おかしな関係 絶体絶命

おかしなおかしなぜったいぜつめい
上映日
1973年3月31日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

男尊女卑を信奉するやもめ暮らしの人気漫画家が、こともあろうに子連れ女と恋に落ちる“おかしな”関係を描く。製作はダニー・アーノルド、監督はメルヴィル・シェイヴェルソン、原案・脚色はシェーベルソンとダニー・アーノルド、撮影はチャールズ・ウィーラー、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが各々担当。出演はジャック・レモン、バーバラ・ハリス、ジェイソン・ロバーズ、リサ・エイルバッチャー、ライザ・ゲリツェン、ムーシー・ドライアー、ハーブ・エーデルマンなど。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「おかしな関係 絶体絶命」のストーリー

ニューヨークに住むピーター・ウィルソン(ジャック・レモン)は売れっ子の漫画家。近頃視力がおとろえ、医者の診断も思わしくない。彼によれば、女と犬はいつも悪役で、男だけが孤軍奮闘の正義の士なのだ。それに彼は、人間嫌いで皮肉屋だった。だから40過ぎたいまでもやもめ暮らしである。その彼が、従来の主義とは正反対の事態に首を入れてしまうとは・・。ある日いつもの定期診断を終え、控え室で休憩しようとしたピーターは、女性の患者テリー・コリンズ(バーバラ・ハリス)と危うくぶつかりそうになった。彼の皮肉はテリーを怒らせてしまう。数日後、ピーターの代理人ハワード(ハーブ・エーデルマン)の世話で催された新人発表記念パーティの席上、ピーターは聞き覚えのある笑い声を耳にした。それがテリーだった。彼女はピーターの描く漫画は女性をないがしろにしていると激しく非難し、怒ったピーターは席を立ってしまった。もののはずみで命より大切な眼鏡をこわし、メクラ同然となったピーターは街灯にぶつかってしまった。心配したテリーは、アパートに連れ帰り、傷の手当をした。テリーは3人の子持ちだった。15歳の長女カロライン(リサ・エイルバッチャー)、次女リンダ(ライザ・ゲリツェン)、末っ子デビッド(ムーシー・ドライアー)で、彼女もやもめである。別れた夫は報道カメラマンとして世界中を飛び回っている。テリーは子持ちとはいえ、女らしい魅力があった。ピーターは早速彼女を、アパートへ夕食に招いた。彼と彼女はその夜ベッドを共にした。そして、ピーターの心に並の人間らしい感情がうずき始めていた。すったもんだのあげく、ついにピーターはプロポーズした。晴れて結婚式に臨む2人の前にテリーの前夫スティーブ(ジェイソン・ロバーツ)が不意に出現したからまたひと騒ぎ。いくら別れたとはいえ、3人の子までなした仲である。テリーの気持ちは微妙に揺れ動き、ピーターも内心穏やかでない。それに活発で陽気なスティーブになついている子供たちはピーターになじもうとしない。ある夜、デートで帰宅が遅くなったカロラインのことで、2人の父と1人の母はしつけのことで口論し、怒ったテリーはさっさと引きあげてしまった。あとに残されたピーターとスティーブは、男同志の気安さから、これまでのわだかまりを捨てすっかり意気投合。戦いすんで夜が明けた。スティーブは東南アジアで報道写真を撮るために、2日酔いの頭で去っていった。ピーターの眼はますます悪化した。彼はテリーが同情したから結婚してくれたのだと誤解し、テリーは彼の無理解に耐えられず、彼のもとを去った。手術を終えたピーターをテリーが見舞った。彼は、彼女にスティーブのもとに戻るよう勧めたが、スティーブは異郷の地で取材中に殉職したという。幸い、ピーターはまだ眼が見える。彼は大きな画用紙に、戦乱をのりこえて咲く“最後の花”が人の心に愛を生む、ということを、父の死で最もショックを受けたリンダに語ってきかせた。それは戦争の悲惨さを世界に伝えようとして死んだスティーブの偉さを訴えるものだった、ピーターの新作「最後の花」刊行記念パーティが開かれた。その席上、ピーターはまたテリーの笑い声を聞いた。しかし、どういうわけか、こんどは不快に感じなかった。2人はいまこを本当に理解しあえる気がしたのだ。

「おかしな関係 絶体絶命」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おかしな関係 絶体絶命」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1973年3月31日
製作会社 CCF作品
配給 東和
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「おかしな関係 絶体絶命」のみんなのレビュー

「おかしな関係 絶体絶命」のレビューを書く

「おかしな関係 絶体絶命」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ