地球最後の男 オメガマン

ちきゅうさいごのおとこおめがまん The Omega Man
上映日
1971年12月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

細菌戦争の被害から、唯一人まぬがれた男が、異様な生き残りの一団によって呪いの追撃を受けるというSFアクション。製作は「ナンバー・ワン物語」のウォルター・セルツァー、監督は「フロリダ万才」のボリス・シーガル、脚本はジョン・ウィリアムとジョイス・フーパー・コリントンの共同、撮影は「モダンミリー」のラッセル・メティ、音楽は「いつも心に太陽を」のロン・グレーナー、編集はウィリアム・ジーグラーが各々担当。出演はチャールトン・ヘストン、「オール・アメリカン・ボーイ」のロザリンド・キャッシュ、「ウィル・ペニー」のアンソニー・ザーブ、「バニシング・ポイント」のポール・コスロなど。
映画館で見る
配信で見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「地球最後の男 オメガマン」のストーリー

中ソ細菌戦争によって世界中に疫病が蔓延し、ここロスアンジェルスも目をおおうばかりの惨状を呈していた。生き残りの科学者ロバート・ネビル(チャールトン・ヘストン)は自分の住宅と研究室のあるビルの地上駐車場で、突然、黒衣の男たちに襲われた。なんとか撃退して、部屋に帰りついた彼は、窓の外から投げかけられる呪いの言葉を聞いた。黒衣の男たちの声だ。地球上に細菌がはびこる直前、ネビルは、病院の研究室で中ソ険悪化ムードを伝えるテレビニュースを見ていた。ニュース解説は、今窓外で黒衣をつけ、肌ばかりか、髪も目も透きとおるように白い異形の家族のリーダー、マサイアス(アンソニー・ザーブ)である。その時、電話が鳴り、ネビルが開発し、医学界の注目を集めていた対疫ワクチンの輸送命令が入った。ところが途中ヘリコプターが墜落、一命をとりとめたネビルは、一瓶だけ破壊されずに残ったワクチンを体内に注射し、おかげで、間もなく始まった細菌戦争の惨禍を免れ、生き残ったのであった。マサイアス一家は、火焔放射器を使ってネビル攻撃を始めたが、いきなりあてられた巨大なスポットライトの光を浴びて、あわてて退散した。彼らは体質的に光に耐えられないのだ。ネビルは、マサイアス率いる家族を追って町に出た。洋品店をのぞきこんだネビルは黒人の娘を発見した。あの悲劇の日以来、久しぶりに出会ったホンモノの人間である。しか、黒人娘は突然姿を消し、ネビルは追跡に疲れてバーに立ち寄った。かすかな物音に地下の酒蔵におりたネビルは待ち構えていた家族に捕らえられてしまった。さっそく裁判にかけられたネビルは、“医学・化学・兵器・機会・電気”の罪を負わされ、大きなスタジアムの杭にしばりつけられてしまった。しかし処刑寸前、いきなりまばゆい光が広場を照らし、光に弱い家族は逃げ出し、ネビルは危地を脱した。救助してくれたのはダッチ(ポール・コスロ)という若者で、彼に案内された場所にはあの黒人娘リサ(ロザリンド・キャッシュ)がいた。三人が辿り着いた家にはさらに8人の奇跡的な生き残りがいた。しかしすでに菌に侵された彼等には、いつ病状の悪化が訪れるかという不安がつきまとっていた。その恐れていた病状の悪化を顕著に見せたリサの弟リッチーは、ネビルが自分の血で作った血清によって救われた。リッチーは例の家族に、ネビルの血清によって救われると説得したが、熱意もむなしくマサイアスによって射殺されてしまった。ネビル捜索に出かけた家族と偶然会ったリサは、ネビルが恐れていたとおり疫病に侵された我が身を見て、敵方にまわった。再び、自分の研究室を破壊にかかっている家族と闘ったネビルはリサと一瓶の血清を抱えて町へ飛び出した。しかしマサイアスの執拗な呪いは、ネビルを逃さなかった。マサイアスの投じた槍は、見事ネビルを貫いた。そして残された血清によって、人類はかろうじて絶望的な死滅の危機をまぬがれた。

「地球最後の男 オメガマン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地球最後の男 オメガマン」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1971年12月25日
製作会社 ウォルター・セルツァー・プロ作品
配給 ワーナー
レイティング

「地球最後の男 オメガマン」のみんなのレビュー

「地球最後の男 オメガマン」のレビューを書く

「地球最後の男 オメガマン」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ