の反対をも押し切って2人は結婚した。ヒューゴーはある大学の講師となり、アメリカに帰化し、2人の間には可愛い息子も生まれて幸福にくらしていた。ところが運命は2人の幸福を嫉んだか、世界大戦が勃発した。メエリイの親戚も近隣の人々もドイツ軍を憎んだ。そのとばっちりでヒューゴーは爪弾きされる様になり、大学からも退職された。彼はドイツ人であるというので就職の途はふさがれてしまった。ドイツからも送金して来なくなった。しかしヒューゴーは妻の親戚の厄介にはならぬと言った。メエリイは親たちと夫との間に板挟みとなったが、愛する夫に従った。彼らは窮乏の極に達し食べものもほとんどない様になった。そのために栄養不良となって彼らの愛児は死んだ。愛児を失った2人は犬を唯一の友達として愛したが、ドイツの犬だというので近所の子供たちにいじめられて大怪我を負った。ヒューゴーは愛犬の苦悶を見兼ねて一思いに射殺してやらねばならなかった。不幸は重なって今度はメエリイが病気にかかった。彼女の実家からは引き取りに来たが、彼女はヒューゴーと一緒でなければ行かないと言った。ヒューゴーは2・3日したら自分の行くと言ってメエリイをやった。そして彼女に決別の手紙を書き、彼は故国へ返って戦線に立った。その後アメリカも参戦した。ヒューゴーの消息を聞かないメエリイは、ドイツ軍の暴虐を聞かされて、いつかヒューゴーとの結婚は誤りであったと思う様になり、離婚届けを出した。ジェフが戦争に出ると、メエリイも酒保に働くこととなりフランスへ渡った。ジェフと彼女は同じ根拠地で勤務し、戦争が済んだら結婚しようと約束するほどの仲となった。ある日アメリカ軍兵士の服装をしたヒューゴーの姿をメエリイは認めた。その直後ジェフが兵士たちを伴って何物かを探しに酒保へやってきた。メエリイはジェフが探しているのはヒューゴーであることを察し、彼を逃すためにジェフに愛嬌を振りまいて注意をそらさせた。ジェフは間諜を探していることを彼女に告げた。その間諜のお陰で連令軍は度々不意打ちを食って多くの人命を失いつつあるというのだった。その夜ヒューゴーはメエリイを訪ねて彼女の下宿に忍んで来た。彼女は今もなおヒューゴーを愛していることを自ら知った。しかし、彼女はアメリカ人として、ヒューゴーに間諜の仕事を続けさせることはできない。その夜1夜を共にしたメエリイは明け方彼を送り帰す時に、別盃を挙げようと言って、酒に毒を混ぜて2人で飲み干した。メエリイはヒューゴーを掻き抱いて心中をとげた。間諜を探し歩いているジェフが来た時には2人の屍は冷たくなっていた。

「相寄る魂」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「相寄る魂」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
レイティング

「相寄る魂」のみんなのレビュー

「相寄る魂」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ