王国の鍵

おうこくのかぎ The Keys of the Kingdom
上映日
1946年5月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「城砦」の原作者として有名なA・J・クローニンの小説に基づき、ジョセフ・エル・マンキエウィッツとナナリー・ジョンソン共同で脚色し、ジョン・M・スタールが監督に当たった作品でニューヨークの劇壇から映画界に招かれた新星グレゴリー・ペックの第一回主演映画である。彼はこの後メトロおいてグリアー・ガースンと「決断の谷」に主演し、セルズニック・インタナショナルでイングリッド・ベルクマンと「スペルパウンド」に主演し、最近はハワード・ヒューズの製作する西部劇「白昼の決闘」に主演することになった。他にトーマス・ミッチェル、ヴインセント・プライス、セドリック・ハードウィック、ジェームズ・グリースン等のヴェテランが出演するほか、製作者たるジョセフ・マンキエウィツの夫人ローズ・ストラドナーが色彩を添えている。撮影監督はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンの担当である。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

「王国の鍵」のストーリー

1938年のある9月の夕、スコットランドのトウイードサイドにある小さい教会の牧師フランシス・チゾルムは、スリース大主教の訪問を受けた。大主教は僧正アンガス・ミーリーの旨を受けてチゾルムに引退を勧告しに来たのである。大主教は教会の一室でチゾルム牧師の古い日誌を発見し、好奇心に駆られてそれを読み始める━━フランシスは貧しい漁夫の子であった。彼の両親が不慮の死を遂げた後、彼は叔母のポリーに引き取られ、従妹のノーラ、従兄のネッドと共に育てられ、アンガス・ミーリーと共にホリヴェル大学へ通うことになった。叔母のポリーは彼を牧師にしたい念願であったが、彼を恋するノーラはこれを喜ばなかった。ある年の旧家が終わって、フランシスとアンガスが大学へ帰ろうとする時、ノーラは極力それを止めようとした。大学での勉学が忙しいため、フランシスはその年のクリスマスに帰省しなかったが、その翌年、卒業の近づいた時に、彼は校長のマクナブ師からノーラが父無し児を生んで重態であると告げられ、取るものも取り敢えず故郷へ帰った。彼の親友で医学を修めたウイリー・タロックは彼にノーラの死を告げる。フランシスは牧師になったが、最初と2度目の任地では失敗した。旧師のマクナブ師が僧正となって赴任して来た時、フランシスは旧師の薦めで中国へ宣教師として赴くことになる。それは困難と苦痛の連続であったが、フランシスの不撓の努力と、温情によって、彼の伝道所は次第に栄えて行った。親友ウイリーの送ってくれた医薬を用いて、フランシスが役人チア氏の子息の命を救ったことから、チア氏はフランシスに立派な教会を寄贈した。マリア尼院長が2人の尼をつれて赴任して来てから、教会には小学校も加えられた。1日革命軍がこの村に来て、山にいる政府軍と戦闘を開始した。フランシスは折よく訪問して来たウイリーと協力しつつ負傷者の治療に挺身したが、教会は戦火のために破壊された。ウイリーは流弾に当たって重傷を負い、フランシスに看護されつつ絶息するが、死に至るまで医学者たる彼は無神論を覆さなかった。政府軍の大尉が教会の食料を要求した時、アンガスは危険を冒して大砲を爆破し、村民を救ったが、自らも一生治らぬ傷を足部に受けた。アンガスは僧正になって視察のためにやってきたが、教会が破壊されているのを見て、失望の余りフランシスを罵った。今までアンガスに親しまなかったマリア尼院長は、これを見て以来フランシスの人格に傾倒し、無二の協力者となった。その後時は流れ、フランシスは老齢となって、ついに帰国すべき日が訪れた。半生を費した教会を後にし、親しかった人々と別れることはフランシスには辛かった━━日誌を読み終わった大司教の眼には感激の涙が光っていた。彼はフランシスをそのまま今の教会に勤務するよう、僧正に取りなすと言って去って言った。フランシスはノーラの孫のアンドルーを相手に、好きな釣りをしに川へ下りて行くのであった。

「王国の鍵」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「王国の鍵」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1944
公開年月日 1946年5月2日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 セントラル映画社
レイティング

「王国の鍵」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ