「テキサス人」のストーリー

南米戦争が済んで南軍の兵士カーク・ジョーダンが故郷へ帰ってみると、南部には北部から来た悪徳政治家ミドルブラックが悪政を布き、人民は非常な困窮に陥っていた。彼は若い娘アイヴイ・プレストンが馬車に積んだ荷物を検査されようとして困っているのを救ってやったが、彼女は南軍の士官である愛人アランの許へ、秘かに武器を送り届けたのであった。アランはメキシコと結んで再び北軍と一線を交える計画だが、カークは同一国民が何時までも相争うのはよくないとそれに反対して別れた。アイヴイは祖母や、牧童頭チャカワラと一緒に、国境近い牧場へ久しぶりで帰ってきた。するとカークも仲間のカルと一緒にそこを訪れ、莫大な家畜をカンサスまで運び、最近開通した鉄道によって東部へ売ることをすすめたが、アイヴイはそれに反対する。ところがミドルブラックはニコルス中尉の指揮する騎兵隊を率いて牧場へ現れ、家畜に高い課税をかけた。税金が払えなければ土地を没収しようというのである。そこでアイヴイは遂にカークの意見に賛成し、夜中秘かに家畜の大群を追って大平原を横断することになる。首尾よく騎兵隊の追跡を逃れ、インディアンの襲撃や暴風と戦いつつ進む内、遂に再び騎兵隊に発見される。ところがその後またインディアンのために草原に火を放たれて戦ううち、ミドルブラックは何物かに殺される。そしてその後はニコラス中尉の好意によって家畜の大群は無事にカンサス州へ到いた。メキシコで失敗したアランは脱れてこの一行へ参加したので、いつしかアイヴイを愛していたカークの失望は大きかった。家畜の不足のため不振のどん底にあった鉄道会社は再び繁栄を極め、米国の西南部地方は合衆国の発展に大きな役割をすることになった。しかし夢想家のアランは、またもテキサス独立の計画に取り掛かった。アイヴイは彼が頼むに足らぬ男であることを知って、新しい土地へ去っていくカークの後を追った。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/19

ローレン・リー・スミス(1980)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

ゲイル・フォアマン原作のベストセラー小説『ミアの選択』を映画化。死の淵にいる主人公の生死をめぐる選択を、珠玉の名曲と共に描く感動作。監督は、「ファッションが教えてくれること」のR・J・カトラー。出演は、「キック・アス」シリーズのクロエ・グレースモレッツ、「スノーホワイト」のジェイミー・ブラックリー。

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

1937年に起きたドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフに製作された歴史ミステリー。爆弾が仕掛けられたとされる飛行船に乗り込んだ人々の運命と、事故の裏に潜む政治的陰謀を描く。出演は「寂しい時は抱きしめて」のローレン・リー・スミス、「そして、デブノーの森へ」のグレタ・スカッキ、「アメリカン・ヒストリーX」のステイシー・キーチ、「ドレスデン、運命の日」のハイナー・ラウターバッハ。
ゾーイ・サルダナ(1978)

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。

バーバラと心の巨人

「ハリー・ポッター」のクリス・コロンバスが製作を務め、グラフィックノベル『I KILL GIANTS』を実写映画化。風変わりな少女バーバラは、“巨人”から町を守ろうと腐心している。家でも学校でも孤立する彼女に、転校生のソフィアが声を掛ける。出演は、「死霊館 エンフィールド事件」のマディソン・ウルフ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ、「グリーンルーム」のイモージェン・プーツ。監督は、「HELIUM」で第86回アカデミー賞短編賞を受賞したアンダース・ウォルター。

NEW今日命日の映画人 6/19

該当する人物がいません