「あの日の指輪を待つきみへ」のストーリー

1991年、ミシガン州ブラナガン。エセル・アン(シャーリー・マクレーン)はアイルランドのジミーと名乗る青年から、ベルファストの丘で、エセルとテディという名が刻まれた指輪を発見したという電話を受ける。しかし指輪を送るという申し出をエセルは断る。彼女は最近、夫チャックを亡くしたが、その死を淡々と受け止めていた。1人娘のマリー(ネーヴ・キャンベル)はそんな母を責めるが、エセルは「私の人生は21歳で終わった」と言い放つ。マリーは両親の親友ジャック(クリストファー・プラマー)に何があったのか尋ねるが、過去を掘り返すなと忠告される。1941年、若き日のエセル(ミーシャ・バートン)は、航空学校に通うテディ(スティーヴン・アメル)と恋に落ちる。テディの友人、チャック(デイヴィッド・アルペイ)とジャック(グレゴリー・スミス)も美しい彼女に密かに惹かれていたが、テディとの友情のために2人の恋を応援した。テディは爆撃機に搭乗する日を控え、エセルのために建てた家にチャックとジャックを招き、もし自分が戦死したらどちらかにエセルの面倒を見てほしいと願い出る。ジャックは自分は恋多き男だからと辞退し、チャックがその約束を交わす。それから数日後、エセルとテディは挙式する。結婚指輪は、テディからもらった指輪にエセルが2人の名前を彫った指輪1つ。テディはその指輪を胸に戦地へ赴く。彼の乗った爆撃機は悪天候のため、ベルファスト上空から丘へ墜落する。遺体は発見されなかった。やがて帰還したチャックとジャックはエセルに頼まれ、テディの遺品を家の壁に封印した。しかし今、ジミーが指輪を届けに来ると、エセルは封印を解く決意をする。50年前、ジミーの祖母エレノア(ブレンダ・フリッカー)は、ジャックら米兵たちと毎夜ダンスに興じていた。そしてエレノアの旧友で元消防士のクィンラン(ピート・ポスルスウェイト)が墜落以来、この指輪を探し続けていた。エセルはテディの死の真相を知るため、ベルファストへ旅立つ。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/3

エヴァンジェリン・リリー(1979)

アントマン

「アベンジャーズ」のマーベル・スタジオが生んだ新ヒーロー“アントマン”の活躍を描いたアクション。身長1.5センチの極小サイズに変身し、オモチャや掃除機など身近な生活用品の中で、ユーモアを交えつつ迫力のアクションを展開する。出演は「40歳の童貞男」のポール・ラッド、「恋するリベラーチェ」のマイケル・ダグラス。

ホビット 決戦のゆくえ

J.R.R.トールキンの冒険物語『ホビットの冒険』をピーター・ジャクソン監督が映画化した3部作の最終章。ドワーフの王国を取り戻したビルボやドワーフ一行がさらなる魔の手と対峙する。前作に続きマーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、オーランド・ブルームらが集結。さらに「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のケイト・ブランシェット、ヒューゴ・ウィーヴィングも顔を見せる。2D/3D同時上映。
行定勲(1968)

窮鼠はチーズの夢を見る

水城せとな原作のコミックを「リバーズ・エッジ」の行定勲が実写映画化。広告代理店に勤める大伴恭一は、受け身の性格が災いして不倫を繰り返していた。ある日、妻から派遣された浮気調査員として大学の後輩・今ヶ瀬渉が現れ、恭一への一途な想いを告白する。出演は、「100回泣くこと」の大倉忠義、「カツベン!」の成田凌、「チワワちゃん」の吉田志織、ドラマ『ルパンの娘』のさとうほなみ、ドラマ『まだ結婚できない男』の咲妃みゆ、「ジムノペディに乱れる」の小原徳子。

破壊の日

豊田利晃がクラウドファンディングを利用して製作した作品。ある炭鉱で正体不明の怪物が見つかってから7年。やがて村で疫病の噂が広がり、心を病む者が増えていく。そんな中、修験道者の賢一は、この世を救う究極の修行・即神仏に挑むことを決意するが……。出演は「酔うと化け物になる父がつらい」の渋川清彦、バンド“GEZAN”のヴォーカリストとして活躍し、これが映画初出演となるマヒトゥ・ザ・ピーポー、「漫画誕生」のイッセー尾形、「影裏」の松田龍平。

NEW今日命日の映画人 8/3

該当する人物がいません