「これは映画ではない」のストーリー

テヘランのとあるアパートメントの一室。軟禁中のジャファール・パナヒ監督自身の一日をカメラは映し出す。構想中の脚本を、舞台稽古のように絨毯にテープを貼って再現したかと思えば、タイミングよく上の階の住人が吠えまくる犬を預けに来たり。ごみ回収の青年が、パナヒが警察に連行された日のことを知っていたり……。どこまでが偶然でどこまでが演出なのか? スリリングなスタイルで周到に組み立てられた映像は、映画のラストで、建物のエレベーターを自由への逃走の場へと変えてしまう。観客は、パナヒ監督のユーモアに笑いながら、やがてその状況の重さに慄然とさせられるだろう。