SOS氷山(1933・アメリカ)

えすおーえすひょうざん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「死の銀嶺」「モンブランの嵐」「白銀の乱舞」のアーノルド・ファンク博士が書き下ろした探検物語の映画化で、ファンク博士指導のもとにグリーンランド西海岸にロケーションして撮影された。このロケーションはデンマーク政府の公認を得て、極地探検家として名高いクヌート・ラスムッセンの援助のもとに行われたものである。撮影には「死の銀嶺」「モンブランの嵐」と同様ハンス・シュネーベルガーとリヒャルト・アングストが当たった。なお脚色には「アルプスの血煙」のエドウィン・H・ノッフと「戦慄街」のトム・リードが当たり、米国版監督は「放送室の殺人」のテイ・ガーネットが任じている。出演者は「モンブランの嵐」「白銀の乱舞」「青の光」のレニ・リーフェンシュタール、「陽気なママさん」「壁の中の声」のゼップ・リスト及びエルンスト・ウデット、「白銀の乱舞」のウォルター・リムル、「グリード」のギブソン・ゴウランド、マックス・ホルスペア博士という顔ぶれである。音楽は「黒衣の処女」「白銀の乱舞」のポール・デッソオが作編曲している。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「SOS氷山(1933・アメリカ)」のストーリー

カール・ローレンス博士を隊長として総員5名よりなる探検隊は、ベルリンを出発してグリーンランドへ向かった。一行の目的は不幸にも極地の犠牲となったウェゲナー探検隊が残しているに違いない所の貴重なる探検記録を探し出すことにあった。一行は隊長ローレンス博士、ブランド博士、フリッツ・ケンメル、ジョン・ドレイガンの5名で、途中はさしたる患難にもあわず極北の高原を進んだ。遂に一行は危険な氷原地帯に到着し、経験厚い連中の制止にも拘らず、征服欲に燃ゆるローレンス博士は峡湾の割れやすい氷の危険をも嫌はなかった。かくて一夜、隊員の目を盗んで博士は2頭立ての犬そり1台に運命を託してキャンプを後に出発した。時過ぎて1人のイヌイットが、ローレンス博士のそりの破片とおぼしきものを携えて、キャンプの傍らを通った。探検隊次長のブランド博士はローレンス捜索のために直ちに出発すべき事を命じた。一行の金主である富豪のスポーツマン、ジョン・ドレイガンはローレンスの生存は望み得べからざることと主張して不服を唱えたが、マツシェク博士とケンメルは彼の説を無視して、直ちに出発準備に着手したので、ドレイガンもやむなく行を共にすることとなった。一行は数回に渡って吹雪に遭い、一頭の犬と1台のそりを余すほか、命だけを拾ったにすぎないという危険な旅を続けた。それでもラジオだけは失わなかったのが不幸中の幸いであった。飢えて疲労しきって、一行はリンクス氷河の縁辺に到着した。この氷河は海抜1500尺、広さ18哩に達する大氷河で、巨大な氷山が幾つか出来て流れ去るのを一行は目撃した。一行はまた峡湾の辺に石小屋を発見し、そこにウェゲナー探検隊が滞在した証跡を見出だし、またローレンス博士のイヌイット集落を訪ねて峡湾を横断して行くという手紙が小屋の中に置いてあった。4名は餓死におびえながら、氷の浮片に運命を託して峡湾を横断しようと試みた。そして奇跡的に大氷山に乗り移ることができたが、そこにはやはり飢えて瀕死のローレンス博士が横たわっていた。ブラント博士はラジオを以てSOSを発した。飛行家として敏腕のローレンス夫人はSOSを接受するや、直ちにベルリンから救助のために飛行機を飛ばせた。一方飢餓に半狂乱となったドレイガンは犬を殺して食べようとした。それを妨げようとしたケンメルは氷山の端から突き落とされて惨死した。またマツシェク博士は北極熊の犠牲となった。ケンメルを殺してしまったドレイガンは正気に返るや、自らも同じ場所で自殺して果てた。ローレンス夫人は氷山に着陸することに成功したが機は大破してしまった。次いで救助に来たドイツの名飛行家ウデットは無事に氷山に着陸することができ、ローレンス夫妻と単身イヌイット集落を探しに赴いたブランド博士とを発見して、救うことに成功した。ローレンス夫妻とブランド博士はお互いに幸福を喜び合うのだった。

「SOS氷山(1933・アメリカ)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「SOS氷山(1933・アメリカ)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 大日本ユニヴァーサル社
レイティング

「SOS氷山(1933・アメリカ)」のみんなのレビュー

「SOS氷山(1933・アメリカ)」のレビューを書く

「SOS氷山(1933・アメリカ)」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 06/29

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 06/29

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ