「JKエレジー」のストーリー

群馬県桐生市。遊園地の売店でアルバイトする高校三年生の梅田ココア(希代彩)は、将来に希望が見出せずにいた。学校の成績は優秀だったが、家庭は貧しく、同居する家族はギャンブル狂の父・シゲル(川瀬陽太)、そして兄・トキオ(前原滉)は元漫才師のニート。ココアは、自分がそんな2人の犠牲になっていると感じながら日々を過ごしていた。その一方で、彼女には秘密があった。学校とバイトの合間に、あるビデオに出演していたのだ。それは、ネット上などで一部の愛好家が楽しむ“クラッシュビデオ”と呼ばれるもの。“クラッシュビデオ”とは、“小動物や植物、食べ物など、形あるものが女性に踏み潰され、破壊される様を見て性的欲求を満たす目的で作られた動画”のことだった。当初は、兄の元相方であるカズオ(猪野広樹)から無理やり頼まれて出演したものだったが、次第にココア自身も踏み潰ことに快感を覚え、乗り気になっていた。そんなある日、大学に特待生奨学金制度があることを知ったココアは一念発起。進学を目指すこと決意する。数少ない友人のサクラ(芋生悠)は大学進学を希望、もう1人の友人アイコ(小室ゆら)は、年上の彼氏と付き合う中で妊娠が判明し、母親になるつもりでいた。それぞれ進路や将来を見据えた2人と過ごすうち、自らの将来に希望を見出していくココア。その矢先、クラッシュビデオ出演が学校に知られてしまう。推薦を取り消され、学校に居場所を失ったココアは、進学を諦めることになり、友人たちとも疎遠に……。絶望の中、ココアにとっての僅かな希望は、ビデオ出演でコツコツ貯めたお金だった。しかしその貯金も、兄が無断で持ち出し、なくなってしまう。一方、カズオは、ビデオ販売の件で横山(阿部亮平)とトラブルになり、金を強奪して逃走。絶望の中、交錯するココアとカズオ。そして、ココアの身を案じる友人たち。ココアの決意はいかに……。