「カーマイン・ストリート・ギター」のストーリー

グリニッジ・ヴィレッジに位置する“カーマイン・ストリート・ギター”は、パソコンも携帯も持たない寡黙なギター職人のリック・ケリー、パンキッシュな装いの見習いシンディ、そして店番などを請け負うリックの母親の3人で経営している。世界中のギタリストを魅了するこの店だけのルールは、ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。チェルシー・ホテル、街で最古のバー、マクソリーズなど、長年愛されてきた街のシンボルの工事の知らせを聞きつけるたび、リックはヴィンテージ廃材を持ち帰り、傷も染みもそのままにギターへと形を変える。ルー・リード、ボブ・ディラン、パティ・スミスら大御所が彼のギターを愛用し、ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストンなど人気ギタリストたちが次々と来店する。彼らがリックのギターを手にし、幸せそうに演奏する姿も収められている。さらに、ニューヨーク・カルチャーを牽引する映画監督、ジム・ジャームッシュも姿を現す。足早に表情を変えゆくニューヨークと、変わらずにあり続けるギターショップの一週間を捉える。