「世話女房」のストーリー

グレイ夫妻はボストンでも人に知られた富限者だったが、妻のシンシアは大変昔気質の世話女房なので夫のフィリップは妻を愛しながらも何かしら物足らぬ心持を抑えることが出来なかった。余りにも家庭的な妻に対するフィリップの殆ど無意識的な不満ーそれはすなわち女性のコケットリーを悦ぶ男性としての彼には避く可からざるものであった。しかもこの家庭の客となったシンシアの学校友達ペギー・ナッシュはシンシアとは正反対にモダンでコケッティッシュな女だった。フィリップが彼女に異常な興味を感じたのは当然だった。そしてそれに気付いたシンシアは何かしら不安を覚えた。その夜更けフィリップが階下に妙な物音を聞き咎めて降りて見るとそれはベギーが煙草を取りに来たのだった。2人はその侭シャンパンを飲んだりして談笑を続けていたが、不審に思って来たシンシアはその場の様子を誤解して夜が明けると離婚をするためパリへ向った。離婚の手続は予定通り運んだが彼女の心は妙に寂しかった。そこへペギーが来訪して彼の夜のことの顛末を告げて愛し合ってるシンシアとフィリップの仲を元通りにするために盡力することになった。かくて流行のパリ衣裳を着けたシンシアの麗姿はパリ社交界の目をそばだたしめた。中にも富豪アンリ・ド・ブリアックは彼女に恋を捧げた。シンシアの後を追ってパリへ来たフィリップはこのことを知るや直ちにシンシアを伴い帰ろうとしたので面目を保つためシンシアは心にもなくアンリと復活祭を一緒に暮らすと約束した。しかし2人の紳士が顔を合せ、更にペギーが一枚加って復活祭の当日一芝居打つと、フィリップとシンシアは昔にまさる幸福な夫婦となった。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/19

ローレン・リー・スミス(1980)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

ゲイル・フォアマン原作のベストセラー小説『ミアの選択』を映画化。死の淵にいる主人公の生死をめぐる選択を、珠玉の名曲と共に描く感動作。監督は、「ファッションが教えてくれること」のR・J・カトラー。出演は、「キック・アス」シリーズのクロエ・グレースモレッツ、「スノーホワイト」のジェイミー・ブラックリー。

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

1937年に起きたドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフに製作された歴史ミステリー。爆弾が仕掛けられたとされる飛行船に乗り込んだ人々の運命と、事故の裏に潜む政治的陰謀を描く。出演は「寂しい時は抱きしめて」のローレン・リー・スミス、「そして、デブノーの森へ」のグレタ・スカッキ、「アメリカン・ヒストリーX」のステイシー・キーチ、「ドレスデン、運命の日」のハイナー・ラウターバッハ。
ゾーイ・サルダナ(1978)

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。

バーバラと心の巨人

「ハリー・ポッター」のクリス・コロンバスが製作を務め、グラフィックノベル『I KILL GIANTS』を実写映画化。風変わりな少女バーバラは、“巨人”から町を守ろうと腐心している。家でも学校でも孤立する彼女に、転校生のソフィアが声を掛ける。出演は、「死霊館 エンフィールド事件」のマディソン・ウルフ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ、「グリーンルーム」のイモージェン・プーツ。監督は、「HELIUM」で第86回アカデミー賞短編賞を受賞したアンダース・ウォルター。

NEW今日命日の映画人 6/19

該当する人物がいません