「ハニーレモンソーダ」のストーリー

中学時代、“石”と呼ばれていた石森羽花(吉川愛)は、自分を変えるため自由な高校に入学する。そこで、レモン色の髪をした三浦界(ラウール)と出会う。クールで自由奔放、基本塩対応なのに人気者の彼こそが、羽花がその高校を選んだ本当の理由だった。界はなぜか自分を“石森係”と呼び、羽花の世話を焼くようになる。距離を縮め、想いを伝えあった二人は幸せな毎日を送っていたが、実は羽花に伝えられていない秘密が界にはあった……。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?