「スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜」のストーリー

セサル(ルイス・トサル)はバルセロナにあるマンションで、住み込みの管理人として働いていた。住人たちともフランクに接する好青年だが、彼には密やかな愉しみがあった。マンションに住む美女のクララ(マルタ・エトゥラ)が仕事から帰宅しベッドで眠りはじめると、ベッドの下から這い出してくるセサル。彼はマンションの住人の合鍵を使える立場を利用して、夜な夜なクララの部屋に潜入していた。セサルは寝入るクララに薬を嗅がせより深い睡眠に落とし込み、彼女の体を慰め続ける。セサルの行動は日を追うごとに異常になっていき、自分の痕跡を残すようになる……。