「アンナとシャム王」のストーリー

1862年、若い未亡人アンナ・オウエンス(アイリーン・ダン)は、はるばるイギリスからシャムのバンコックにやってきた。息子ルイ(リチャード・ライオン)がアンナの唯一の身よりで、まだ少年ながらも、やはり彼女には頼りでもあり、慰めだった。アンナはシャム国王モンクート(レックス・ハリソン)の百人の王子と、その母を教育する契約を結んでいた。出迎えたのは宰相クララホーム(リー・J・コッブ)で、彼はモンクート王が彼女を引見されるまで、アンナを後宮の一室に住まわせる。すぐにも王に会えると思っていたアンナは、目通りするまで何か月も待たなければなかなかった。初お目見得の日、アンナはシャムの習慣の、土下座して叩頭することを肯んぜず、西欧風の礼儀であいさつした。王はアンナをお気に召して、早速自ら宮殿内を案内して、愛妾とその子たちにアンナを紹介する。その中には世継ぎの王子チュラロンコーンと生母チアンがいた。王自らが学校開設に熱心なことに、生徒たちは皆驚くのだった。アンナは王宮の外に自分の住居を欲しいと願ったところ、魚市場の中の汚い家をあてがわれる。憤慨したアンナは生徒に毎日「ホーム・スィート・ホーム」を歌わせ、これにまいった王は別の家を用意させる。しかし王の蛮行に失望したアンナは帰国を考えるが、クララホームがシャム近代化の成否はアンナの双肩にあると言って止める。ところがアンナと王は、また衝突してしまう。原因は、王の新しい寵姫タプチムが、自由を買った彼女の奴隷を解放しないことだった。アンナの口出しに王は烈しく怒るが、結局タプチムに奴隷の解放を命じるのだった。次第に王は、アンナに何事でも相談するようになり、晩さん会でも料理や招待客のことまで相談し、西洋式を採用して来客一同を驚かせる。その後しばらくして、タプチムが王宮を逃げ出す。一方的な裁判で、タプチムは生きながらにして火刑に処されることになる。アンナは抗議したが効果はなく、王はアンナの部屋の外で処刑して、王の権威を示す。アンナがシャムを去る準備をしているその時、チュラロンコーン王子と森の中で馬を駆っていたルイが、落馬して死んでしまう。王は国中に一日服喪を命令し、タプチム処刑のことは後悔しているとアンナに言伝える。アンナは帰国を思いとどまり、ルイの親友だった王子の教育に努力して年を経た。月日は流れ、ある日モンクート王は急死するが、臨終の床でアンナに心からの感謝の言葉を伝え、瞑目した。王子チェラロンコーンは王位に即き、古来の蛮風を捨て、近代的制度に改革すると宣言。その時アンナの眼に感涙が光った。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/25

リンダ・カーデリーニ(1975)

カポネ

実話に基づき、伝説のギャング、アル・カポネの最晩年を描いたドラマ。1940年代半ば。長い服役生活を終え、フロリダの大邸宅で家族や友人たちに囲まれ、静かに隠居生活を送るカポネ。だが、そんな彼をFBIはいまだに危険視し、監視を続けていたが……。出演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ、「ハウス・ジャック・ビルト」のマット・ディロン、『ツイン・ピークス The Return』のカイル・マクラクラン。監督・脚本は「クロニクル」のジョシュ・トランク。

ラ・ヨローナ 泣く女

「死霊館」シリーズの生みの親ジェームズ・ワン製作の下、中南米に伝わる怪談を映画化。1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子どもの母親の警告を無視したソーシャルワーカーのアンナは、自分の子どもたちと共に恐ろしい怪現象に遭遇する……。出演は「ハンターキラー 潜航せよ」のリンダ・カデリーニ、「アナベル 死霊館の人形」のトニー・アメンドーラ。
牛原千恵(1966)

ひめゆりの塔(1982)

太平洋戦争末期、全島が戦場と化した沖縄で、ひめゆり部隊と呼ばれ陸軍病院に配属された乙女たちのはかない青春を描く。28年ぶりの再映画化は脚本・水木洋子、監督・今井正と同じコンビ。前作では果たせなかった沖縄現地ロケを行ない、撮影は「裸の大将放浪記」の原一民が担当。

ゆき

天界からやってきた少女ゆきが、弱い百姓と共に戦う姿を描く。斎藤隆介の原作のアニメーションで脚本は宮崎晃、監督は「あにいもうと(1976)」の今井正がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 6/25

ラウ・カーリョン(2013)

セブンソード

武侠映画の第一人者ツイ・ハーク監督が、中国、香港、台湾の人気俳優を起用し壮大なスケールで描くアクション巨編。中国を代表する武侠小説の大家、リャン・ユーシェンの『七剣下天山』に基づき、清軍の蛮行を阻止するため立ち上がる7人の剣士の活躍を描く。出演は、香港四天王のレオン・ライ、「HERO」のドニー・イェン、「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のチャーリー・ヤン他。

ペディキャブ・ドライバー

40年代のマカオを舞台に、ペディキャブ(自転車で引く人力車)の車夫が、恋に喧嘩に大活躍するアクションもの。監督・製作・主演の3役をこなしたのは「五福星」シリーズなど諸作で知られるサモ・ハン・キンポーで、彼の80年代の活動における集大成というべき一編。脚本は「ハードボイルド 新・男たちの挽歌」のバリー・ウォン(王晶とは別人)と「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」のユェン・カイチー、音楽は「誰かがあなたを愛している」のローウェル・ロー(助演も)、美術は「恋する惑星」のウィリアム・チョン。共演は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのモク・シウチョン(マックス・モク)、「スウォーズマン/女神伝説の章」のファニー・ユン、「ツイン・ドラゴン」のニナ・リー、「山中傅奇」「空山霊雨」のスン・ユエなど。また、サモ・ハンの人脈を反映して、「霊幻導士」シリーズのラム・チェンイン、「酔拳2」のラウ・カーリョンたちがカメオ出演している。別邦題「帰って来たデブゴン 昇龍拳」。