「コロンバス」のストーリー

講演ツアー中に倒れた高名な建築学者の父を見舞うため、モダニズム建築の街として知られるコロンバスを訪れた韓国系アメリカ人のジン(ジョン・チョー)。父の容態が変わらないためこの街に滞在することになり、この街の建築に詳しく、地元の図書館で働いているケイシー(ヘイリー・ルー・リチャードソン)という女性と出会う。父親との確執から建築に対しても複雑な思いを抱え、コロンバスに留まることを望まないジンと、薬物依存症の母親の看病を理由に、コロンバスに留まり続けるケイシー。どこまでも対照的な二人の運命が交錯し、たがいの共通項である建築を巡り、語ることで、それぞれの新しい人生に向かって一歩を踏み出す……。