「ひとりかくれんぼ 劇場版 真・都市伝説」のストーリー

倉田さくら(野中美郷)と塚本康介(鮎川太陽)は、高校の映画部部員。2人は部活動の一環で“ひとりかくれんぼ”という都市伝説の降霊術を題材に、映画を撮ろうと部員を集める。この疑似恐怖体験をホラー映画に仕上げてコンクール入賞を狙う、と意気盛ん。映画部副顧問の陽子先生(田中涼子)を何とか口説き、深夜の学校内で撮影に臨む5名の映画部員。しかしその夜、校内で撮影を始めた“ひとりかくれんぼ”の儀式が、壮絶な事態を引き起こすこととなる……。