「シャーロック・ホームズの冒険(1970)」のストーリー

ロンドンのある銀行の保安庫に、死後50年開封禁止となっていたワトソン博士の遺品が開かれようとしていた。それは探偵術を芸術にまで高めた、かの名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・スティーブンス)と、彼の解いた数々の難事件の記録者であり良き伴侶だったジョン・ワトソン(コリン・ブレークリー)博士の共同生活の記録と事件である。しかし、それはあまりにも彼らの私生活にかかわりがあるため、かくの如き扱いになっていたのだ。それがこの物語である……。ホームズは死ぬほど退屈していた。依頼してくる事件といえば、サーカスの団長が6人のコビトの行方を探してくれとか、ロシア・バレエ団のプリマの求婚とかつまらぬものばかり。ところがある霧の夜、辻馬車の御者が、ずぶ濡れの 美女をホームズの下宿に運び込んできた。女主人のハドソン夫人(アイリーン・ハンドル)もビックリ。女は河に落ちて記憶を失っていたが、握りしめていた荷物預かり証の裏に、ホームズの下宿の住所が書き込まれていたのだった。ホームズは彼女の結婚指輪や衣服から、彼女はベルギー人のエミール・バラドン夫人ガブリエル(ジュヌビェーヴ・パージュ)と探り出す。翌朝、記憶を取り戻した彼女は、鉱山技師の夫が空気ポンプの発明をしたが、ロンドンのヨナ商会に就職して3週間、トンと音沙汰がないという。ところがヨナ商会に行ってみると空き家であり、人の気配のないところに大量のカナリアが飼われていた。不思議なことに、その空き家に投げ込まれた手紙は、ホームズ宛のものだった。そこで彼とワトソンは、手紙の主である兄のマイクロフト・ホームズ(クリストファー・リー)を訪ねる。そこはジオゲネス・クラブといい、そのクラブの会員は国際的イザコザのあるところには必ず一口噛んでいるという妙な会であり、マイクロフトは、ガブリエルが依頼した件から手を引けと言う。しかしこれは逆効果で、ホームズの好奇心をムラムラ湧き上がらせるのだった。彼はここで聞き齧った3つの謎めいた言葉と、カナリアの籠に敷いてあった新聞などから、事件の鍵がスコットランドのネス湖にあると睨み、ホームズとワトソン、ガブリエルは旅立った。第一の言葉は墓場であり、今しも埋葬されんとする棺は、大人用のと子供用のもの。大きな棺を開けると、エミール・バラドンの変死体があった。結婚指輪が変色し、不思議なことに白に変色したカナリアの死骸も入っている。第二の鍵は、古城である。警戒厳重な古城にカナリアの大籠や硫酸の瓶が運び込まれる。ホームズにはもうメドがついたらしいが、他の2人はさっぱり訳が判らない。その夜、3人はネス湖上へとボートを漕ぎ出すが、そこへホームズが待ち受けていたものが姿を現す。そう、ネス湖名物大怪獣である。怪獣はボートを転覆させて姿を消した。第三の鍵は向こうからやってきた。マイクロフトからの晩餐への招待であった。シャンパンの瓶を見ながらホームズは推理を披露する。要は聖書に曰く「巨鯨の腹中にヨナは3日3晩生きていた…」のヨナである。彼らが遭遇したのは、ネス湖の怪獣に見せかけた潜水艦だった。小型実験艦ゆえコビトが運転し、硫酸電池を動力源として塩素ガス発生を探知するため、カナリアを使った。バラドンのポンプはそのためのものだったが、1回目は失敗して彼は死に、塩素のために指輪は変色した…と。しかし、彼の見抜けなかたことが1つあった。この事件の依頼人は麗しきバラドン夫人ではなく、英国と潜水艦開発にしのぎをけずるドイツ帝国であり、夫人はスパイであったのだ。ところがこの世界最初の潜水艦も、その日の貴賓ビクトリア女王(モリー・モーリン)の一喝により、廃棄させることとなった。潜水艦はスポーツマン・シップがモットーの英国らしくないというのだ。そして艦は、ガブリエルと連絡を取っていたスパイ団と一緒にネス湖に沈む。英国一の頭脳が美人スパイに痺れた物語は、ガブリエルが去ったことで終わりを告げる。かくてホームズに、また退屈のムシがつき始めるのだった。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/19

ローレン・リー・スミス(1980)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

ゲイル・フォアマン原作のベストセラー小説『ミアの選択』を映画化。死の淵にいる主人公の生死をめぐる選択を、珠玉の名曲と共に描く感動作。監督は、「ファッションが教えてくれること」のR・J・カトラー。出演は、「キック・アス」シリーズのクロエ・グレースモレッツ、「スノーホワイト」のジェイミー・ブラックリー。

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

1937年に起きたドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフに製作された歴史ミステリー。爆弾が仕掛けられたとされる飛行船に乗り込んだ人々の運命と、事故の裏に潜む政治的陰謀を描く。出演は「寂しい時は抱きしめて」のローレン・リー・スミス、「そして、デブノーの森へ」のグレタ・スカッキ、「アメリカン・ヒストリーX」のステイシー・キーチ、「ドレスデン、運命の日」のハイナー・ラウターバッハ。
ゾーイ・サルダナ(1978)

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。

バーバラと心の巨人

「ハリー・ポッター」のクリス・コロンバスが製作を務め、グラフィックノベル『I KILL GIANTS』を実写映画化。風変わりな少女バーバラは、“巨人”から町を守ろうと腐心している。家でも学校でも孤立する彼女に、転校生のソフィアが声を掛ける。出演は、「死霊館 エンフィールド事件」のマディソン・ウルフ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ、「グリーンルーム」のイモージェン・プーツ。監督は、「HELIUM」で第86回アカデミー賞短編賞を受賞したアンダース・ウォルター。

NEW今日命日の映画人 6/19

該当する人物がいません