「大帝の密使(1937)」のストーリー

アレキサンドル二世がロシアを治しめす一八七〇年頃、未開の民ダッタン人が東方の辺境を犯す機運が見えた。指揮者はかつてロシアの陸軍を免官されたオガレフであった。その頃シベリア・イルクツクにおはすウラジミル太公の許へ、皇帝の密使を届けるために特に選ばれたのは近衛の大尉ミハエル・ストロゴフであった。ミハエルは身の栄光に感激し勇躍して万里踏破に上った。彼は危険を予期し変装して一介の旅人に扮し旅路を急いだが、早くも彼の後をつける女間謀ザンガラがあった。ミハエルの旅は苦しかったが途すがら美しいロマンスの花も咲いた。ただ一人シベリアにある父を慕って旅する麗しの処女ナディアが彼の道連れとなったのである。彼らは雪のウラルも無事に越えた。ダッタン人等は密使来るの謀報を得て警戒網を張ったが、二人は辛くも虎口を脱しつつ東へ東へと進んだ。ダッタン人はトムスクにいるミハエルの老母マルファを囮にして彼を待った。孝心深き彼はそのためについに捕らわれの身となり、しかも障害者にされて追放され、あまつさえ密書まで奪い去られた。その密書を携えて使者の如く装い、太公の許へ参じたのはオガレフであった。彼の腹黒い謀略を知らぬ太公の身には恐ろしい危険が迫っていた。しかし愛国の赤誠に燃ゆるミハエルはナディアに助けられつつ遂に万難を排して危機一髪の間に至って、首尾よく太公の身を安泰ならしめダッタン人を粉砕することが出来た。たいめいを終わって首都へ帰ったミハエルは、この功によって名誉ある爵位を授けられ、ナディアはストロゴフ公爵夫人となったのである。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/15

ジェームズ・ベルーシ(1954)

女と男の観覧車

ウディ・アレンがケイト・ウィンスレットを主演に迎えて撮り上げたヒューマンドラマ。1950年代。コニーアイランドの遊園地でウェイトレスとして働く元女優ジニー。ある日、彼女の前に音信不通だった娘キャロライナが現れ。その日からジニーの何かが狂い始める。共演は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「マレフィセント」のジュノー・テンプル、「ゴーストライター」のジム・ベルーシ。撮影は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

砂上の法廷

初監督作「フローズン・リバー」が高評価を受けたコートニー・ハントが、キアヌ・リーヴスとタッグを組んだ法廷ミステリー。ある殺人事件の被告となった少年の裁判の過程で、証人たちの嘘に覆い隠された意外な真実が明らかになってゆく。共演は「コールド マウンテン」のレニー・ゼルウィガー。エリア・カザンの息子で「悪魔を憐れむ歌」などを手掛けたニコラス・カザンが脚本を担当。
コートニー・コックス(1964)

ニューヨーク、愛を探して

ニューヨークを舞台に、悩める母娘たちの物語を綴る群像ドラマ。女性写真家リグビーは、人気ロックバンドのリーダーに写真の腕前を認められ、彼らのツアーに同行しないかと誘われる。ところが既婚男性との不倫関係を解消した矢先、妊娠していることが判明し……。出演は「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレア、「ランナウェイ 逃亡者」のスーザン・サランドン、「ラヴレース」のシャロン・ストーン、「スクリーム」シリーズのコートニー・コックス、「帰らない日々」のミラ・ソルヴィーノ、「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、TV『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズリー。監督は、TVシリーズを手がけてきたポール・ダッドリッジ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。

NEW今日命日の映画人 6/15

該当する人物がいません