「荒野にて」のストーリー

仕事を変えて住居を転々とする父(トラヴィス・フィメル)と2人でポートランドに越してきた15歳の少年チャーリー(チャーリー・プラマー)は、孤独な日々を送っていた。父は息子を愛しながらも、自分の楽しみを優先。母はチャーリーが赤ん坊の時に去っていた。以前、何かと面倒を見てくれたマージー伯母さん(アリソン・エリオット)も、チャーリーが12歳の時に父と大喧嘩して以来、疎遠に。そんなある日、近所の競馬場で、厩舎のオーナー、デル(スティーヴ・ブシェミ)から競走馬リーン・オン・ピートの世話を頼まれたチャーリーは、家計を助けるためにその仕事を引き受ける。素直で呑み込みが早く、馬を可愛がるチャーリーは、すぐにデルに気に入られた。ところが、父がトラブルに巻き込まれて大けがを負い、病院に入院。父がマージー伯母さんへの連絡を拒否したことから、入院費を稼ぐため、やむなく父の傍を離れてピートの遠征に同行するチャーリー。騎手のポニー(クロエ・セヴィニー)からは“馬を愛しちゃダメ。競走馬は勝たなきゃクビよ”と忠告されるが、今やピートは、チャーリーが唯一、心を許せる存在となっていた。翌日、仕事から戻ると、容態の急変した父が亡くなっていた。身よりのないチャーリーを心配して、養護施設に連絡しようとする医師を振り切り、ピートの厩舎へと走るチャーリー。だが、老いたピートは、競走馬としての寿命が尽きかけていた。レースに惨敗したピートを殺処分から救うため、チャーリーはピートを乗せたトラックを盗んで逃走。かつてマージー伯母さんの住んでいたワイオミングを目指す。やがてトラックはエンストを起こし、チャーリーはピートを連れて荒野へと足を踏み入れる。日中は黙々と歩き続け、夜は野宿。だが、現実は厳しかった。残酷にもチャーリーを襲う再びの別れ。孤独を抱きしめ、愛と居場所を求めて、ひたすら前に進むチャーリーだったが……。