「無花果の葉」のストーリー

人祖アダムとイヴの生活は如何なものだったろう…彼らは原始時代相当の目覚まし時計の音で眠りを覚まし朝御飯を食べる。石の新聞が配達されると土地周旋人のアダムは株式相場欄をイヴは衣装広告に目をつける。アダムは原始的な乗合馬車で事務所に出かける。イヴは家政を見ながら衣装が欲しいと考える。蛇が来て彼女の虚栄心をたきつきつける…現代人のアダム・スミスは鉛管商で若い美しい妻のイヴと質素な生活をしている。イヴは美しい衣装に女らしい所有欲を感じる。彼らの向側に住む蛇の化身のような虚栄心の強いアリスは派手な着物や宝石をイヴに見せびらかす。イヴは町に買い物に出かけて衣装店の持ち主アンドレの自動車に跳飛ばされた着物を汚す。アンドレはイヴを店に連帰って汚れを直す間立派な衣装を貸す。その美しさにアンドレは衣装モデルになれと勧める。その夜アリスは電灯の故障を直してくれという口実でアダムを呼び酒などを振舞ったのでイヴは嫉妬を起こす。翌日からイヴは夫の意に反して衣装モデルになってアンドレの店に通勤し始める。イヴがアンドレから与えられた毛皮の外套を奸策を計じてアリスは奪ってしまう。アダムは妻に衣装を買い与えんとアンドレの店に行くと妻がモデルになっているので怒って帰宅する。時こそ倒れとアンドレはイヴを誘惑せんとしたがイヴは耳をかさず帰る。ところへアリスが例の外套を着て来てこれはアダムに貰ったというので怒ったイヴは箒でアリスを追出す。それを見てアダムは妻の真心を知って和解し、スミス一家に春が来る。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。