ショート・カッツ

しょーとかっつ Short Cuts
上映日
1994年10月8日

製作国
アメリカ

上映時間
187分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アメリカのごく普通の住宅地を舞台に、些細なことから生じる人生の出会いと別れ、葛藤と和解、愛と裏切り、生と死などを、さまざまなエピソードで綴った一編。死の暗示を根底に置き、さながら、アメリカの市井に生きる人々の黙示録というべき人間絵巻となっている。22人の主要登場人物からなる9組の家族や友人たちの日常が、無数のエピソードで縦横に語られ、時にすれ違い、時に重なり合いながら、クライマックスに向かって進む複雑な構成の妙が圧巻。″アメリカのチェーホフ″と呼ばれ、アメリカで最も愛された作家のひとり、レイモンド・カーヴァーの9つの短編と一編の詩(村上春樹訳による中央公論社のカーヴァー全集に所収)を、「ザ・プレイヤー」でハリウッドに復帰した異才ロバート・アルトマンが監督。ほかのカーヴァー作品の断片や原作にない独自のエピソードも盛り込まれた脚本は、アルトマンと『クインテット』(V)などでも組んだフランク・バーハイトの共同。製作は73年の「ボウイ&キーチ」以来、アルトマンのパートナーを務めるケイリー・ブロコウ。撮影は「KAFKA 迷宮の悪夢」のウォルト・ロイド、美術は監督の実子スティーブン・アルトマンが担当。音楽は大物プロデューサーのハル・ウィルナーの指揮の下、「蜘蛛女」のマーク・アイシャムがオリジナル・スコアを書き、出演もしているジャズシンガーのアニー・ロスが、エルヴィス・コステロ、U2など意表を突く選曲の挿入歌を歌う。出演は「ザ・プレイヤー」のアンディ・マクドウェル、ティム・ロビンス、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」のマシュー・モディン、「バッド・ガールズ」のマデリーン・ストウらオールスター・キャスト。
映画館で見る
配信で見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「ショート・カッツ」のストーリー

〈プロローグ〉ロサンゼルスのとある住宅街。突如発生した害虫を駆除するべく、ヘリコプターの編隊が殺虫剤を散布する。〈EP1〉TVキャスターのハワード・フィニガン(ブルース・デイヴィソン)と妻アン(アンディ・マクドウェル)には、明日9歳になる息子のケイシーがいる。アンは無愛想な職人気質のケーキ屋アンディ(ライル・ラヴェット)にバースデイ・ケーキを注文する。だが、そのケイシーが車にはねられ、昏睡状態となる。さらに悪質ないたずら電話が頻繁にかかってくる。ケイシーは二度と目を覚まさなかった。電話の正体はアンディだった。注文したにもかかわらずとりに来なかったことを恨んでのことだった。事情を知った彼は夫婦に謝罪する。〈EP2〉ポール・フィニガン(ジャック・レモン)は、孫ケイシーの見舞いに病院を訪れる。息子ハワードの前に姿を現すのも30年ぶりの彼は、彼に真実を知ってもらいたいと妻との過去を語り、ケイシーの不幸が起こると、そっとその場を立ち去った。〈EP3〉ファミリーレストランで働くドリーン(リリー・トムリン)はアル中の夫アール(トム・ウェイツ)に、今朝子供をはねたと告白する。きっと無事だと思い込んだ2人はケイシーが死んだ事実も知らずに馬鹿騒ぎに興じる。〈EP4〉ジャズシンガーのテス・トレイナー(アニー・ロス)とチェリストの娘ゾエ(ロリ・シンガー)は、自分を音楽でしか表現できず、お互いをうまく理解しあえない。隣人のフィニガン家のケイシーが亡くなったことを知り、衝撃を受けたゾエはクラブでリハーサル中の母に知らせようとする。だが、何の関心も示さない母に幻滅したゾエは自殺する。〈EP5〉愛人ベティ(フランセス・マクドーマンド)の家から朝帰りの警官ジーン(ティム・ロビンス)は、妻のシェリー(マデリーン・ストウ)に責め立てられる。彼は八つ当たりに飼い犬を捨てる。しかし妻子のご機嫌を伺うため、犬を探しにバイクを走らせる。〈EP6〉高級住宅街に住む画家のマリアン(ジュリアン・ムーア)と医師ラルフのワイマン夫妻は、はたからは理想のカップルに見えるが、夫婦との間には深い溝があった。〈EP7〉殺虫剤散布を終えたヘリコプターの操縦士ストーミー・ウェザー(ピーター・ギャラガー)は、別れた妻ベティに誕生日を祝う電話をかけるがとりつく島もない。ベティに男がいることを知ったストーミーは、留守中の彼女の家に忍び込み、電動ノコギリで部屋の中をメチャクチャに切り刻む。〈EP8〉スチュアート(フレッド・ウォード)は、釣り仲間ゴードン(バック・ヘンリー)、ヴァーンと川へ鱒釣りに出掛ける。目的地にたどり着いた彼らは、女性の全裸死体が川に浮かんでいるのを発見する。あまりに山奥なので警察にも連絡しようがなく、彼らは死体をロープでくくりつけたまま、釣り三昧の3日間を過ごす。帰る日にやっと通報した彼らは、翌朝の新聞紙面を飾った。〈EP9〉ピエロの出張サービスをしているクレア。仕事に疲れて家に帰ると、夫のスチュアートが死体の一件を話す。彼女は釣りに興じていた彼を激しく非難し、翌日、人知れずその女性の葬儀に出席した。〈EP10〉メイクアップ・アーティストのビル(ロバート・ダウニー・ジュニア)と妻のハニーは、テスの歌うクラブで知り合った、向かいに住むリッチな黒人夫婦が1か月アパートを留守にする間、管理を任される。ハニーは真面目に勤めを果たそうとするが、いい加減なビルは友人のジェリー(クリストファー・ペン)とその妻ルイス(ジェニファー・ジェイソン・リー)を呼び、どんちゃん騒ぎに明け暮れる。〈EP11〉プール掃除の職につくジェリーは妻のルイスが育児をしながらテレフォンセックスのバイトに精を出している姿に耐えられず、欲求不満が募るばかり。そんなある日、2人はブッシュ夫婦と子供たちを連れて郊外にピクニックに出掛ける。2人組の女の子に目をつけたビルとジェリーはナンパに成功。彼らは二手に別れるが、ジェリーの目つきは異様に変わっており、石塊を掴んだ彼は、女性の頭に降り下ろした。〈エピローグ〉ピクニック場の森から鳥が一斉に飛び立った次の瞬間、ロサンゼルスを大きな地震が襲った。人々はそれぞれの生活の場で異変に遭遇する。混乱は収まり、ピクニック場のあの女性とジェリーを除くと奇蹟的に死者はなかった。クラブではアニーの歌声が流れ、人々はまた普段通りの生活に戻った。

「ショート・カッツ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ショート・カッツ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1993
公開年月日 1994年10月8日
上映時間 187分
製作会社 キャリー・ブロコー=アヴェニュー・ピクチャーズ
配給 日本ヘラルド
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ステレオ

「ショート・カッツ」のみんなのレビュー

「ショート・カッツ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ