「スリープウォーク(1986)」のストーリー

真夏のニューヨークの夜。東洋人の若い女が書の最初を持ち去り、同じ夜、残りを黒人が盗み去った。イージー・タイプ社のタイピスト、ニッキー(スザンヌ・フレッチャー)は、バリントン(トニー・トッド)という黒人と、彼の師ドクター・狗(スティーヴ・チェン)から、<狗年の秘密>という漢書を英訳してほしい、と依頼される。ニッキーは、書から一時も目を離さないこと、という命令通り、それを家に持ち帰るが、書はアーモンドの香りがした。翌朝彼女は、エッコ・エッコ(アコ)という東洋人の訪問をうけるが、その直後彼女は殺された。それ以後ニッキーの周辺には奇妙な出来事が相次ぐ。ルームメイトのイザベル(アン・マグナソン)の髪の毛が抜け落ち、会社に戻ったニッキーは、書が灰になってしまったことを知る。そしてニッキーの息子ジミー(デクスター・リー)を連れてアトランティック・シティに休暇に出かけたイザベルは、チャイナタウンで車を盗まれ、ジミーが連れ去られる。ジミーのせいで車を売りそこなった車泥棒(リチャード・ボース)は、彼を持てあましてイースト・リヴァーに置き去りにする。そこから遠くない所では、息子を探し疲れたニッキーが眠っていた。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。