栄光のライダー

えいこうのらいだー
上映日
1972年7月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
社会派

ここが見どころ

オートバイ・レースに命を賭ける男たちの情熱と栄光を、世界各地で開かれているさまざまなレースを通じて描くドキュメンタリー編。製作・監督は、サーフィンの世界を描いた「終りなき夏」のブルース・ブラウン、撮影はボブ・バグレーほか2人のカメラマンが当たり、音楽はドミニク・フロンティア、編集はドン・シューメーカーが各々担当。スピード狂として知られるスティーブ・マックィーンが出演している。
映画館で見る
配信で見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「栄光のライダー」のストーリー

オート・レースといっても、これは自動車ではない。オートバイとかモーターサイクルとか単車とかいわれる物に生命を賭けた最も危険なスポーツである。/マート・ローウィル29歳。昨シーズン、27の公式レースの通算による全米ランキング第1位を獲得している。サンフランシスコに住む彼は1年のうち8カ月を旅にでて、アメリカ全土を廻る。シーズン通算第1位になるためには、マシンもテクニックもまるで違う5種類のレースをこなさなければならない。/レースには事故がつきものである。オートバイは身体をさらしているだけに、自動車よりも大事故になりやすい。キース・マシュバーンは柵を突き破ってもんどりうったが10分後に意識を回復、さらに10分後にはレースに復帰した。フランク・ギレスビーは肩を骨折し、2週間後、骨折のままレースに出場した。プロ・レーサーにはこれだけの気迫と体力が必要である。/スピードを競うデイトナ200マイル・レース、見た目は派手なロードレースの中でも、フロリダ州デイトナ・ビーチのものはことに有名である。マートはこれに直線で時速210キロ、カーブで160キロをマークした。レースが終わると、彼自ら車を分解、点検する。行き届いた整備が次の勝利につながるのだ。/クロス・カントリーはテクニックの勝負 オハイオ州コロンバスのクロス・カントリー。マートはこれにも出場する。サンフランシスコからコロンバスまで彼は助手と共に徹夜で走ってきて、レース直前、1時間コースを試走し、作戦を練る。ここでは彼は2年連続優勝している。今度勝つと6000ドルの賞金と60点の得点が獲得できて、通算第1位の有力な足がためとなる。/妙味たっぷりのモトクロス・レース 日曜ごとに行なわれるモトクロスと呼ばれるレースは、公式レースとはまるで違った光景を現出する。プロもアマも参加して、岩だらけの泥道を登ったり、下ったり、道が悪ければ悪いほど面白がられるという文字通りの“泥試合”。これにはスティーブ・マックィーンもライダーの1人として出場している。/オートバイのオリンピック 6日間に渡る国際ラリーがスペインのマドリッドに近いエル・エスコリアルで行なわれる。世界16カ国から348人の選手が参加するオートバイのオリンピックである。日曜レーサーの代表マルコム・スミスが出場し、毎日およそ320キロを6日間連続して走り、チェック・ポイントに、定められた時間に入る。コースは海抜500メートルから2500メートルにおよび、3分の2が雲海に包まれ、気温は30度から零下10度近くにまでなる。運転技術、体力、機械への精通、全てに卓越していて、6日間、どんなに疲れていてもミスしなかった者の上に金メダルは輝く。マルコムは3回目の優勝を飾った。/新チャンピオン誕生の瞬間 カルフォルニア州サクラメント。1周1600メートルのコースで今シーズンの総合優勝が決定される。優勝圏内のアン、アルデナ、ロメロたちにとっては賞金よりも得点の方が重要である。その栄冠は見事ジーン・ロメロに輝いた。レースはきびしい。だが、オートバイは楽しい。彼らはその魅力にとりつかれ、日曜ごとにオートバイと共に走り続ける。

「栄光のライダー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「栄光のライダー」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年7月22日
製作会社 シネマ5作品
配給 東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「栄光のライダー」のみんなのレビュー

「栄光のライダー」のレビューを書く

「栄光のライダー」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

今日誕生日の映画人 06/29

  • 該当する人物がいません

今日命日の映画人 06/29

  • 該当する人物がいません

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ