運命の饗宴(1942)

うんめいのきょうえん Tales of Manhattan
上映日
1946年8月29日

製作国
アメリカ

上映時間
118分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「肉体と幻想」に先立つ1942年度ジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品。原作書き下ろし及び脚本は、ハンガリー著名の文豪フィレンツ・モルナールをはじめ、同国文壇出身でハリウッド脚本陣に活躍中のラディスラス・フォドール、ラディスラウス・ヴァドナイ、あるいは最近製作監督を試みているベン・ヘクト、ドナルド、オグデン・スチュワート、サミュエル・ホッフェンシュタイン、ラマー・トロッティ、アラン・キャンベル等のベテランにラスロ・ゴログ、ヘンリイ・ブランクフォートが加わった。共演は「凱旋門」のシャルル・ボワイエと、戦時中非常に売出した「コンドル(1939)」「血と砂(1941)」「ギルダ」等のリタ・ヘイワース、「恋の10日間」「キティ・フォイル」等で音楽舞踊映画以外にも活躍しているジンジャー・ロジャース、「怒りの葡萄」「愛しのクレメンタイン」のヘンリー・フォンダ、「彼のひと故に」のチャールズ・ロートン、「キング・ソロモン」のポール・ロブスン、「エロ大行進」のエセル・ウォータース、「肉体と幻想」その他のトーマス・ミッチェル、以下シーザー・ロメロ、ローランド・ヤング、ユージーン・パレット、ヴィクター・フランサン、ウァオジ・サンダァス、ゲイル・パトリック、ジェームズ・グリースン、エルザ・ランチェスター等。なお著名なホール・ジョンソン合唱団も出演している。撮影はジョセフ・ウォーカー。音楽はソル・カプランの原曲、クラレンス・ウィーラー、チャアルス・ブラッド・ショウ及びヒューゴー・フリードホーファーの編曲、エドワード・ポールの指揮。小唄新作は斯界の一人者レオ・ロビン、ラルフ・レンジャアのコンビ、声楽編曲はホール・ジョンソンである。全6話からなるオムニバス作品だが、上映時間の長さから1話分をまるまるカットして全5話として公開された。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

「運命の饗宴(1942)」のストーリー

<第1話>ブロードウエイの美貌の人気俳優ポール・オーマンは、女性ファンが多かったが、目下、富豪ハロウェイと結婚したエセルと不倫の仲であった。折しも彼は新作物の初演の夜をひかえ、舞台で着る夜会服が仕立屋から届けられて来た。みごとな仕立であったが、そのために職人の一人はクビとなり、この服を呪ったという因縁があったが、オーマンは少しも気にしなかった。初演は大成功であったが、彼はアンコールにも答えず、運転手ルーサーに、ハロウェイの別荘へ急がせた。エセルは彼の訪問を喜ばなかった。年とって嫉妬深いハロウェイが怖かったのである。しかしオーマンはやっきとなってエセルを口説き、ブラジルへ駆落することを承諾させる。そこへハロウェイが現れ、オーマンを猟銃で射ってしまう。ハロウェイは銃の暴発だった━━と証言するよう妻に強いる。すると撃たれたオーマンが立ち上がり、すべて芝居だったと言ってその場を立ち去った。しかし自動車に乗込むとその場に倒れこみ、運転手ルーサーに病院へ行くようにと告げるのだった。<第2話>運転手ルーサーは銃痕のある夜会服を抵当に、知り合いの執事エドガーから10ドル借りる。エドガーはその晩主人のハリーが結婚するので夜会服がいるのだ。ところがハリーが朝寝しすぎているところへ、今宵の花嫁ダイアンが訪ねて来る。ダイアンはハリーの夜会服のポケットから、別の女性からのラブレターを見つけた。それに気づいたハリーは、親友ジョージに夜会服を昨晩取違えたことにしてくれと頼む。夜会服を持ち合わせていないジョージに、例の夜会服が小道具として与えられた。取違えの芝居は一応成功したが、ダイアンは今までは男とも思わなかったジョージが、情熱的な恋をすることを意外に思い、彼女はジョージに惹きつけられてしまう。そしてジョージもまた彼女にのぼせてしまった。そこへ意気揚々とハリーが現れたが、ダイアンは彼に婚約指輪を返して、ジョージと手をとり合って去って行った。<第3話>エドガーは、縁起の悪い夜会服を10ドルで質屋に買ってもらう。その夜会服を惚れ惚れと眺めたのは貧しい音楽家スミスの妻であった。スミスは天才的作曲家であるが、酒場のピアノでジャズを叩いている不遇の身である。しかし彼の親友でチェロ奏者のウイルスンが、大指揮者ベリーニにスミス作曲の交響曲を聴いてもらうように懇願を重ねてようやく承諾を得る。その結果、スミスは自作の曲をカーネギー・ホールで指揮することとなる。スミスの妻は質屋から例の夜会服を求めて、ホールの楽屋に届けた。しかし夜会服は肥っちょのスミスには合わなかったが、直す間もなく、彼は夜会服を着て指揮台に立った。だが、彼がタクトを振り始めるや、袖はビリリと裂け、聴衆の大爆笑をかってしまう。夜会服を脱ぎ棄て、演奏の失敗に肩を落とすスミスだったが、ベリーニが静かに立って夜会服を脱いだ。するとそれに拠って男の聴衆は次々と夜会服を脱いでいった。こうして演奏は大成功を収め、スミスは拍手と歓呼とを浴びたのであった。<第4話>スミスの妻は破れた夜会服を縫って、貧民街の慈善ホームに寄付した。ホームの経営者ジョーはその晩、ラリー宛ての郵便を受取る。それは大学の同窓会の招待状だった。今では落ちぶれて、中華街で飲んだくれているラリーは出席を拒むが、ジョーたちに説得され、例の夜会服を来て同窓会に出かけて行った。ところが席上、財布が紛失したため、みな夜会服をぬいで証明することとなる。しかし夜会服の下に正装を着けていないラリーは窮地に陥る。釈明を求められたラリーは、友愛の集りが質疑の会合となったことを論じ、本来の身分を明かして去っていく。紛失したという財布は運転手によって届けられ、一同は顔を見合せた。翌朝、友人たちはホームを訪ねて来て、ラリーに新しい仕事を頼みたいと申し出るのだった。<第5話>ジョーの妻は夜会服を古着屋に売った。2人組の泥棒がそれを盗み出し、紳士淑女の集る賭博場に押入って5万ドルを強奪した。夜会服の強盗は飛行機でメキシコへ逃れる。ところが飛行中、排気管の火焔が夜会服に燃えついたため、あわてた強盗は夜会服を空中から脱ぎ捨る。大金をポケットに入れた夜会服は黒人の農夫リューク夫妻に拾われた。リュークは司祭のラザラスに相談すると、天から降って来たのだから神様のクリスマスの贈物に相違ないということになり、集落の人々に少額ずつ与えられ、教会と病院が建てられることとなった。そして焦げた夜会服は、案山子となって黒人集落の麦畑を番する運命となったのである。

「運命の饗宴(1942)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「運命の饗宴(1942)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1942
公開年月日 1946年8月29日
上映時間 118分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 セントラル映画社
レイティング

「運命の饗宴(1942)」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ